就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

毎日の双子の授乳は大変すぎる!効率よく楽に授乳する方法

毎日の双子の授乳は大変すぎる!効率よく楽に授乳する方法

見ているだけならかわいい双子も、子育てとなると毎日がてんやわんや。とくに毎日の授乳は試行錯誤の連続です。先輩ママはどうやって双子授乳を乗りこえたのでしょうか。これから双子を迎えるママも、今まさに双子の授乳に悩んでいるママも必見の、基本の授乳方法と効率がよくなるテクニックをまとめてご紹介します。

双子の授乳方法をそれぞれ確認しよう!

母乳の場合の授乳方法

双子を母乳だけで育てるのは簡単なことではありませんが、挑戦してみる価値はあります。ここでは双子を同時に授乳させる方法について解説します。

まず、首がすわる前は授乳クッションなどを使って赤ちゃんの身体を支えてあげることが必要です。そのうえで、身体を脇にはさむフットボール抱きが一番安定します。

1人ずつ乳首をくわえさせたら頭を支えてあげるだけでOK。前かがみになり過ぎないように姿勢を調整しましょう。

首がすわってきたら、ママの太ももの上にそれぞれ座らせて縦抱きにしたり、エクササイズもかねて双子を寝かせた状態でママが腕立ての姿勢であげたりすることもできます。双子が成長してきたら、ママが寝転んでかぶさるように飲んでもらうなんてアイデアも!

ミルクの場合の授乳方法

ミルクの場合は、双子が哺乳瓶を持てるようになるまでが大変です。それまでは、それぞれの哺乳瓶を支えてあげなければいけませんので、1人を抱っこしてしまうとそれだけで手がふさがってしまいます。

ここではいったん抱くのはあきらめて、双子を寝かせた状態で両手で哺乳瓶を持ちながら飲ませてみましょう。吐き戻し対策として、頭が高くなるように傾斜をつけてあげるのも忘れずに。

ママがあぐらをかいて、それぞれの足に赤ちゃんを寝そべらせると、頭も高くなり身体も安定するのでおすすめ。また、ハイローチェアやバウンサーがあると寝かせたまま授乳ができて便利です。

思いきって双子用のベビーカーを使ってみてもよいかもしれません。

混合の場合の授乳方法

双子の場合、混合授乳とは1人がミルクで1人が母乳を飲むことです。途中で交換するという方法も含まれますが、まずはどうやって2人同時に別々の方法で授乳するかをご紹介します。

この場合、少なくとも母乳の赤ちゃんはママが抱いてあげることが必要になりますので、ミルクの赤ちゃんは寝かせたまま授乳ができるように工夫しましょう。

バウンサーや授乳クッションに寝かせれば、哺乳瓶を持つだけでミルクの子はOK。とっさのときにママの片手が使えるように、母乳の子はそのまま抱くのではなく、抱っこひもやスリングなどを使って補助をしておくと安心です。

安全確保は必要ですが、こうすることで1人はハンズフリーで母乳があげられるので覚えておきましょう。

双子の授乳のときに感じる大変なこと

1人が授乳中に待っているもう1人が大泣き

双子の授乳あるあるで多いのが、時間差で授乳をしているときに待っている方が大泣きしてしまうケース。ゆっくり飲ませてあげたいけれど、お腹を空かせている子も気になってあせってしまいますね。

泣き続けている子には「ちょっとまってね」などの優しい言葉をかけて、授乳中の子にたっぷりと飲んでもらうというのが理想の形ですが、そこまで毎回心の余裕を持つというのは難しいものです。

「早く飲んでよ!」と授乳中の子にまでプレッシャーを与えてしまっては、みんながかわいそうな状況になってしまいます。お昼寝から目覚めた順番で授乳をしよう、機嫌が悪くなった方から授乳しようと思っていると陥りがちな失敗なので、まずはその考え方を変えてみることがポイントです。

双子どちらにもバランスのいい混合授乳

単純計算で、双子には2倍の母乳が必要になります。2人分に十分な量の母乳が出ればよいですが、ママは1人ですから、足りなくなることもあるでしょう。双子の場合には混合授乳が子どもだけでなく、ママの身体にとってもバランスのよい授乳といえるのではないでしょうか。

片方を抱っこして母乳をあげ、もう1人に哺乳瓶でミルクの混合授乳は双子もそれぞれ満足でき、ママの体にも負担の低い方法です。

しかし、先に泣いた方に哺乳瓶を持たせ、もう1人を母乳で(またはその逆)、などとしていると、いつも先に泣く子は抱っこで授乳の経験が少ないということになってしまいます。飲む量などをまったく平等にする必要はありませんが、どちらかがミルクばかりにならないよう、気をつけてくださいね。

夜間の授乳は心身ともに疲れる

赤ちゃんが生まれて、ママが強く感じるのが「眠りたい!」という欲求ではないでしょうか。新生児はひっきりなしにお世話が必要になるので、双子ともなるとさらに過酷な状況です。

夜中の授乳は、起き上がりミルクを作ってあげるだけでも小一時間はかかるので、寝不足に拍車がかかり心身ともに疲労が蓄積しやすくなります。そのため、夜中だけは添い乳姿勢の母乳で乗り切るというママも多いのが現状です。

双子の場合、母乳だけで足りるかと不安にもなりますが、夜中の授乳は母乳の生成を促すのでぜひとも行ってほしいことの一つです。ママが双子にはさまれる形で真ん中に寝ると、寝返りをうつだけで双子それぞれに添い乳ができるのでおすすめです。

双子の授乳の時間を上手にこなす解決法

同時授乳で時間の短縮

双子の時間差授乳に失敗すると、どちらかを待たせることになり、待っている方が大泣きしてしまうということもしばしば。これを避けるためには、思い切って同時授乳の遂行を決めることも授乳が楽になるテクニックです。

お昼寝で気持ちよさそうに寝ていても、授乳の時間がきたら優しく起こすようにして2人同時の授乳をしていきます。最初はかわいそうに感じるかも知れませんが、慣れてくれば同時授乳の手際もよくなり双子の生活リズムもそろってくるので育児と家事のスケジュールが立てやすくなります。

授乳の後は眠ってくれることも多いので、双子が同時に寝た後はガッツポーズ!2人バラバラに授乳をしていたときと比べると大幅な時間短縮になりますよ。

授乳時間を記録する授乳表を作る

授乳スケジュールを記録しておくことは双子の育児ではもはや当たり前のテクニックです。どちらになにをどれだけ飲ませたか、ササッと記録しておくと次の授乳のときに迷うことがありません。

双子の授乳方法にはたくさんの方法があり、ミルクと母乳を交互に与えたり、母乳の後にミルク、ミルクの後に母乳など、その子によってもその日によっても与え方が変わってくるので、ママも混乱しやすいものです。

双子ママの中には、そっくりな双子を見分けるためにおでこにマークをつけたり、授乳が終わったらステッカーを貼ったりして忘れないようにするという裏技を使っていることも。授乳表の書き方にも正解はありませんので、自分のやりやすい方法で試してみましょう。

双子の授乳に役立つ便利グッズを使う

双子の授乳に役立つ便利グッズを使ってみると、育児もグッと楽になります。

まずは王道の授乳クッション。双子でなくても授乳クッションを使うママは多いですが、双子専用の授乳クッションというものがあり、ママのお腹を囲むようにセットできるので左右それぞれに双子を乗せて授乳ができるようになります。

双子に同時に母乳をあげたいというママの必須アイテムです。肩や腰への負担も軽減しますよ。

ミルクの場合は、U字型のクッションがあると便利です。頭が高くなり、左右に転がることもないので安定して双子にミルクを与えることができます。

また、哺乳瓶をセットできる専用パーツがあるとハンズフリーでミルクがあげられるので、いざというときに役立ちます。

まとめ

双子の育児はママだけの努力ではどうにもならないくらい大変だと感じるときがあります。そんなときは、便利グッズを賢く使ってみたり、笑っちゃうような姿勢の授乳でも楽だと感じたら試してみたりと少しでも余裕ができるように工夫することが大事です。

授乳はママの仕事!と思ってしまいがちですが、パパや周りの人に助けを頼むこともためらってはいけません。家族みんなで育児をするという気持ちをもって、楽しみながら双子を育てていけたらいいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018