就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

旅育からみる子連れ旅行のすすめ。海外旅行おすすめスポットと注意点

旅育からみる子連れ旅行のすすめ。海外旅行おすすめスポットと注意点

子連れで海外旅行に行こうと考えているけれど、子どもにとってメリットはあるのだろうかと悩んでいるママもいるかもしれません。そこで今回は、海外旅行が子どもに与えるメリットとおすすめの子連れ旅行先、注意したいことなどについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

子どもにとって海外旅行はメリットいっぱい

最近よく聞く旅育、知っていますか?

最近よく、旅育についてメディアで見たり聞いたりしたことがあるママもいると思います。旅育ってなんだろうと首をかしげているママもいるかもしれません。

旅育とは、旅行ジャーナリストの村田和子氏が生み出した言葉で、家族で一緒に旅行をすることにより、色々な経験を通じて子どもを成長させることをいいます。家族で一緒に非日常的な環境に身を置くことにより、家族の絆がより一層深まり、子どもへ安心感を与え、家族としての団結力が強くなります。

子どもへの教育だけでなく、旅行はママやパパにとってもよい気分転換になるので、ゆったりとした気持ちで子どもと接することができ、旅行後の家事や育児、そして仕事へのモチベーションもアップするという効果が得られますよ。

新しい世界を見ることで視野が広がる

旅に出ると、そこにはいつもとは違った風景が広がり、旅先ではその土地の人と触れ合う機会もあることでしょう。旅先が海外だとしたら、日本語は通じませんし、現地の言葉を耳にして戸惑うこともあるかもしれません。

現地の言葉が話せないばかりに、ジュース一本買うのにも苦労してしまうこともあるでしょう。電車の乗り方一つとっても、日本とは違うので迷ってしまうこともあると思います。

日本で自分が常識だと思っていたことが、海外ではそうではないということに気づき、世界には色々な文化、人々がいるということを子どもが体感することができます。このように、旅行を通じて新しい世界を見ることで、子どもの視野を広げることができるのです。

グローバル社会で強くなれる

海外旅行に行くと、ほとんどの場合現地では日本語は通じません。必然的にママもパパも現地の人と英語もしくは現地の言葉でコミュニケーションをとることになります。

すでに言葉が話せるようになっている年齢の子どもの場合、「ママがなにかいつもと違う言葉でしゃべってる」と興味を示すかもしれません。子どもが外国語に興味を示したら、ちょっと一緒に勉強してみてもよいですね。

世界には日本語以外にもいろんな言葉があるというのを小さい頃から知り、興味を持っていると、将来的にグローバル社会で強くなることでしょう。家族で行った海外旅行をきっかけに英語を学ぶようになり、将来的には英語を使って世界で活躍する人になりたい、と子どもの夢も広がるかもしれません。

子連れ旅行おすすめNo.1はハワイ

子どもが喜ぶスポットが満載のオアフ島

子連れ海外旅行のおすすめNo.1といえば、ハワイでしょう。日本の芸能人がよく行く旅行先としてもハワイは有名ですよね。比較的治安もよく、日本人には旅行しやすい環境が整っているのです。ハワイのオアフ島には、キレイな砂浜のビーチだけでなく、子どもが喜ぶスポットも満載ですよ。ここではおすすめスポットをご紹介しますね。

・ホノルル動物園
カピオラ二公園に隣接しており、ワイキキからも歩いていくことができます。敷地内には遊具もありますよ。

・ワイキキ水族館
ホノルル動物園の目の前にあります。イルカのショーなどはありませんが、キレイな魚たちに子どもも喜ぶでしょう。

・ハナウマベイ
遠浅の穏やかな海では熱帯魚やウミガメを観察することもできます。

充実したアクティビティ

家族で楽しめるアクティビティも満載ですよ。ここでは家族で楽しむスポットをご紹介します。

・ウェットアンドワイルドハワイ
ハワイで大人気のウォーターアトラクション施設です。東京ドーム約3個分の敷地内には、ウォータースライダーや流れるプールなどのアトラクションが25個あり、大人も子どもと一緒に楽しめます。

・ポリネシアカルチャーセンター
ポリネシアンダンスや伝統文化に触れることができる施設で、郷土料理を食べながらショーが楽しめるプランもありますよ。

・クアロア牧場
東京ドーム約450個分という、広大な敷地内には大自然が広がり、乗馬やジープツアーなど家族で楽しむことができます。ビーチリゾートとは違った、ハワイの自然を堪能してみましょう。

子どもだけで参加するキッズプログラム

旅行中、少しだけ夫婦でゆっくりする時間がほしい、もしくは小さい子どもが参加できないアクティビティに参加してみたいということもあるでしょう。家族旅行であっても、毎回子どもと行動する必要はありません。ママやパパが楽しむ時間も必要ですよ。

そんなときは、子どもだけで参加するキッズプログラムを利用するのがおすすめです。ホテルによっては、宿泊客の子ども対象に子どもたちを遠足に連れて行ってくれたり、プールやビーチで遊ばせてくれるというプログラムがありますよ。

ホテルにもよりますが、大体5歳ぐらいから参加できることが多いようです。ホテルを選ぶときはキッズプログラムのあるホテルを基準にして宿泊先を決めてみてもよいですね。

ハワイはオアフ島以外の島も魅力たっぷり!

大自然の中で新たな発見ができるハワイ島

ハワイというとオアフ島が人気ですが、それ以外の島にも魅力がたっぷりですよ。ハワイ島なら、子ども向けの施設に行かずとも、自然を遊び相手に子どもが楽しむことができます。

砂浜でウミガメを観察してみたり、少し離れたところから火山を眺めてみたりなど、普段の生活では体験することのない自然を親子で堪能することができます。マグマが作った洞窟や火山灰でできたブラックサンドビーチなど、大自然の力を目で見て手で触って、親子で感じてみましょう。

今までハワイはビーチバカンスでは訪れたことがあるママやパパも、子どもと一緒に大自然の中で新たな発見をすることができるかもしれませんよ。自然をたっぷり楽しめるのがハワイ島の魅力です。
66 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC