就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんにふさわしい夏用パジャマとは?スタイルや素材選びで安眠を

赤ちゃんにふさわしい夏用パジャマとは?スタイルや素材選びで安眠を

パジャマと昼間のお洋服は分けよう

パジャマに着替えて寝付きもスムーズに

夜になったらパジャマに着替えることは、赤ちゃんにとって「これに着替えたら、寝る時間なのだ」という合図となり、赤ちゃんの寝付きをよくする効果もあるといわれています。入眠儀式の一つといってもよいでしょう。

生後しばらくの間は一日のほとんどを寝て過ごしていた赤ちゃんも、徐々に起きている時間が長くなり、夜間はまとめて眠るようになります。こうして赤ちゃんの生活リズムが整ってくると、ママやパパの負担も少し軽減しますよね。

赤ちゃんの生活リズムを整えるためには、ママやパパ自身ができるだけ規則正しい生活を心がけることが大切ですが、赤ちゃんの洋服を日中と夜で分け、夜はパジャマに着替えさせることも、赤ちゃんの生活リズムを整えることにつながります。

赤ちゃんは汗っかき!起きたら着替えを

赤ちゃんの寝汗が多く、起きると髪が汗で湿っている…なんてことはありませんか?赤ちゃんの身体は汗をかくことで体温調節をしています。

まだ体温調節機能が未熟な赤ちゃんは、体に熱がこもりやすく、汗をたくさんかくことで体温を下げます。そのため、夜間も大人にくらべて赤ちゃんはたくさんの汗をかくことになります。

赤ちゃんのパジャマも、朝になると大量の汗でぐっしょりなっています。汗をたくさん吸収したパジャマをそのままにしておくと、あせもや肌荒れの原因になってしまいます。朝起きたら必ず、パジャマから日中の服に着替えをしましょう。

赤ちゃんも朝の着替えで、パジャマから日中の服になることで朝と夜の区別がついてくるはずですよ。

昼夜の区別がつき、生活リズムが整う

赤ちゃんにパジャマを着せる習慣がつくと、赤ちゃんも昼夜の区別がつき、一日の生活のリズムがついてくるのではないでしょうか?赤ちゃんの首がすわるころ、赤ちゃんの起きている時間も長くなってきます。

一日の大半を寝て過ごす生活も終わり、日中の遊ぶ時間が増え、朝起きて遊んだり、お昼寝の時間も減り、夜はママと一緒に寝る…といったように朝と夜の区別がつくようになり生活リズムも整います。

夜、寝る前にパジャマに着替える習慣は赤ちゃんの生活のリズムを整える上で役立ちます。夕方お風呂に入って、寝るときにはパジャマに着替えてお布団に入り寝るといった、毎日繰り返しの行動が、赤ちゃんの中で習慣化され、生活リズムを整えてくれますよ。

寝ている姿もかわいい、おすすめパジャマ

特別な1着に!プチバトーのロンパース

赤ちゃんにおすすめなパジャマは、着心地がよくて寝ている姿がかわいい…そんなパジャマがよいと思うママも多いですよね。そこで、おすすめなのが、フランス子ども肌着メーカーからでているブランド「プチバトー」のロンパースです。

プチバトーは品質にとてもこだわりをもっているブランドで、プチバトーのロンパースはやわらかい肌触りで着心地がよい上に、型崩れしにくく脱げにくいといった特徴があります。見た目もとてもシンプルなものから可愛らしいものまであります。

ロンパースの価格は、4,500円から12,000円ほどのお値段です。高品質でデザインもよいので、普段使いはもちろん、特別な赤ちゃんのための1枚としてプレゼントにしても喜ばれますよ。

洗い替えにたくさん欲しい、頼れる西松屋

赤ちゃんのパジャマやロンパースを洗い替えとしてたくさん欲しい!と思っているママも多いですよね。夏の暑い夜を乗り切るためにも、パジャマは洗い替えを用意しておくと安心です。

そんなときは、赤ちゃんアイテムが安く手に入る西松屋を利用しましょう。赤ちゃんのパジャマも西松屋なら、安く手に入れられますよ。

西松屋では、ロンパースが3枚セットが1,200円位で購入ができます。デザインはシンプルなものが多いですが、洗い替えのパジャマがたくさん欲しいと思ったら、コスパがよいのでおすすめです。

赤ちゃんは、日々成長しているので、パジャマや洋服のサイズもすぐに変わってしまいます。パジャマも賢く選ぶのをおすすめします。

夏に最適な涼しい素材が豊富なユニクロ

暑い夏の夜には、快適な涼しい素材を豊富に使っているユニクロもおすすめです。ユニクロは赤ちゃんのアイテムも充実していて、パジャマやロンパースも手に入りますよ。

中でも夏に最適な涼しい素材、通気性のよく涼しいメッシュ加工をした「エアリズムメッシュインナー」は人気商品です。また「コットンインナー」も柔らかくて涼しいコットン100%なので、赤ちゃんにはおすすめです。価格も800円からと手頃で、嬉しいですよね。

赤ちゃんはただでさえ、暑がりで汗を大量にかいてしまいます。ママやパパが、汗の吸収性やパジャマの生地の通気性などの着心地も考えてパジャマを選んであげると、赤ちゃんも快適な夜を過ごせるはずですよ。

まとめ

赤ちゃんの夏用パジャマはいかがでしたか?

赤ちゃんにパジャマを着せる時期に決まりはありません。ねんね期が過ぎ、毎日の生活もだんだんとリズムが整い始めたころのパジャマデビューがおすすめですが、個人差もありますのでママや赤ちゃんのペースに合わせ、無理のないタイミングで行うとよいでしょう。

パジャマも数多くのブランドからいろいろな種類のパジャマがでていて、値段も安いものから高いものまでありますので、自分の好みに合わせたお気に入りのパジャマが見つかるとよいですね。
47 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND