就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児のでべそは意外と多い!でべその症状や原因と治る時期を紹介

新生児のでべそは意外と多い!でべその症状や原因と治る時期を紹介

赤ちゃんのおへそが「何だか大きい?」と心配しているママは少なくありません。新生児の「でべそ」は意外と多く、10人から5人に1人はでべそだそうです。どうして新生児にはこんなにでべそが多いのでしょう。でべそになってしまったら、どうすればよいのでしょうか。ここでは、赤ちゃんのでべそについて考えてみます。

新生児のでべそとは?特徴と原因

ほとんどのでべそは臍ヘルニア

赤ちゃんのでべその原因は、臍ヘルニアであることが多いです。泣いたり力んだり、お腹に力が入ったときに、腸がへその穴をとおってお腹の外側に飛び出してしまうのです。

腸が飛び出すと聞くと、怖くなってしまうママもいるでしょうが、心配ありません。腸はへその皮膚の下で飛び出しているだけなので、体の外には出てきませんし、指で押すと腸はへその穴からお腹の中に戻り、へそはへこみます。痛みもありません。

赤ちゃんはママのお腹の中では、へそをとおして栄養を受け取っているので、お腹にへその穴があいています。生まれるとへその緒は切断され、穴も必要なくなり徐々に埋まっていくのですが、穴がふさがるまでに数カ月かかります。この間に赤ちゃんは臍ヘルニアになりやすいのです。

臍突出症は押してもへこまない

もうひとつ、赤ちゃんのでべそでよくみられるのが臍突出症です。へその皮膚が盛り上がっている状態のことをいいます。中央が丘のように盛り上がっていたり、周囲がぐるりと渦を巻くように盛り上がっていたり、盛り上がり方には個人差があります。

臍突出症も臍ヘルニアと同じく痛みはなく、皮膚が盛り上がっているだけなので病気でもありません。臍ヘルニアはへその穴がふさがるとでべそは治りますが、臍突出症ではそのまま残ります。

臍ヘルニアと臍突出症の違いは、でべそを押すとわかります。臍ヘルニアは、指ででべそを押すとへこみますが、臍突出症は押してもへこみません。臍ヘルニアはあまり力を入れずに座っていると出ていませんが、臍突出症は静かにしていても、常に出ています。

まだ腹筋が閉じていないため起こる

以前は、出産したときのへその緒の切り方が下手だとでべそになるといわれていましたが、その根拠はありませんでした。今は臍ヘルニアと臍突出症がでべその原因だとわり、治療法も確立されています。

臍ヘルニアはへその穴がふさがっていないのが原因なので、周辺の腹筋が発達すれば穴は自然に埋まり、でべそは治ります。腹筋の発達も、赤ちゃんの力み具合もその子それぞれなので、でべそがひどくなる子もいれば、まったくでべそにならない子もいるのです。

きれいなへそがよいと思うママもいるでしょうが、臍突出症のように治らないでべそもありますし、へそもその子それぞれ、個性のようなものだといえますね。それでも、でべそがあまりにも大きい、心配だというママは、医師に相談してみましょう。

でべそはいつごろ治るの?ピークは?

ほとんどのでべそは自然治癒で治る

でべその原因になる赤ちゃんのお腹に開いているへその穴は、臍輪(さいりん)と呼ばれています。臍輪は、腹筋と腹筋の隙間にあるのですが、生まれて数カ月して首がすわり、寝がえりをうち、腹筋がどんどん発達して大きくなると、徐々に埋まっていきます。

ですから、赤ちゃんのでべそに一番多い臍ヘルニアは、成長するにしたがって自然に治っていくといえます。腹筋がつき、臍輪が埋まれば中から腸が飛び出してこなくなるからです。

大きなでべそを見て心配してしまうママも多いでしょうが、自然に治るので、特に心配する必要はないのです。小児科の医師に相談すると、自然治癒するので経過をみましょうとアドバイスしてくれるケースがほとんどです。

1歳ごろまでには目立たなくなる

腹筋が発達して臍輪が埋まるのは、個人差はありますが、だいたい1歳ころです。なので、でべそも1歳ころまでには徐々に小さくなり、目立たなくなる子が多いのです。

でべその赤ちゃんを見ると、すぐに何とかしてあげたいと思うものですが、赤ちゃんの筋力がつくのをじっくり待ってあげましょう。自己流で治療してみたり、無理にでべそを押さえたりするとへそを傷つけてしまう危険もありますので、決して自分だけででべそを治そうとしないようにしましょうね。

医師と相談しながら、こんなに大きなでべそを見られるのは赤ちゃんのうちだけだと思って、焦らずに見守ってあげましょう。1歳になってもでべそが治らなくても、2歳、3歳になってから治る子もいますので長い目で見守る気でいましょうね。

でべそのピークは生後4カ月くらい

でべそのピークは、生後4カ月ころです。このころの赤ちゃんは、まだ筋肉が未熟で臍輪は埋まっていませんが、力む力がついてきたり、ミルクを飲む量が増えて腸の動きが活発になってきていて、臍輪から腸が飛び出やすいと考えられます。

ピンポン玉のように大きく膨らむでべそを見て驚くかもしれませんが、破裂したりしませんし、優しく指で押せば「ぐちゅぐちゅ」と音を鳴らしながらへその穴に戻ってくれますよ。

この時期、赤ちゃんがでべそを引っ掻いたりしないように気をつけてあげましょう。赤ちゃんの爪は鋭いので、ちょっと当たっただけでも傷つくことがあります。でべそを服でかくしたりして、赤ちゃんがあまりでべそに触らないようにしてあげるとよいですね。

でべそを予防したいときや注意したいこと

便秘を改善したりゲップを出させてあげる

でべそをできるだけ予防したいなら、便秘を改善したり、ゲップを出してあげると効果があるといわれています。お腹に空気が溜まったり、便秘すると、お腹に力が入ってでべそになりやすいからです。

赤ちゃんの便秘を改善するには、お腹を「の」の字にマッサージしてあげて腸の動きを手伝ってあげたり、おむつ替えのときに足を屈伸させて動かしてみましょう。

ゲップを出すには、赤ちゃんをしばらく縦に抱き抱えてあげるとよいでしょう。ゲップの出し方が分からなくて苦労するママもいますが、赤ちゃんが機嫌よくしているならそれほど問題はないので、抱っこしてあやしてあげているうちにゲップが出ればよいなというくらいの気分でゲップを出させてあげると、無理なくできるでしょう。

運動をして腹筋が鍛えることも大事

上にも書いたように、赤ちゃんの腹筋が発達してくるとでべそは目立たなくなっていきます。赤ちゃんの筋肉が発達するように、手伝ってあげることも大切ですね。

まずは、赤ちゃんが寝がえりをうったり自分で動き始めたら、安全に動けるような環境を作ってあげます。好きに動けるようにしてあげると、赤ちゃんも見る景色が変わって楽しいですし、筋肉も発達して健康な子に育ってくれますね。

赤ちゃんによっては、動くのが苦手だったり、筋肉の発達がゆっくりな子もいますから、その場合はママが運動を手伝ってあげるのもよいでしょう。ママが赤ちゃんの手足を握って動かしてあげたり、ママと楽しく体を動かしてみましょう。赤ちゃんは徐々に運動することに慣れてきますよ。

おへそ周辺を清潔に保つ

でべその周辺は、清潔に保ってあげましょう。でべそは成長すれば自然に治っていくものなので、無理に早く治そうとするよりも、でべそが治るまでの間、でべそが傷ついたり、不潔になってほかの病気にかかることがないように注意することの方が大切なのです。

触るのが怖いママもいるかもしれませんが、お風呂では他の体の部分と同じく優しく洗ってあげます。腸が出ているといっても皮膚の下なので、触っても大丈夫です。洗わないと不潔になるので、怖がらないで、優しく洗ってあげましょうね。

でべそが服が触れて、赤くなったり、赤ちゃんが痒がったりするようでしたら、専門の医師などに相談して、赤ちゃんの柔らかい皮膚でもかぶれにくい、医療用のテープを処方してもらうと安心ですね。

でべその治療方法は?ダメな方法もある?

硬貨を貼る方法は推奨されていない

赤ちゃんのでべそは昔からあり、その時代で治療法もいろいろあったようです。今でも聞く昔の治療法のひとつに、でべそに「硬貨を貼る」という方法があります。お婆ちゃんから「500円硬貨を貼るとよい」といわれることもあるかもしれませんが、この治療法は今は推奨されていません。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。硬貨を貼り付けてしまったら、でべそが擦れて赤くなったり、ばい菌が入る可能性もあります。硬貨をガーゼで包む人もいるようですが、柔らかいガーゼでも固い硬貨を包んだら肌触りは固くなりますし、赤ちゃんの肌を傷つけてしまうでしょう。

硬貨を貼るのに使うテープも、医師から処方されたテープでなくてはかぶれてしまう可能性が高いですから、自己流の治療は止めましょうね。

スポンジを貼る治療法もある

でべそは1歳ころまでに自然治癒することが多いですが、なかなか治らない場合や、長くでべそが続くと皮膚にたるみが生じてでべそのようになってしまうことがあることから、早い段階から専用のスポンジとテープを使用して治療をすすめる医師もいます。

「スポンジ圧迫法」は、スポンジででべそを圧迫してテープでとめて固定する方法です。腸が飛び出してくることを防ぎ、皮膚のたるみを防ぎます。早く開始すれば早く治るといわれていて、生後2カ月ごろから始めれば3カ月くらいで治るそうです。

テープかぶれしてこの治療法ができない子がいたり、ママが家でテープの貼り替えをしなくてはいけないという手間があったりもするので、メリットとデメリットを考えて、医師と相談して決めたいですね。

治療の場合は必ず医師に相談する

でべその治療は、必ず医師に相談しましょう。上に書いたように昔から伝わる「硬貨を貼る」方法などは、すべての赤ちゃんに効果があるとは限りません。それどころか、赤ちゃんの皮膚を傷つけてほかの病気にかかってしまう危険性の方が高いです。

「スポンジ圧迫法」も、家でできそうだと思わず、医師に相談して、でべそ治療用のスポンジとテープを処方してもらいましょうね。

でべそを見て不安になるママはたくさんいます。1人で考えていると不安だらけになってしまうので、何でも気軽に医師や専門の機関に相談しましょう。赤ちゃんのでべそを診てもらって「これはよくあることです。心配ありませんよ」「自然治癒しますよ」といわれれば、きっと安心できますよね。

でべそを手術する場合の治療について

手術が必要な場合と治療方法

でべそは自然治癒が一般的なので、医師によっては、時間がかかっても小学校入学のギリギリ前まで、圧迫しての療法をすすめます。そして、それでも治らないときは、手術をすすめます。

子どもの筋肉の成長は人それぞれなので、いつ手術するのがよいのかはそれぞれ違いますし、でべその経過を見ながら医師とよく相談して決めたいですね。

小学校前に手術をすすめる医師が多いのは、小学生になると重い教科書を持って通学したり、体育の授業があったりと、お腹に力をいれる機会も増えます。そうなると圧迫する治療が続けにくくなります。また着替えの時間に、自分のへそがほかの子と違うことに気がつき、気にしだす年齢でもあるので、そういうことなどを含めて、手術で治すのをすすめるそうですよ。

手術にかかる費用や入院日数

臍ヘルニアのでべそは、腸が臍輪から飛び出しているヘルニアなので、治療の必要な病気として扱われます。手術は保険が適応され、個人負担は費用全体の3割、だいたい5万円から7万円になります。乳幼児医療賞があれば無料にもなります。そして、入院中のベッド代と食費だけ支払うことになります。

入院は、2泊3日が通常です。全身麻酔なので、手術前日は食事ができません。子どもにはお腹が空いてつらいかもしれませんし、術後もやや痛みが続きますので、気がまぎれるように好きなおもちゃなどを用意してあげたいですね。

もう一つのでべそ、臍突出症は、皮膚が飛び出ているだけで健康に問題がないので、病気ではありません。手術に保険は適応されず、全額が個人負担になります。

でべその手術は子どもに負担がかかることも

手術は、子どもの体に負担がかかります。家と違った環境で過ごす入院生活も、子どもにはストレスでしょうし、自由に動き回ったり、大きな声を出したりできないこともつらいでしょう。

1歳くらいの赤ちゃんなら、動く範囲もそれほどく広くないので、病室のベッドのスペースでも十分かもしれませんし、また手術の記憶も無いのがメリットでもあります。でも小さいころの手術は、手術の意味も分からず、痛いと泣き続けるので、ママの負担が大きいというデメリットもあるでしょう。

小学校前の手術は、子どもが手術の意味を理解しやすく、でべそを治したいと思う子なら頑張って耐えてくれるというメリットがあります。でも記憶にはっきりと残り、病院を怖がるというデメリットもありますね。

まとめ

でべそになってしまった赤ちゃんをみて責任を感じるママもいるようです。ときには「赤ちゃんを泣かせ過ぎたからでべそになったのだ」と非難する人もいるそうで、とても困ったことです。

でべそはとても多い症状ですし、赤ちゃんの筋肉の発達具合、力み具合が関係しているので、どれだけ泣いたから、どれだけゲップが出なかったからでべそになるとは判断できません。単にママの責任と決めることはできないのです。

90.0%の子は1歳までに自然治癒するそうですし、手術もできますから、不安がらずに育ててゆきましょうね!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018