就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

気軽にパン作りに挑戦してみよう!必要な道具や簡単なレシピを紹介

気軽にパン作りに挑戦してみよう!必要な道具や簡単なレシピを紹介

お菓子作りはしたことがあるけれど、パンは作ったことはないというママも多いのではないでしょうか?お菓子なら、記念日や子どものおやつにと気軽に手が出ますよね。パンとなると、食事になってしまうので、手間も掛かるからとお店で購入しがちです。そんなパンが手軽に焼きたてで食べられたら素敵ですね。

パン作りにはどのような道具が必要なの?

オーブンやフライパン、パンを焼くもの

パン作りに挑戦といっても、どんな道具が必要なの?と戸惑うこともあるかもしれませんね。パン作りに最低限必要な道具をご紹介します。

まず、焼く道具が必要ですね。最初に思い浮かぶのはオーブンでしょう。電子レンジはあるけれど、オーブン機能がないという場合は、オーブントースター、フライパン、魚焼きグリルなどでも代用OKです。

次に、はかりです。できればデジタル式が便利ですが、針のものでも大丈夫です。そして、ふきんも用意しましょう。タオル地のようなものではなく、手拭いのようなものにします。

あとは、計量カップ、計量スプーン、めん棒、ボウル、台(パンをこねたり、伸ばしたりできる場所)、スケッパー(包丁やナイフも可)、オーブンシートです。

材料の分量を量るキッチンスケール

「パン作りにはデジタルスケールがおすすめらしいけど、うちにはアナログしかない。どうすればよいの?」と思うこともあるのでしょう。結論としては、アナログのはかりでも問題はありません。

人に提供する目的があるなら味に違いがあると困るので、デジタルにした方がよいかもしれませんが、自宅で家族と一緒に食べるだけなら、その違いも家族の味となりますし、それより焼き立ての添加物なしのものを食べる方が幸せでしょう。

しかし、初心者の場合は、デジタルで正確に計量することが成功の近道となります。

はかりは100円ショップでも売っていますが、できればきちんとしたものを使うようにしましょう。ある程度の値段のものに比べて、誤差が少し大きいということです。

生地を混ぜ合わせる麺棒やボウル

ボウルは、計量した強力粉、イースト、塩、水、バターなどを入れて合わせるときや発酵させるときにも使います。パンを作るときは、軽いボウルが使いやすいでしょう。人気があるのは、ポリカーボネイトの透明なボウルです。

透明のものは、発酵の状態が見えやすいという利点があります。しかし、ほかのボウルや代替品があるならわざわざ購入する必要はありません。

めん棒は、生地を伸ばしたり、形を作ることに使います。また、ガス抜きにも用います。めん棒には、パン専用のガス抜きめん棒もあります。

これは、めん棒が生地にくっつきにくい利点があります。しかし、パン作りのためだけに買うのはもったいないので、木のめん棒に強力粉をつけて使うことで対応できます。

簡単にパン作りをするためのコツとは

レシピは忠実に守ろう!

失敗せずに美味しく焼くコツは、レシピをきちんと守ることです。慣れていない人はとくに、守るようにしましょう。

1.材料を正確に計量する
2.時間と温度も守る

この二つはとくに重要です。でもフライパンやオーブントースター、魚焼きグリルだと温度が正確に分からないという人もいるのではないでしょうか?その場合は、フライパンや魚焼きグリル専用のレシピが書いてあるものを選んで、それに合わせて作るようにしましょう。

オーブン〇〇℃で焼くと書いてあるのに、違う器具を使ってしまうと失敗のもとになるので、注意してください。また、はかりできちんと計量することも重要になります。イーストや水の量が少し違うだけでも生地の具合や膨らみ方が変わってくるからです。

材料を工夫すれば手間と時間は省ける

「1から作るのは大変だし、時間も長くかかる」と、手作りに躊躇してしまう人もいるでしょう。その場合は、材料を工夫してみましょう。

身近で簡単に手に入るのは、ホットケーキミックスですね。家に強力粉はないけれど、ホットケーキミックスはあるというママも多いのではないでしょうか。

ホットケーキミックスで蒸しパンは作ったことがあるけれど、パンは作ったことがない人もいるでしょう。強力粉でなくても、メロンパン、総菜パン、ピザなど色々なパンを作ることができます。

インターネットには、ホットケーキミックスを使ったパンのレシピが数多くありますので、探してみるだけでも楽しいですよ。また、パンミックスというものもありますので、試してみてはいかがでしょうか。

ホームベーカリーを使うのもよい

材料だけはなく、できるだけ手間を省いて美味しいパンを作りたいというママには、ホームベーカリーがおすすめです。ホームベーカリーが行う基本の自動工程は、「こねる・発酵・焼く」です。

この工程を自動でしてくれることで、寝る前にタイマー予約をすることができます。朝には、焼き上がりの香りを感じながら起き、朝食で焼き立てを食べることができるのは幸せなことですね。

ホームベーカリーは、メーカーにより作れるパンの種類が違ってきます。食パン、フランスパン、ご飯で作るパン、バター・ジャムやお餅も作れるものなどさまざまです。

同じ食パンを比較しても、焼き上がりは各メーカーにより違います。自分が必要としているパンが焼けるものを選ぶようにしましょう。

初心者さんでも挑戦しやすいパンのレシピ

まずは簡単なロールパンを作ってみよう

余計な添加物が入っていない、ママ手作りのロールパンなら小さい子どもにも安心して食べさせられますね。

材料(6人分)
強力粉250g、常温バター20g、牛乳130ml、砂糖30gと3g、塩3g、ドライイースト3g、40℃のお湯50ml

作り方
1.牛乳・砂糖30g・塩を混ぜる。
2.ドライイーストと砂糖3gを混ぜ、40℃のお湯を入れ5分ほど待つ
3.1と2の材料をボウルに入れて混ぜる
4.3を混ぜてバターを入れてこね、まとめたらオーブン発酵させる(40℃で30分)
5.こねながら空気を抜いて6等分し、15分ラップをして休ませる
6.オーブンで二次発酵(40℃で25分)
7.予熱200℃設定のあと、オーブンに戻して200℃で15分程焼く

フライパンで焼けるパン

混ぜる段階からフライパン一つでできます。

材料
強力粉250g、ドライイースト大さじ1/2、溶き卵1/2個、牛乳140ml、砂糖大さじ2と1/2、常温バター25g、塩小さじ1/2

作り方
1.卵と牛乳をフライパンに入れ、弱火にかける。人肌になったら火を止め、砂糖、強力粉、ドライイーストを加えて混ぜ、バターと塩を入れる
2.フライパン上で、弾力が出るまで10分こねる
3.生地をまるめ、フライパン中央に置く
4.蓋をして鍋底が人肌になったら火を止め、一次発酵させる
5.発酵後、6等分にまるめ10分休ませる
6.手で成形しながらガス抜きし、フライパンに並べ鍋底を人肌にして二次発酵させる
7.発酵したら、弱火で35分間焼く

意外に簡単!アレンジ食パン

<マーブルチョコ食パン>
材料
強力粉400g、全粒強力粉100g、ココナッツオイル20g、甘味料20g、塩小さじ1、水250~300ml、カカオパウダー15g、ドライイースト10g

作り方
1.カカオパウダー以外の材料すべてを混ぜ合わせ、生地を3:2に分ける
2.小さい生地にココアパウダーを混ぜる
3.プレーン生地、チョコレートの生地ともに一次発酵させる(2倍に膨らむ)
4.発酵が終わったら、プレーン生地とチョコレート生地を3個と2個に分けてまるめる
5.まるめた生地を伸ばし、交互に重ねて縦巻きにして伸ばす
6.縦に三つの切れ目を入れて、三つ編みにして型に入れ、二次発酵させる(2倍に膨らむ)
7.オーブン180℃で35分焼く

まとめ

お店のパンは、焼き立てをすぐ食べることは少ないですね。でも手作りパンなら、できあがったばかりのものを食べられます。それに焼き上がりの香りを感じることができるのも、幸せなものです。

また、添加物が入っていないのも魅力的です。子どもには安全なものを食べさせたいと考えるママにとっては、材料が分かっているものは安心ですし、好みやアレルギーに配慮できるのも嬉しいのではないでしょうか。

すべてを手作りにするのはハードルが高いなら、ホットケーキミックスやパンミックスから始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018