就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

何歳から幼稚園の年少か知ろう!園によって異なる受け入れ開始年齢

何歳から幼稚園の年少か知ろう!園によって異なる受け入れ開始年齢

子どもの年齢が3歳に近づくと、そろそろ気になるのが幼稚園への入園です。3歳での入園となんとなくは知っているものの、遅生まれの場合や2年保育を考えている場合は、いつから入園手続きを取ったらよいのか迷ってしまうこともありますね。園によっても違う、年少さんの受け入れ開始年齢についてチェックしてみましょう。

子どもが幼稚園に入園できるのは何歳から?

満3歳から小学校入学前までの幼児が対象

生後数カ月から入園できる厚生労働省が管轄の「保育園」と違い、文部省が管轄する「幼稚園」は満3歳から小学校入学前の幼児が対象とされています。幼稚園は教育機関という位置づけのため、子どもに教育を受けるだけの準備が整っている必要があります。

満3歳という年齢は、集団の中で学ぶ姿勢や能力が備わりはじめる年齢と考えられているため、法律にも幼稚園に入園できるのは「満3歳から」と定められています。基本的には幼稚園の入園式は4月に行われるため、4月1日の時点で子どもが3歳であれば幼稚園に入園できる資格があることになります。

早生まれの子どもを持つママは、いつ幼稚園に入れるのだろうかとソワソワしてしまいますね。

入園する年の4月1日時点の年齢が基準

幼稚園に年少さんとして入園するには、4月1日の時点で子どもが3歳になっている必要があります。1月1日ではなく4月1日なのは、幼稚園や小学校などの入園、入学式が4月にあるためです。

早生まれや遅生まれだと満3歳という考え方で迷ってしまいそうですが、たとえば4月2日生まれの子どもだとどうなるのでしょうか。実は満年齢を迎えるのは前日の午後12時という決まりがあります。

さらに、幼稚園に年少さんで入園できるのは満3歳になった翌日以降の4月1日という決まりがあるため、この場合は3歳の誕生日を迎えた年ではなく次の年の4月1日まで待たなければいけません。一方、4月1日生まれの子どもは、4月1日時点で満3歳になっていると考えるので、その年に入園できます。

早生まれでも3歳になっていれば入園できる

同じ年に生まれた赤ちゃんたちでも、1月に生まれた子と12月に生まれた子では体格や身長などに大きな差が出てきます。幼稚園の年少さんごろまでその差はみられ、早生まれと遅生まれの年少さんでは月齢の差が大きく出ていることもあります。

しかし、子ども1人1人の成長度合いで入園を判断するのは現実的ではありませんので、満年齢で線引きし、1月から3月の早生まれの子どもでも満3歳になっていれば幼稚園に入園できることが日本の法律で定められています。ただ、早生まれは3月31日までではなく、4月1日までなのが大きなポイントになります。

同じ4月生まれでも1日生まれと2日生まれでは、たった1日の違いでも学年が1年違ってしまうのですね。

幼稚園によって違う子どもの受け入れ年齢

満3歳になった時点で入園できる4年保育

4月1日の時点で満年齢3歳になっていないと、長くて1年近く入園を待たなければいけないことになります。ママとしては3歳になっているのだから、「早く幼稚園に行かせたい」と感じることもあるかもしれませんね。

すべての幼稚園で実施されているわけではありませんが、満3歳になった月、または翌月から入園できる4年保育という制度があります。誕生日を迎えてから入園するので、必ずしも入園が4月ではないのが特徴です。

4年保育といっても丸々4年通うわけではなく、入園した月によって期間は変わり、卒園するのはほかの子どもたちと一緒の就学前になります。入園式は翌年度に入園する年少さんたちと一緒に行い、そこから同じ年少さんとして幼稚園に通います。

2歳から預かってもらえる未就園児クラス

4年保育には幼稚園によって、3歳になった時点で入園できる「満3歳クラス」と、2歳でも入園できる「未就園児クラス」または「未満児クラス」と呼ばれるクラスの2種類があります。満3歳児でなければ入園できない幼稚園もあれば、2歳でも預かってもらえる幼稚園があることになりますね。

2歳でも入れる未就園児クラスはお試しで通うプレ保育とは違い、入園の手続きを行い、入園金や保育料などもきちんと支払うことが必要です。2歳のうちから通うことに賛否両論ありますが、未就園児クラスでは2歳児に合わせた保育内容を用意しているので、お昼寝やトイトレの時間があることも大きな特徴です。

仕事を持つママや妊娠中のママに、4年保育が助けになることもありますね。

入園手続きの必要ないプレ保育がある園も

幼稚園によっては、入園手続きの必要ないプレ保育を実施していることがあります。プレ保育は親子でイベントに参加したり、園生活を体験したりできるなど幼稚園によってさまざまな参加方法があります。

料金も無料、一時保育のように時間ごとの料金がかかる、イベントごとに参加料が必要など幼稚園ごとにも、プレ保育の内容によっても違ってきます。プレ保育には予約が必要な場合もありますが、入園をしているわけではないので複数の幼稚園のプレ保育に参加することも可能です。

どこの幼稚園に入れようか迷っているママや、入園前に幼稚園の雰囲気を知りたいママはぜひ参加してみましょう。プレ保育に参加していることで、優先的に入園できるなどメリットがあることもあります。

幼稚園の年少の特徴や3年保育のメリット

年少児の発達は月齢による差が大きい

年少さんは満3歳となりますが、誕生月が少し違うだけで体格や発達具合が違ってしまうこともよくあります。入園してからすぐに4歳になる子と、年少さんの最後の方で4歳になる子では身体の大きさだけでもだいぶ違うことがありますね。

もちろん、個人差があるので年齢にかかわらず体格のよい子や華奢な子がいてもおかしくありませんし、現時点では差が大きいように感じても、年中さんに上がるころには差が縮まってくることも考えられます。

赤ちゃんのころはひと月の違いが大きな違いですが、月齢が上がり、年齢が上がることで徐々にその差が埋まってくるのが普通です。年少さんのころはママも我が子とほかの子との違いが気になるかもしれませんが、よくあることなので焦らず見守りましょう。

年少で入園するメリットやデメリットとは

幼稚園に入園するにも、早ければ2歳からの4年保育、遅ければ4歳の年中さんからの2年保育を選ぶこともできます。しかし、多くのママが子どもを年少さんからの3年保育で幼稚園に入れています。

年少で入園するメリットとして、集団生活に早く慣れ、お友だちと遊ぶことで社会性や協調性が身につくことがあげられます。2歳よりも精神的に成長しているので、学びの場である幼稚園でも無理なく生活できます。

ただし、3年間の保育料を支払うので、2年保育よりも経済的な負担が大きくなります。また、幼稚園に通いはじめると多くの子どもと触れ合うため、感染症などの病気をもらいやすくなるのがデメリットです。早生まれの子の場合は、周りについていくのが大変なこともあります。

入園する年齢を決めるときのポイント

幼稚園は義務教育ではないため、必ず通わなければいけないものではありませんし、入園する年齢も3歳以降であればとくに決まりはありません。受け入れ側の幼稚園の基準もありますが、基本的にはママが入園するタイミングを見極めることができます。

多くの子どもたちが3歳から幼稚園に通っている現実をみると、ママも従わなければと思ってしまいますが、子どもの成長はそれぞれ違います。早生まれ、遅生まれということ以外でも、もっと子どもとの時間が必要だと感じるママは年中さんから、活発な子どもに手を焼いていて子ども自身もお友だちが必要と感じる場合は4年保育を選んでもよいのです。

家庭の事情、ママの気持ち、子どもの状態など総合的に判断して入園を決めましょう。

まとめ

幼稚園に入ると多くの場合、ママが初めて子どもと離れて過ごす機会になります。入園前からママは幼稚園入園を心待ちにしているかもしれませんし、なんだか寂しいと感じるかもしれませんね。

子どもも、新しい生活に希望を膨らませ、ちょっと不安な気持ちもあるかもしれません。幼稚園に入るためには、ママと子ども両方の準備が整っている必要があります。

もちろん入ってしまえば順応できることがほとんどですが、幼稚園生活を楽しいものにするためにも入園のタイミングを見極めたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj