就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

もう1人欲しい!共働き夫婦の2人目出産について考えよう!

もう1人欲しい!共働き夫婦の2人目出産について考えよう!

共働き夫婦にとって、育児、仕事、家事の両立は毎日忙しく本当に大変なことですよね。1人目を出産し仕事復帰して落ち着いてくると「もう1人子どもがほしい」と2人目の妊娠を希望する方も多いのではないでしょうか。ここでは、共働き夫婦の2人目の妊娠や出産についてご紹介します。

2人目妊娠のタイミングはいつがベスト?

多くの家庭が抱えている2人目問題とは

「そろそろ2人目がほしい」と思っていても仕事をしていると「また育休をとって仕事を休まなければいけない」「仕事をしながら2人の子どもを育てていけるのか」など、2人目を妊娠することに不安を抱えている方は多いですよね。

「2人目がほしいと思っているけど、踏み出すことができない」と、2人目問題の壁にぶつかっている家庭が増えてきています。2人目の壁にぶつかる家庭に多い理由が、「経済的な不安があるので、子ども2人も育てられるか心配」とお金の面で不安を感じている方が多いことが分かりました。

ほかにも、「1人目の子育てで手が一杯で余裕がない」「これ以上育児のストレスを感じたくない」など、ママの気持ちに余裕がなくて2人目に踏み込めない家庭もあります。

何人兄弟にするのか考えてみよう

「2人目がほしいけど、なかなか踏みだせない」という家庭は多いですよね。「2人目を考えるだけで時間だけがすぎてしまい、結局1人っ子になってしまった」という家庭もあります。

2人目妊娠に悩んでいるママは、最終的に何人兄弟にするのかを先に考えてみるとよいかもしれませんね。何人兄弟が理想なのかを夫婦で話し合うことで、自然と妊娠するタイミングなども考えていけそうですよね。

友人の話では、1人目が3歳になった頃2人目についてパパと話し合ったそうです。夫婦で話し合った結果「子どもは3人ほしいね」となったので、自然と2人目の妊活に入ることができたと話してくれました。

「子どもは◯人ほしい」というのは夫婦で理想が違うので、話し合いが大切ですね。

年齢差別のメリットデメリット

2人目の妊娠を考えていると「子どもは何歳差が育てやすいのだろう」「経済的な負担が少ないのは、何歳差だろう」など、子どもの年齢差をいくつあけるか悩む方も多いのではないでしょうか。年齢差別のメリットとデメリットをご紹介します。

2歳差の場合のメリット
・年齢が近いので興味を持つものや遊びが似ていて、友達のようにいつまでも一緒に遊べる。
・年齢差が少ないと一気に子育てが終わる。

2歳差のデメリット
・小さいときは2人ともに手がかかるので大変。
・ケンカすることが多い。

3歳差のメリット
・上の子が着替えやトイレなど、自分でできることが多いので育児の負担が少ない。

3歳差のデメリット
・高校と大学の受験が重なるので、その年の教育費の出費が多くなる。

2人目の妊娠・育児は何が一番大変か?

2人目妊娠でのつわりの乗り越え方

1人目のときと違い2人目の妊娠は上の子もいるため、妊娠中に大変なことも多いですよね。特に、つわりの時期はママの体調が不安定なため、上の子の育児や仕事、家事がうまくできずに悩んでいる方もいます。

先輩ママの話では、2人目の妊娠中はつわりがひどくて仕事に行くのもしんどかったそうです。また、上の子もまだ3歳だったので手がかかり、毎日大変だったと話してくれました。

2人目妊娠でのつわりの時期はパパや家族など、なるべく周りの人にサポートしてもらうことが大切です。妊娠中にママが1人ですべてをこなすことはあまりに負担が大きいので、周りの協力が必要ですよね。職場にも妊娠報告を早めにして、あまり無理をしないように仕事を続けましょう。

仕事を諦めてしまう場合も

1人目のときは共働きでも乗り越えられていたことも、2人目となると限界を感じ、仕事を続けるのを諦めてしまうママも多いのではないでしょうか。子どもが乳幼児期の夫婦の共働きは、続けるのが本当に大変ですよね。

友人の話では、1人目のときは共働きで頑張っていたそうですが、2人目を出産し仕事復帰すると大変なことが多く、仕事を辞めたと話してくれました。子どもが2人いると順番に風邪をひくこともあり、その度に仕事を休まなければならないので職場にもいづらくなってしまったそうです。

子どもが2人いると病気やケガなどで、仕事を休む回数がどうしても増えてしまいます。「仕事や育児が中途半端になっている気がする」と仕事を諦めてしまうママもまだまだ多いですよね。

家族の理解が一番必要

子育てをしながら共働きを続けていくためには、家族の理解が一番大切かもしれませんね。仕事、育児、家事をママが1人ですべてこなしていくことは、難しいでしょう。

一番近くにいるパパがママのことを理解し、家事や育児はなるべく協力しましょう。家事がうまく進まず料理ができていなかったり、掃除がいき届いていなかったりしたときに「料理くらい作って」や「最近部屋が汚れている」など、ママの忙しさを考えずに発言してしまうとママのストレスも溜まってしまいます。

ママが仕事と子育てを楽しく両立できるように、パパや家族の理解や協力は必要不可欠なものでしょう。パパが家事や育児のフォローをしっかりしていると、ママも仕事を続けることができそうですね。

共働きでも2人目を諦めないために

2人目不妊の原因と対策

日本では5.5組に1組の夫婦が不妊症で悩んでいるという結果がでているくらい、不妊症は身近な問題です。最近では、「1人目は妊活してすぐに授かったのに、2人目がなかなかできない」と、2人目不妊に悩んでいる夫婦がたくさんいます。

2人目不妊は、妊娠や出産の高齢化が進んでいることが大きな原因だとされています。一般的に女性は35歳をすぎると妊娠率が急激に下がってしまうので、1人目を出産したのが遅い方だと2人目不妊になるケースが多いそうですよ。

内閣府男女共同参画局の調査によると、パパが家事や育児に積極的に参加している家庭は2人目が生まれているケースが多いことが分かりました。パパが協力してママの疲れやストレスを溜めないことも大切ですね。

2人目への準備のために職場環境を整えよう

共働き夫婦にとって2人目の壁は、想像以上に大きいものかもしれません。しかし、2人目妊娠に向けて職場環境を整えることで、前向きに2人目を考えていけるとよいですよね。

先輩ママの話では「そろそろ2人目を妊娠したいな」と思ったとき、職場の上司に産休や育休のこと以外にも、2人目を出産してからの働き方について相談してみたそうです。2人目を妊娠してからも仕事を続けられるか不安だったけれど、上司に相談すると「なるべく負担にならないような業務についてもらうから大丈夫」といってもらえて嬉しかったと話してくれました。

子育てをしながらでも働きやすいように職場環境を整えることは、2人目を妊娠するための準備にはとても大切なことですね。

仕事も子育ても大事にしよう!

仕事をしながら子育てをしていくことは体力面や精神面で大変なこともあり、簡単なことではありません。しかし、「仕事を続けたかったけど、子どものために諦めたので悲しい」とママが後悔しないように、仕事も子育ても大事にできるように考えることは大切ですよね。

子どもが2人になると、その分ママの負担も増えてしまいます。「育児や家事はママに任せている」というパパもまだまだ多いですが、共働き夫婦の場合はパパが積極的に育児や家事に参加していきましょう。

パパが家でしっかりママをサポートすることで、ママの疲れやストレスも軽くなり仕事も全力で頑張れるでしょう。仕事も子育ても大事にできると、ママ自身も毎日いきいきとすごせそうですよね。

まとめ

共働き夫婦は年々増えてきていますが、共働き夫婦にとって2人目の妊娠や出産には大きな壁を感じることも多いかもしれません。「大変だから、2人目は無理」と簡単に諦めると後悔が残るので、夫婦で話し合い乗り越えていくことも大切ですよ。

職場環境を整えたり、パパや家族がママをサポートしたりすることで、前向きに2人目について考えていけることもあります。「2人目を出産しても仕事は続けたい」というママは、育児だけではなく仕事も大切にできるように夫婦で話し合いましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018