就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1月生まれの男の子を迎えるママへ!出産前の準備と産後の過ごし方

1月生まれの男の子を迎えるママへ!出産前の準備と産後の過ごし方

「1月生まれの男の子におすすめの名前を知りたい」「1月に出産予定だけれど、何を準備するべき?」「寒い冬を乗りきるポイントは?」などと疑問に思うママもいますよね。ここでは、そんな1月に出産予定のママの悩みを解決するべく、出産前の準備や産後の過ごし方についてご紹介していきます。

1月生まれの男の子におすすめな命名とは?

冬生まれだからこそ寒さに負けない名前

名前は親が子どもに贈る最初の素敵なプレゼントです。「こんな風に育ってほしい」という願いを込めたり、生まれる季節に合わせたりなど、命名する方法はたくさんあります。

1月生まれの男の子におすすめなのは「冬生まれだからこそ寒さに負けない名前」です。冬の厳しい寒さに負けないような忍耐強い子や、暖炉のように周りを温かい気持ちにさせることができる優しい子になってほしいなどという願いをこめやすいでしょう。

太陽の暖かい光を連想させる「陽」「暖」という漢字を用いるならば、「陽希」「暖希」で「はるき」と読むことができます。ほかにも「陽斗」「暖斗」で「はると」と読むことができますよ。暖かさを感じることができる名前ですね。

季節を感じられる漢字を使った名前

命名にお悩み中であれば、赤ちゃんが生まれた季節を感じられる名前をつけてみてはいかがでしょうか。1月といえば冬の真っただ中でとても寒く、雪が降る地域もありますよね。

冬のイメージである「雪」を使った男の子の名前には、「雪斗(ゆきと)」「雪成(ゆきなり)」「雪也(ゆきや)」などがあります。雪から連想される「白」という漢字を使うと、「白亜(はくあ)」「白虎(はくと)」などもよいでしょう。

ほかにも冬は空気が澄んでいることから「澄」を使って、「明澄(あきと)」「匠澄(たくと)」「広澄(ひろすみ)」などがあります。

これらの漢字からは、冬の連想から白色をイメージしやすい名前になるでしょう。何にも染まらない純粋な心を持つ人に育つかもしれませんね。

1月らしい響きを大切にした名前

1月らしさを表現したいならば、1月の響きから名前を考えてみてはいかがでしょうか。

1月の響きをそのまま使うならば、「一」を含む名前がよいでしょう。「一」は一文字であっても読み方が多く、いち、かず以外にも、おさむ、すすむ、まことなどと読むことができます。ほかの漢字と組み合わせて、「一樹(いつき)」「一誠(いっせい)」「一馬(かずま)」など、いろいろな名前に使えるでしょう。

また1月の異名は「睦月」が有名ですよね。「睦月」には「家族仲睦まじく」という意味があるので、温かい家庭を築いてほしいという願いを込めやすいです。ほかにも1月の異名には「泰月」「瑞月」などがありますので、それぞれの意味にぴったりな名前を考えてみてはいかがでしょうか。

1月生まれの男の子に必要な準備品とは?

ベビーウェアは温かさと通気性で選ぼう

赤ちゃんは月齢が低ければ低いほど体温調節機能が未熟で、自分で体温を調節することが苦手です。暑すぎると汗をかいてしまいますし、寒すぎると体が冷えてしまうことが多いので、洋服によって体温を調節することが大切ですよ。

1月生まれの赤ちゃんにおすすめの服装は「短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオール」です。肌着には汗を吸ったりお腹が冷えるのを防いだりなどの役割がありますので、必ず着せるようにしましょう。

肌着やツーウェイオールを選ぶときは、綿100%の素材の中でも「ニットガーゼ」や「フライス」がおすすめです。どちらも保温性が高く、通気性がよいです。やわらかい肌触りでふんわりとしているので、肌の弱い赤ちゃんでも安心して着せることができますよ。

退院時にはおくるみで寒さ対策をしよう

新生児期の大半は暖かい室内で過ごすことが多いですが、退院時や産後の健診などに行くときには外へ出ることになりますよね。赤ちゃんは体温調節が苦手なので、気温や室温などによって体温が左右されがちです。そんなときはおくるみがあると便利ですよ。

おくるみとは、赤ちゃんを包む大きな布のことです。おくるみで赤ちゃんをすっぽりと包めば、保温効果や赤ちゃんを安心させることができますよ。1月生まれの赤ちゃんであれば、キルトニットや厚手のガーゼ、ウールやフリース素材のおくるみがおすすめです。

外に出るときにおくるみで赤ちゃんを包めば、体が冷える心配がないですしアウターの代わりにもなるでしょう。ママと赤ちゃんに合ったおくるみを探してみてくださいね。

寒いときにさっと羽織れる赤ちゃん用ベスト

室内で過ごすことが大半であっても、肌寒く感じることもありますよね。そんなときは、さっと羽織ることができるベストがあるとよいでしょう。ベストの多くは50~70cmなど幅広いサイズ展開のものが多く、少し成長してからも着ることができるので、経済的でママも嬉しいですよね。

おすすめの素材はウールやキルトニットです。これらは中綿が入っていて厚みがあり、防寒性が高いです。冬生まれの赤ちゃんは重ね着をすることが多いので、少し余裕ができる程度の大きさのものを選ぶとよいでしょう。

また健診に行くときに、バスや電車を利用するママもいますよね。そのような環境だと温度を一定に保つことが難しいので、ベストを使えばさっと体温調節ができるので便利ですよ。

赤ちゃんとの冬を上手に乗りきるポイント

室内の温度調節に気をつけよう

室温が高すぎたり低すぎたりすると、赤ちゃんは体調を崩しやすいです。赤ちゃんに風邪を引かさないようにするためには、服装や室温を調節して赤ちゃんが快適に過ごせる環境を作ることが大切ですよ。

赤ちゃんが冬場でも快適に過ごせる温度は、18~22℃といわれています。室内を暖かくするには、ストーブやエアコンなどの暖房器具を使用しますが、そのとき赤ちゃんに直接風が当たらないようにしましょう。

また赤ちゃんの体が冷えることを心配するあまり、厚着をさせすぎたり室温を高くしすぎたりすると、赤ちゃんが汗をかいてしまうこともあります。汗をかいたことに気づかずにそのままでいると、体が冷えてしまい風邪を引く原因にもなりかねませんので、注意が必要ですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC