就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

毛穴で差がつく40代のスキンケア!美肌を守るためのポイントとは

毛穴で差がつく40代のスキンケア!美肌を守るためのポイントとは

40代になると、肌質の変化により毛穴のトラブルが気になりますよね。しかし、日々の家事や育児が忙しいと、ついつい自分の肌ケアが後回しになってしまうことはありませんか。そこで今回は、美肌をキープして肌の老化を防ぐポイントを詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

毛穴ケアの基本は洗顔とクレンジング

子育てで忙しくてもクレンジングは丁寧に

子育て中のママは、毎日家事や育児で大忙し。ゆっくり自分の肌をケアする時間なんてありませんよね。しかし40代になると、肌質の変化から毛穴のトラブルが目立つようになります。そのため、肌ケアは丁寧に行う必要があります。

そこで、毛穴のトラブルを回避する方法として、天然由来成分を主成分としたクレンジングを選ぶことがおすすめです。反対に、石油系成分が配合されたものは肌への刺激が強いため、控えた方がよいでしょう。

またクレンジングにヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が配合されていると、より毛穴ケアに効果があるため、配合成分の確認も重要なポイントです。クレンジングを使う際は、肌を擦らず優しくなじませるようにしてくださいね。

40代になったら洗顔料は保湿成分で選ぼう

洗顔料を購入する際、何に注目して選んでいますか。洗顔料によって、洗い心地や配合されている成分、洗った後の肌の感触などが異なるため、肌に与える影響もそれぞれ違ってきます。

そこで、40代になったらおすすめしたいのが、保湿成分の高い洗顔料を使用することです。40代になると、肌の保湿力が低下して乾燥しやすくなります。すると毛穴のトラブルへと発展してしまうことがあるので、気をつけた方がよいでしょう。

保湿効果がある成分とは、ヒアルロン酸やコラーゲン、スクワランのような化粧水などで使用されている美容成分のことをいいます。これらが含まれている洗顔料を選ぶようにして、界面活性剤などが入った洗浄力の強いものは避けるようにしましょう。

ピーリングでターンオーバーを促そう

『肌のターンオーバー』という言葉を聞いたことはありませんか。肌の構造は、外側の表皮から内側の皮下組織までいくつかの層にわかれており、新しい細胞が肌内部で生成されると、外側の表皮に向かって肌が生まれ変わります。

そのため、古くなった外側の表皮は自然と剥がれ落ちて新しい肌へと変化します。このサイクルをターンオーバーと呼びますが、肌が乾燥しているとこのターンオーバーが正常に行われず、肌の老化や毛穴の開きの原因となってしまいます。

ターンオーバーを促す方法として、ピーリングが表皮の角質を柔らかくして、古い肌細胞を剥がしやすくします。数週間に一度のペースでピーリングを行い、肌の再生を促してみるとよいかもしれませんね。

40代の毛穴を目立たせないケアのポイント

洗顔後はすかさず化粧水でたっぷり潤す

肌の水分量は加齢とともに、減少していくのをご存知ですか。40代になると肌の水分保持力が急激に低下するため、洗顔後はすぐに化粧水をつけて、肌が失った水分を充分に補給する必要があります。

洗顔後の効果的な保湿方法として、化粧水の重ね塗りやコットンに化粧水をたっぷり含ませたコットンパックがおすすめです。こちらはできるだけ肌内部に化粧水が浸透するよう、数回にわたり行うことでより効果を得ることができます。

化粧水で肌に潤いを与えた後は、肌の水分を外に逃がさないためにも、美容液や乳液、クリームを使用することが大切です。毛穴ケアは、洗顔直後の保湿が重要なポイントとなるので、肌が乾燥する前に素早い保湿を心がけてくださいね。

たるみの改善で毛穴は目立たなくなる

加齢にともない、肌のたるみが気になって悩んでいる方も多いのではないでしょうか。肌深部の真皮層が衰えると皮膚がたるみ、毛穴が目立つようになります。このような症状は、主に頬にあらわれて、毛穴同士が繋がると帯状になる場合もあります。

このような肌のたるみが原因で陥没した毛穴は、スキンケアを丁寧に行うことで改善されるため、肌にしっかり潤いを与えて、真皮層の弾力を低下させないことが大切です。

肌のたるみの改善策として、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどが含まれた基礎化粧品を使用することがおすすめです。これらは、肌弾力をキープする働きがあるため、肌のたるみを防いで毛穴を目立たなくする効果が期待できるでしょう。

紫外線は徹底的にカットする

近年、有害な紫外線の増加により、紫外線対策が必須となっていますよね。特に年齢を重ねるにつれ、紫外線を浴びるとシミやシワが目立つようになります。また、毛穴の開きやたるみを引き起こす原因になるので注意が必要です。

肌の弾力を保つコラーゲンは、紫外線を浴びることによって、生成する力が抑制されます。すると肌の真皮層がダメージを受けて、肌のハリがなくなり毛穴の開きやたるみを悪化させてしまいます。

紫外線は日射しの強い晴れた日にのみ、照射されているわけではありません。そのため、一年を通して紫外線対策を行うことをおすすめします。また短時間の外出でも油断は禁物です。外出する際は必ず日焼け止めを塗って、紫外線から肌を守るよう心がけましょう。

食生活の改善で体の中から毛穴ケア

コラーゲンの元となるタンパク質やアミノ酸

たるみ毛穴は、日々の食生活によって大きく変化します。そのため、肌に弾力を与えるコラーゲンの元となるタンパク質やアミノ酸が含まれた食品を積極的に摂取することで、たるみ毛穴の改善が期待できます。

タンパク質やアミノ酸が多く含まれている食材には、肉や魚、卵や乳製品などがあります。その中でも鶏肉は手羽など骨周辺のコラーゲンを直接摂取できるので、より効果を得ることができます。また卵はコラーゲンを主な原料としているため、こちらも食事に摂り入れるとよいでしょう。

そのほか、キウイはコラーゲンの合成をサポートするビタミンCや抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれていることから、美肌効果が期待できるといわれています。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事