就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

抱っこ紐で赤ちゃんと冬場の外出!赤ちゃんの服装や寒さ対策、注意点

抱っこ紐で赤ちゃんと冬場の外出!赤ちゃんの服装や寒さ対策、注意点

「抱っこ紐でお出かけしたいけれど、厚着させてもいいのかな?」「防寒ケープとママコートってどう違うの?」「冬場の抱っこ紐でのお出かけで注意することはあるのかな?」など疑問を持つママも多いはず。ここでは、抱っこ紐で赤ちゃんと外出する場合の服装選びや寒さ対策などについてご紹介していきます。

抱っこ紐を使うときの赤ちゃんの服装は?

体温調整がしやすい薄手の服を重ねて

冬場に抱っこ紐でお出かけする場合に気になるのは、赤ちゃんの服装ですよね。

外が寒いからといって厚着させすぎていると、室内に移動したときに汗をかいてしまい風邪をひく原因となってしまうこともあるでしょう。また厚着をした状態で抱っこ紐を使うと、赤ちゃんも身動きが取りにくく苦しく感じることもあるかもしれません。

冬場の抱っこ紐でのお出かけをする場合は、赤ちゃんの服装はなるべく薄手の服を重ねるようにしましょう。冬の赤ちゃんの服装の基本は「肌着+薄手の洋服を重ね着」です。住んでいる地域によって気温は大きく異なるので、アウターを着せてあげたり、ベストや帽子などの小物を使ったりして上手に調節してあげましょうね。

防寒グッズを使えばアウターはいらない

防寒ケープやママコートなどの防寒グッズを使う場合は、基本的には赤ちゃんにアウターを着せる必要はいりません。どちらも赤ちゃんのアウターと同じ役目を果たしてくれますよ。

厚着をさせすぎると汗をかいてしまい、風邪をひく原因となることもありますので、赤ちゃんの服装はなるべく薄着にして、手足や頭など外気に触れる部分はしっかり防寒しましょう。帽子や靴下、レッグウォーマーなどを足して調節してあげてくださいね。

また防寒ケープよりもママコートのほうが密着度が高く、ママと赤ちゃんがお互いの体温を感じやすいので、保温性が高いといわれています。ママコートを使う場合は、防寒ケープを使うときよりも薄着の洋服を心がけてあげましょうね。

足元はレッグウォーマーや靴下で防寒を

冬場であっても暖かい室内であれば靴下を履かせる必要はありませんが、お出かけする場合は必ず靴下やレッグウォーマーを履かせてあげましょう。赤ちゃんの足が冷たい外気に触れていると、体が冷えて風邪をひいてしまうこともあるので注意が必要です。

ふくらはぎの冷えも気になる場合はレッグウォーマーがあると便利ですよ。カバーオールやズボンの下に履いて靴下を重ねるように履けば、レッグウォーマーがずれてふくらはぎが見えてしまう心配もありませんよ。

また靴下をすぐに脱いでしまうようならば、赤ちゃん用のタイツを履かせてみてはいかがでしょうか。お腹からつま先まですっぽりと隠れて暖かいですし、赤ちゃんが勝手に脱いでしまう心配もありませんよ。

抱っこ紐と一緒に使う防寒グッズの種類は?

軽くて持ち運びやすい「防寒ケープ」が便利

防寒ケープにはクリップやボタンがついているので、抱っこ紐だけでなくチャイルドシートやベビーカーに乗せる場合でも、毛布やブランケットの代わりとして使うことができますよ。

冬場に使用する場合は、冷たい風を遮りつつ保温も可能なフリースやダウンなどの素材が用いられた防寒ケープがおすすめです。軽量のダウン素材を選べば、抱っこ紐に取り付けても重さが気にならず、ママの体への負担も少なく持ち運びにも便利ですよ。

また雪が降る地域にお住まいであれば、撥水加工がおすすめです。急に雪が降ってきたとしてもすぐに濡れることもなく、赤ちゃんの体が冷える心配もありません。

お住まいの地域の寒さに合わせて防寒ケープを選んでみてはいかがでしょうか。

「ダッカー付のママコート」でママも防寒

ダッカーとはママコートに付属する赤ちゃんを覆う布のような部分です。ポケット形状になっているものを選べば赤ちゃんの足元まですっぽりと隠れるので、赤ちゃんの足が冷える心配もありませんよ。

またダッカーは、ファスナーやスナップボタンを用いて簡単にママコートから取り外しができますよ。ダッカーとママコートの境目が気になるママもいるかもしれませんが、目立ちにくいものが多いので安心してくださいね。

ダッカーはママコートのデザインや素材によって形が異なりますが、そのなかでもおすすめはダウン素材のものです。ダウンは軽量で保温性が高いです。長時間着用していても重さが気にならず、ママへの体の負担も少ないですよ。

「ポンチョ型のママコート」なら羽織るだけ

お住まいの地域によっては、防寒ケープやダッカー付きのママコートでは暑くなりすぎることもあるでしょう。そんなときは薄手のポンチョ型のママコートがおすすめです。

ポンチョ型のママコートは基本的にはダッカーがついておらず、そのまま羽織るだけでさっと着ることができます。全体的にゆったりとしたデザインで赤ちゃんとママをすっぽり包みこむので、適度な温かさを保ってくれるのが嬉しいですね。

ポンチョ型のメリットとしては使いやすさがあげられます。ボタンを開閉するだけで、抱っこでもおんぶでも使うことができますよ。抱っこ紐以外にも、膝かけや授乳ケープとしても使うことができますので、1枚あれば便利なアイテムといえるでしょう。

冬場に抱っこ紐でお出かけするときの注意点

防寒グッズの素材は時期や気温に応じて選ぶ

冬であっても雪が降る地域や温暖な地域など、住んでいる場所によって気候は大きく異なります。ママの住んでいる地域の気候に合った素材を選ぶとよいでしょう。

防寒グッズにおすすめの素材はダウンです。ダウンは軽量かつ保温性の高い素材です。赤ちゃんのお世話をしていて、肩こりや腰痛になっているママもいるでしょう。ダウンは軽くて暖かいので、長時間ダウンを着て抱っこ紐を使用していても、ママの体への負担も少ないですよ。

また雪が降りやすい地域にお住まいの場合は、撥水加工のものがおすすめです。急に雪が降ってきた場合でも、雪を弾いてくれますので、赤ちゃんの体が冷える心配もいりません。汚れを弾いてくれるのも、撥水加工ならではの嬉しい特徴ですね。

汗をかきやすいのでこまめに汗対策を

防寒のために厚着をさせすぎていて、気づいたときには赤ちゃんが汗をかいていたという経験があるママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんは月齢が低ければ低いほど体温調節機能が未熟で、大人よりも汗をかきやすいといわれています。

汗をかいていることに気づかずにいたら、気化熱によって赤ちゃんの体が冷えてしまい、風邪をひく原因にもなりますので注意が必要ですよ。

汗をかかせないようにするためには、赤ちゃん用の汗取りパッドがおすすめです。使い方はとても簡単で、赤ちゃんの背中と肌着の間に汗取りパッドを入れて、こまめに取り替えます。汗取りパッドがあれば、赤ちゃんの体が汗で冷えたり気持ち悪い思いをしたりせずに、心地よく過ごすことができるでしょう。

すべりやすい道は足元にしっかり注意を払う

冬の抱っこ紐の使用で気をつけたいことは、雪道などすべりやすい場所での転倒です。特に雪が降る地域にお住まいのママで、雪かきを行っていない道を歩くときに滑りやすいので注意が必要です。

雪道を歩く場合には滑りにくい靴を選ぶようにしましょう。靴底が厚くて、靴の裏側にスタッドレスタイヤのようなぎざぎざの溝があるものがおすすめです。スノーブーツとして販売されています。

また歩き方にも注意が必要で、なるべく歩幅を小さくするように心がけましょう。普段どおりに大きな歩幅で歩こうとすると、足を高くあげることになるので体の重心がグラグラしてしまい、転倒しやすくなってしまいますよ。すり足のように足の裏全体を地面につけて、ゆっくりと歩くようにしましょうね。

まとめ

赤ちゃんの服装は薄手の洋服を重ねて調節してあげましょう。防寒ケープやママコートを着る場合は赤ちゃんにアウターを着せる必要はありません。

赤ちゃんが風邪をひくことを心配して厚着をさせすぎると、汗をかいて体が冷える原因になってしまいます。汗をかいていないか冷えすぎていないかなど赤ちゃんの様子をこまめに確認して、赤ちゃんに合わせて調節してあげてくださいね。

最近は防寒グッズの種類が増えてきてバラエティ豊かです。ママと赤ちゃんにあったものを見つけて、抱っこ紐でのお出かけを楽しんでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj