就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児にエアコンは大丈夫?快適な温度や使用時の注意点とは

新生児にエアコンは大丈夫?快適な温度や使用時の注意点とは

1年の気温差が大きい日本では、夏や冬になるとエアコンを使用しているママも多いと思います。今回は新生児期の赤ちゃんにエアコンを使用するときの適正温度や湿度、注意すべきポイントやエアコンが無い場合の対処方法もご紹介します。新生児期の赤ちゃんに効果的なエアコンの使い方を知りたいママはぜひご一読ください。

新生児にエアコンは使用していいの?

新生児は体温調整が苦手

新生児期の赤ちゃんは、自律神経の発達がまだ未熟です。そのため、大人のように体温調節をすることが難しく、そのぶんパパやママが工夫する必要があります。

また赤ちゃんは自分の言葉で「暑い」「寒い」と伝えられないので、汗のかき方や体が冷えていないか確認することが大切です。洋服の枚数や生地の種類、布団の重ね方などで調節するとよいでしょう。

赤ちゃんの平熱は、一般的に大人より少し高めな場合が多いですが、個人差が大きいので平熱がどれくらいなのかを知っておくことが大切です。同じ時間、同じ方法で毎日熱を計ってみましょう。

大人と同じように体温調節ができるようになってくるのは、満1歳を過ぎた頃からといわれています。

新生児に適した部屋の適正温度とは?

赤ちゃんにとって快適な温度は夏は26~28℃、冬は20~25℃が理想的です。室温を大人の好みに合わせるのではなく、赤ちゃんの適正温度に合わせることが大事です。

室温を正確に知るためにも、赤ちゃんが寝ている布団の近くに室温計を置いておくとよいでしょう。室温計を選ぶときには、室温だけでなく湿度も同時に表示されるものが便利です。

また、外気温と室内温度の差も気を付けたいポイントです。外と室内の気温差が5℃以上あると、体への負担が大きくなり、体調を崩す原因になるかもしれません。

夏の昼間や冬の夕方など、気温差が激しくなりそうな時間帯にはお出かけを控える。もしくは気温差を少しでも和らげる服装を選ぶとよいでしょう。

新生児にエアコンは大丈夫なの?

結論からいうと、エアコンを使ってもまったく問題はありません。室温を快適に保つことは、自力で体温調節機能が未熟な新生児期の赤ちゃんにとって、必要なことだといえます。

最適な室温を保つことで、赤ちゃんのあせもや脱水症状、熱中症を防ぐこともできます。「子どもは汗をかいた方がよい」といわれますが、赤ちゃんにとって大量に汗をかいたり、体温が上がったりすることはよいことではありません。

昔と違って、地域によっては外気温が35℃を越えることも珍しくありません。エアコンをうまく利用して、赤ちゃんが快適に過ごせる工夫をしましょう。

もちろん、冷やし過ぎや暖め過ぎには気を付ける必要があります。あくまで適正な室温を保つために使いましょう。

新生児のための最適なエアコンの設定温度

暑い日の最適な設定温度

暑い日、特に真夏は新生児期の赤ちゃんにとって危険がいっぱいです。陽当たりのよい場所で寝かせていると、室内でも熱中症や日射病にかかる可能性があります。

大人よりも平熱が高めなので、寝返りがうてるようになるまでは布団と背中の間に汗がたまり、あせもができてしまうことも。熱が体にこもらないように大人が気を配る必要があります。

暑い日の最適室温は26~28℃ですが、これはあくまで赤ちゃんが寝ている場所の室温です。室温=エアコンの設定温度ではないということを覚えておきましょう。

部屋の広さやエアコンの性能にもよりますが、一般的には最適温度より1~2℃低く設定するとよいようです。エアコンの風向きや強さにも注意しましょう。

寒い日の最適な設定温度

秋から冬にかけて寒い時期に最適な室温は、20~25℃です。体が冷えると風邪をひいたり、熱を出したりと病気につながる原因になることもあるため、注意しましょう。

だからといって、洋服をたくさん着せるのは避けましょう。赤ちゃんは平熱が高い場合が多く、暑がりな傾向があるので、大人より1枚少ないくらいで丁度よいと思います。

寒そうだからと厚着させたり布団をたくさんかけたりすると、汗をかいて体が冷えたり、あせもができたりなど、逆効果になってしまうことも。

またエアコンとストーブを併用するのもよい考えです。早く部屋を暖めたいときは最初にエアコンを使い、その後ストーブに切り替えるなど、工夫しているママも多いようです。

最適な湿度も知っておこう

エアコンを使うときはつい室温ばかり気にしがちですが、お部屋を最適な湿度に保つことも大切なことです。季節にもよりますが、おおよそ50%前後を保つようにするとよいでしょう。

冬場は特に喉や皮膚の乾燥に注意が必要です。赤ちゃんの肌は表皮が薄いぶん乾燥しやすいので、加湿器を使ったり、洗濯物を室内に干すなどして対応しましょう。

湿度が高くなりすぎると、大人でも不快指数が上がります。赤ちゃんも汗をかきやすくなりますし、寝具などにカビが発生する可能性も高まるので、エアコンのドライ機能をうまく使って調節するようにしましょう。

エアコンを使うと空気が乾燥しがちなので、湿度計をこまめにチェックする癖をつけるようにすることが大切です。

就寝時にエアコンを使用する際のポイント

夜の就寝時は温度設定を高めにしよう

夜眠るときの設定温度は28℃前後が理想的です。寝入るまでは少し暑く感じるかもしれませんが、睡眠中は体温が下がるので、冷やし過ぎないようにすることが大切です。

眠っているときに冷やし過ぎると、体温が低下して血管が収縮してしまい、赤ちゃんだけでなくパパやママの体にもよくありません。布団の中は温度33℃、湿度60%前後が最適とされていますので、意識してみるとよいでしょう。

そうはいっても、やっぱり28℃だと暑いというときには、寝る前にエアコンの設定温度を一時的に下げて、壁を冷やしておくという方法もあります。その際には赤ちゃんが寒くないように、かけ布団や衣服で調節することも忘れないようにしましょう。

朝起きるまでつけっぱなしでもいい?

エアコンを一晩中つけっぱなしにすることに、抵抗を感じるママも多いかもしれません。何となく体に悪いような気がしますし、冷やし過ぎにならないか、乾燥しないかなど気になることは多いと思います。

しかし暑い日が続く夏場は、赤ちゃんが寝ているときでも熱中症や脱水症状をおこす可能性があります。また寝苦しさから赤ちゃんの眠りが浅くなり、不快感で何度も起きてしまうことも考えられます。そうなるとママも辛いですよね。

つけっぱなしが気になるようなら、最初はエアコンのタイマーを2~3時間に設定しておいて様子をみましょう。タイマーが切れた途端に赤ちゃんが泣き出すようなら、設定温度に気を付けて、朝までつけておいたほうがよいかもしれません。

冷え予防のために床よりベッドがおすすめ

冷気は下に溜まっていくことを考えると、赤ちゃんを寝かせるのは床よりもベッドの方がよいでしょう。寝ている間は人の動きがないぶん、床に近い場所は設定温度よりも寒くなってしまうことがあります。

ベビーベッドが無い場合は、サーキュレーターを併用するのもおすすめです。お部屋の空気を循環させるために作られているので、簡単に室内温度を均一にたもつことができます。ただし、赤ちゃんに直接風を当てないように注意が必要です。

サーキュレーターの代わりに扇風機を使っても大丈夫です。どちらを使用する場合も埃も一緒に巻き上げてしまう可能性があるため、掃除機をかけたり、こまめに拭き掃除したりして床を清潔に保つように心がけましょう。

エアコンのない場所で過ごす場合の対応策

扇風機を使って体温調節をする

赤ちゃんが寝ている部屋にエアコンを設置していなかったり、帰省先などでエアコンが無い場所に寝かせるときには扇風機をうまく使いましょう。

エアコンより効果は低いものの、部屋に空気の流れを作り出して熱がこもるのを防いでくれます。より冷たい風を送りたいときには、扇風機の前に凍らせたペットボトルを置くのも一つの手です。ペットボトルの下は濡れるので、タオルを敷いておきましょう。

扇風機を使う上で、一番気を付けなくてはいけないのは風向きです。赤ちゃんに扇風機の風を直接当てるのではなく、壁などにワンバウンドさせた風を送るようにするとよいでしょう。

やはりエアコンに比べると部屋が暑くなりがちなので、こまめな水分補給を心がけましょう。

シャワーや水浴びをして体を冷やす

汗をかきやすい季節は、シャワーや水浴びをするのも効果的です。肌を清潔に保つことで、あせもの予防にも役立ちます。

1日に何度もシャワーをするなら、せっけんを使う必要はありません。必要以上に皮脂を取ってしまうと、乾燥の原因になってしまう恐れがあります。肌をゴシゴシとこするのも控えましょう。

新生児期の赤ちゃんにプールはまだ早いですが、ベビーバスなどにお水をためて行水するのはよい方法です。汲みたての水は冷たすぎることがあるため、ためてから2時間ほどおいたものを使用します。

長時間の行水は赤ちゃんの負担になりますし、体が冷え過ぎてしまう可能性があるので、1日1回5分程度にとどめましょう。終わったあとの水分補給も忘れずに。

保冷剤やひんやりするグッズを使用する

冷却パットや保冷剤で首や背中を冷やすと、赤ちゃんの寝つきもよくなります。赤ちゃん用のグッズもたくさん売られていますが、専用のものでなくても代用できることができます。

保冷剤を使う場合は、直接赤ちゃんに当てるのではなく間接的に冷やすのがポイントです。タオルにくるんで赤ちゃんから少し離れた位置に置いておきます。

冷却パットを使用するときも、直接寝かせるのは避けたほうが無難です。タオルケットなどを一枚挟んでじんわりと冷えるように工夫をしましょう。

そのほかにも、寝具や衣服の素材をい草や麻に変えてみるのも一つの手です。通気性のよい素材を使うことで、汗によるムレや熱がたまるのを防ぐ効果が期待できます。

エアコンを使用する際の注意点

エアコンの風を新生児に直接あてない

エアコンだけではなく扇風機にもいえることですが、赤ちゃんに冷たい風を直接あてるのは避けたいところです。風が直接あたると、設定温度以上に冷やし過ぎたり、暖め過ぎたりしやすくなりますし、赤ちゃんも体力を消耗してしまいます。

赤ちゃんを寝かせる場所に実際に寝転がって、どの程度風がくるのかを確かめましょう。どうしても風があたってしまう場合は、エアコンのスイング機能を使って風が長時間同じ場所にこないように気を付けましょう。

風を少しでも和らげるために、赤ちゃん用の蚊帳を使用するのも効果的な方法です。エアコンの送風口に直接取り付ける風よけカバーも売っていますので、家電量販店などで相談してみるとよいでしょう。

エアコンはこまめに掃除しよう

エアコンの内部はカビが発生しやすく、埃もたまりやすいものです。とくに設置してから時間の経ったエアコンの上部や排気口には、埃が積もっていることが多く、そのまま使用すると風によって部屋中に巻き散ってしまいます。

久しぶりに使い始めるときはもちろん、毎日使うようになってからもフィルターやエアコン周辺はきれいに掃除するように配慮します。また同じ理由で、床や家具の拭き掃除もこまめに行うようにしましょう。

赤ちゃんは仰向けに寝ている時間が長いため、空気中に舞ったカビの胞子や埃を吸い込む可能性が高くなります。場合によってはアレルギーや風邪、喘息を引き起こすこともあるので、エアコンの中や周辺の掃除は必須といえるでしょう。

空気を入れ替えるための換気も忘れずに!

エアコンを付けているときでも、換気は必要です。エアコンは室内の空気を循環させますが、新しい空気を取り込むわけではないので、使用し続けていると空気がどんどん汚れてしまいます。

空気が汚れると喉が痛くなったり、細菌やウィルスが繁殖しやすくなったりする可能性があります。エアコンのフィルターを汚す原因にもなるので、注意が必要です。

空気の流れを考えながら最低2カ所以上の窓をあけて、できれば換気扇もつけましょう。よほど広いお家でない限りは、5分程度で全部屋の空気が入れ替わります。

換気の際には窓に向けて扇風機をつけておくと、より効率よく部屋の空気を外に出すことができます。できるなら2~3時間に1回は換気をするのが望ましいでしょう。

まとめ

体温調節の機能が未熟な新生児期の赤ちゃんにとって、エアコンの利用はとても有効だといえます。夏場の熱中症やあせも、冬場の風邪も予防してくれますし、心地よく眠ることができます。

安全に使用するために最適室温を把握し、湿度にも気を配りましょう。風向きや強さを調節して、赤ちゃんに直接風が当たらないように注意が必要です。

フィルターや部屋のこまめな掃除も大切です。空気の入れ替えにも配慮しつつ、上手にエアコンを取り入れましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018