就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児からのマッサージが知りたい!心も癒されるマッサージの効果

新生児からのマッサージが知りたい!心も癒されるマッサージの効果

赤ちゃんにマッサージをするとよいといわれていますが、いつ頃からおこなってもよいのかご存知ですか?マッサージを始めることができる時期や、マッサージをするとどういうよい影響があるのか、おすすめのマッサージオイルや目的別のマッサージ方法などについて調べてみました。

新生児のマッサージはいつから大丈夫?

マッサージは生後0カ月から大丈夫

赤ちゃんにマッサージをおこなうことができる時期に決まりはありません。ですので、0カ月からマッサージをおこなうことができます。

新生児期の赤ちゃんにマッサージをするときは、全身にではなく、パパやママの手のひらで、赤ちゃんの手のひらや足の裏などを優しく包み込む感じでおこなうとよいでしょう。パパやママのぬくもりが赤ちゃんに伝わり、赤ちゃんもリラックスすることができますよ。

マッサージを始めるときは赤ちゃんの目を見て、「これからマッサージを始めるね」と優しく語り掛けるようにしましょうね。

少しマッサージに慣れてきたら、赤ちゃんの肌をパパやママの親指で優しくなでるようにクルクルするのもよいですよ。

ご機嫌がいい時間帯で1日15分程度が目安

マッサージをおこなうときは、赤ちゃんの機嫌がよい時間帯にしましょう。沐浴の後や、おむつを替えるタイミングなどがマッサージに適しています。

赤ちゃんの機嫌がよければいつでもよいのですが、授乳後30分間はマッサージを避けましょう。授乳後すぐにマッサージをすると、母乳やミルクが逆流し嘔吐をしてしまう可能性があります。また睡眠からさめたばかりのときも避ける方がよいですよ。

マッサージをする時間も長時間はおこなわず、1日15分程度にしましょう。全身をマッサージできなくても、「今日は上半身」「明日は下半身」など毎日マッサージする部位を分けても大丈夫ですよ。

途中で嫌がるようであれば無理やりマッサージを続けず、途中でやめるようにしましょうね。

布団やマットなど心地よい場所で

マッサージのために特別準備をしなければいけない道具はなく、自宅にあるものでおこなうことができます。基本的にマッサージは赤ちゃんを裸にしておこなうので、布団やマットなど赤ちゃんが寝ころんでも心地よく感じる場所でおこないましょう。

マッサージにオイルを使用する場合は、直接布団やマットに寝かせるのではなく、布団などの上にバスタオルなどを敷くとよいですよ。

部屋の温度も22~25℃に調節し、裸でも寒くも暑くもない室温にしてあげましょう。

静かな環境でマッサージをおこなうと、パパやママも赤ちゃんもマッサージに集中することができるので、よりリラックス効果も高まります。マッサージ中にオルゴールの音楽を流すのもよいですよ。

新生児のマッサージはどんな効果があるの?

親とのスキンシップで精神が安定

マッサージは、赤ちゃんの目を見つめて、「気持ちよいね」など声をかけながらおこなうことが大切です。優しく赤ちゃんの肌に触れたりなでたりすることで、赤ちゃんの情緒は安定して、ストレスホルモンも減少するというデータもあります。

1986年にアメリカでおこなわれた研究で、予定日より早く生まれてきた赤ちゃんに対して、マッサージをした場合とマッサージをしなかった場合を比べたところ、マッサージをした赤ちゃんのほうがマッサージをしなかった赤ちゃんよりも47%の体重増加があり、退院も6日間早まったという結果が発表されています。

マッサージは心と体の触れ合いともいわれています。お互いにスキンシップをとることで、親子の絆も深まっていきますよ。

免疫力アップで強い体づくり

マッサージは赤ちゃんの肌に心地よい刺激をあたえ、ストレスホルモンが減少し、免疫システム機能を向上させる効果があります。

血液やリンパの流れをよくすることで、新陳代謝を高めることができます。リンパは筋肉の動きによってしか流れることができません。マッサージをすることで筋肉を動かすことができ、リンパを流すことができるようになります。体の中の毒素や老廃物を回収したり、ウイルスなどの菌が全身にまわらないようにしたりする役割をもつ大切なものです。

また消化機能を高めることもでき、下痢や便秘を解消する効果もあります。

赤ちゃんだけに効果があるのではなく、パパやママの血液循環もよくなり、体調を整えることができますよ。

脳の活性化で運動機能アップ

体だけでなく、マッサージをすることで脳も刺激することができます。皮膚に与えた刺激が脳の発達を促し、神経や運動機能の発達につながります。

特に手のひらは「第二の脳」という呼び方もあるほど、脳だけに限らず体の各器官を刺激するツボがありますよ。手の血行がよくなれば脳の血行をよくすることにもつながっていきます。

赤ちゃんの手のひらを円を描くようにマッサージをしてあげてみてください。片手ずつでもよいですが、できるだけ両手を一緒にマッサージしてあげましょう。手遊び感覚で脳への刺激をしてあげてくださいね。

歌を歌いながらリズムに合わせてマッサージしてあげると、赤ちゃんもより喜んでくれますよ。赤ちゃんの笑顔を見て、パパやママも笑顔になりますね。

目的に応じた新生児のマッサージ

肌荒れ防止に効果的なオイルマッサージ

手に何もつけずにマッサージをおこなうのもよいですが、オイルを使ってマッサージをしてあげるとより効果をえることができます。オイルを使ってマッサージをした赤ちゃんのほうが、ストレスを感じにくいという結果もありました。

オイルは指の滑りをよくしてくれ、肌の摩擦を防いでくれます。赤ちゃんの肌の保湿効果もあり、パパやママの手荒れケアにもなりますよ。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、低刺激でなるべく無香料のものを使いましょう。100%天然由来の植物性のオイルがおすすめです。

いろいろなオイルが販売されていますが、新生児期から使えるオイルも販売されています。オイルを使う前には必ずパッチテストをおこなって、赤ちゃんの肌に合うか確認してくださいね。

便秘に効果的なおなかのマッサージ

赤ちゃんのうんちが何日も出ないと心配ですよね。薬に頼る前にぜひマッサージを試してみてください。

基本的な便秘解消のマッサージは腸に刺激を与える効果がある「“の”の字マッサージ」です。赤ちゃんのおへそを中心にして、時計回りに“の”の字を書くようにマッサージをします。

便秘予防に効果的なのが「5本指マッサージ」です。温かくした手のひらを赤ちゃんのおなかに置き、親指から一本ずつ小指まで力を入れて押しください。小指までいったら小指から親指へ戻ります。これを数回繰り返します。

赤ちゃんの両足を持って、片足だけを曲げてからゆっくり伸ばす動作を左右交互に繰り返す「自転車こぎ体操」もあります。足を動かす動作が腸への刺激になりますよ。

股関節の柔軟に自転車こぎマッサージ

便秘解消の自転車こぎ体操は片足ずつおこないますが、両足を同時におこなうと股関節の柔軟になります。

両足首をしっかり支え、自転車をこいでいるように膝の曲げ伸ばしをおこないます。とくに足首を片方の手で支えながら、もう片方の手で曲げ伸ばしをしたり、内側と外側に回したりすると、膝や股関節の柔軟性が高まりますよ。

赤ちゃんの足首に力が入っているときは無理せずできる範囲にしましょうね。また赤ちゃんが痛がらないように優しく丁寧にマッサージをおこなうのも大切です。歌を歌いながらマッサージをおこなうのもよい方法ですよ。

膝や股関節の柔軟性が高まり、下半身がしっかりすると体のバランス感覚もよくなり、たっちも上手になります。また姿勢がよい子どもになりますよ。

新生児のマッサージで気をつけること

マッサージをする手を清潔に

赤ちゃんの肌はとてもデリケートな状態です。赤ちゃんの肌が傷つくのを防ぐためにも、パパやママの爪は短く切りましょう。手が荒れていると赤ちゃんが痛く感じることもあるので、注意をしてくださいね。

手のひらや指を使って赤ちゃんの体全体を触るので、せっけんなどで手をしっかりと洗って清潔な状態にしましょう。手を洗った後に消毒もおこなうとよいですよ。

指輪などのアクセサリーも赤ちゃんの肌に触れて不快な思いをする可能性があるので、マッサージ前にはずしておきます。

赤ちゃんを裸にしてマッサージをおこなうときだけでなく、洋服の上からマッサージをおこなうときも、パパやママの手が冷たいと赤ちゃんがビックリしてしまうので、手もしっかりと温めておいてくださいね。

脱臼に注意。マッサージは優しく

「赤ちゃんが痛いといけないから」と軽くなでるだけのマッサージだと、マッサージの効果があらわれないこともあります。また「より効果が出るように」とマッサージをする力が強すぎると、赤ちゃんの関節が脱臼してしまうかもしれません。

赤ちゃんの様子をしっかり見ながら、最初は優しく触るところから始め、何回かマッサージをしていくなかで少しずつ力加減を強めていって、赤ちゃんが気持ちよいと感じる力加減を見つけてくださいね。

膝や足首などの関節を動かすときは無理やり動かさずに、関節の動きに添ったマッサージをこころがけましょう。

途中で泣いてしまったりしたときは無理にマッサージを続けずに、別の時間に改めてチャレンジするようにしましょうね。

パッチテストで肌をチェック

オイルを使ってマッサージをおこなうときは、必ずアレルギー反応がないかどうか確認をするパッチテストをおこなってください。パッチテストをおこなうことで、湿疹やかゆみなどの肌トラブルを未然に防ぐことができます。

赤ちゃんの肌のバリア機能はまだ完全にできあがっておらず、刺激にとても敏感です。天然成分や無添加で作られているオイルでもアレルギー反応をしめすことがあります。

太ももや二の腕の内側に少量のオイルを10円玉サイズ程度に塗り、15~20分そのままの状態にしておきます。これは塗ってすぐにアレルギー反応が出るとは限らないからです。湿疹やかぶれがなければ問題なく使えますよ。万が一湿疹やかぶれが出た場合は、すぐに洗い流してあげてくださいね。

新生児に使えるマッサージオイルをご紹介

定番のオイル、ジョンソンベビーのオイル

ジョンソンベビーのオイルは、生まれた日から使うことができます。低刺激のオイルで、無香料のものと微香性の二種類があり、さらっとしてべたつかないのが特徴です。

125mlと300mlがあり、ドラッグストアなどでも比較的安価で購入することができるのも嬉しいポイントですよね。

アレルギー、ノンコメドジェニック(毛穴の中に乾いた皮脂や角質がたまった状態をコメドといい、コメドを誘発しにくいこと)、皮膚刺激性の三つのテストが済んでいるのも、安心できます。

微香性のものは、国際香粧品香料協会の基準に加え、会社の基準も設けたやさしい香料が使用されていますよ。

肌荒れをおこしやすかったり、乾燥しやすい肌の赤ちゃんにおすすめです。

ベビー用品で有名なピジョンのオイル

ベビー用品をいろいろ販売しているピジョンからもオイルが出ています。ママのお腹の中で赤ちゃんを羊水の刺激から守っていた「胎脂」に近い保湿成分を配合しているのが特徴です。

無着色・無香料・パラベン(防腐剤の一種)フリーで、皮フ刺激性のテストが済んでいるのも安心できるポイントですよね。

植物性オイルが使用されており、乾燥しがちな肌にうるおいを与えてくれます。80mlと少量サイズなので、鮮度を保ったうちに使いきれるのもよいですね。

とても伸びがよく、お尻ふきであれていた肌も、オイルをつけて拭き取るようにしたら肌荒れも改善されたという声や、マッサージだけでなく、おへその掃除や耳掃除にも利用しているという声がたくさんありました。

大人も一緒に使える、無印良品のオイル

無印良品から販売されているオイルは三種類ありますが、そのなかでも「ホホバオイル」がよく赤ちゃんのマッサージに使われています。ホホバオイルの安全性はとても高く、医療機関などでも使われているものです。

皮脂にとても近い成分なので肌になじみやすく、マッサージの摩擦による肌への刺激があまりありません。ベタベタしないのに保湿力が高く、赤ちゃんの肌を保護してくれます。もちろん香料もついていません。酸化するのが遅く、保管しやすいという特徴もあります。

海外の大学では、ホホバオイルは皮膚に悪影響を与える五つのバクテリアを殺菌する能力があるというデータも発表されています。沐浴後に使用するのが最も効果的だそうですよ。

まとめ

マッサージをおこなう時間は、パパ・ママと赤ちゃんとの大切なスキンシップの時間になります。ほどよい刺激を与えることで免疫力がアップしたり、脳が活性化したりとよいことがたくさんありますね。

マッサージ方法もいろいろあるので、赤ちゃんにあったマッサージを試してみてくださいね。きっと赤ちゃんの気持ちよさそうな顔を見ることができますよ。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、マッサージをおこなう前は手を清潔にしたり、オイルを使用する前はパッチテストをおこなったりと、安全には気をつけるようにしましょうね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018