就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの寝るときの体温を調節しよう!特徴と寝つきやすくする方法

赤ちゃんの寝るときの体温を調節しよう!特徴と寝つきやすくする方法

赤ちゃんが眠るときの手足を触ったことがありますか?赤ちゃんは手足を温かくすることで体温を調節して眠りにつきます。体温と寝つきとは深く関わっているのです。今回は赤ちゃんの体温の特徴や寝つきやすくなる方法、寒かったり暑かったりしたときの対処法などをご紹介します。

眠くなるサインは?赤ちゃんの体温の特徴

赤ちゃんの平熱は大人よりも高め

1歳ごろまでの赤ちゃんの平熱は36.5~37.5℃で、大人より高めです。赤ちゃんによって平熱が違うので、普段から計測して平均値を知っておきましょう。

赤ちゃんの平熱が高いのは、皮膚の厚さと深部体温が関係します。深部体温とは体の中心部の温度で、大人も子どもも赤ちゃんも、およそ38℃になります。

赤ちゃんは皮膚が薄く、そのため体の表面の温度が「深部体温」の影響を受けやすいのため、体温が高いのです。成長するにつれだんだんと皮膚が厚くなり、大人では平熱が36℃くらいになります。

ほかにも赤ちゃんは、室温や気温の影響を受けて熱をため込みやすいなど、体温調整が未熟です。しかし月齢が増すにつれて少しずつ安定していきます。

体温リズムが未完成で体温調節が苦手

体温には1日のリズムがあります。一般的に夜になると体温は低くなって昼間に最も高くなりますが、このリズムは赤ちゃんにはまだなく、1歳を過ぎたあたりから次第に作られていきます。

1歳までは1日のリズムで体温が変化するのではなく、行動や室温などの影響を受けて体温が変化します。例えばお乳をがんばって吸ったり力いっぱい泣いたりしたときなどは体温が上がります。

赤ちゃんの体温調節機能は未発達なため、こうした変化を繰り返すことで体温調整にかかわる神経を発達させているのです。

体温調節機能を発達させるには、汗をかくことも大切です。厚着をしていると放熱がうまくいかないので、適度に薄着にして水分補給も忘れないようにしましょう。

手足が温かくなるのは眠くなるサイン

体温が下がることで人は眠くなります。人の体温は夜に下がり昼に上がるリズムだとお伝えしましたが、夜は体温が下がるため、人は生理的に眠くなるようできています。

しかし赤ちゃんには1日の体温にまだリズムがついていません。そのため昼夜を問わず、眠くなると熱を放出して体温を下げて眠ろうとするのです。赤ちゃんが熱を放出する場所は、手のひらや足の裏です。

赤ちゃんは手や足の血管にたくさんの血液を流し、外気に触れる手のひらや足の裏で冷やします。冷やした血液を体に戻して体温を下げるのだそうです。

そのため冬に寒そうだからと赤ちゃんに靴下をはかせたままにすると熱がこもってしまいます。手のひらや足の裏から熱を放出しやすくしてあげましょう。

体温を調節して寝つきやすくする方法

激しい運動や遊びは就寝の1時間前まで

寝つきをよくするために、寝るときに体温が下がっている生活リズムを作りましょう。例えば寝る前に体温を上げるような行動をしないようにします。

体温を上げる行動とは、体をしっかり動かす激しい遊びや運動などです。少なくとも赤ちゃんが寝る約1時間前からは、穏やかに過ごすようにしましょう。

ただ、ときには寝る前に赤ちゃんが激しい遊びに興味を持ってしまい、止めると大声で泣くこともありますね。「動く遊びはさせない!」と無理に遊びをさせないのではなく、「できるだけ穏やかな遊びをさせてあげよう」くらいに考えてください。

激しい運動や遊びは夕方までに楽しんでおくと、就寝時の体温の調整がうまくいくようです。上手にリズムを作れるとよいですね。

寝る1時間前にはお風呂に入っておく

赤ちゃんの寝つきが悪いときには、お風呂の時間を活用して体温調節のリズムを作ると効果的です。そのためにも、お風呂は寝る1時間くらい前に入りましょう。

お風呂で急激に赤ちゃんの体を温めることで、お風呂上りから寝るまでにかけて体温が急激に下がっていきます。急激に下がるときに眠気を感じやすくなるのです。

お風呂の入り方にもコツがあります。お風呂の温度は大人が「ぬるい」と感じるくらいの低めにしてあげてください。

大人が「気持ちよい」と感じる温度では、赤ちゃんには熱すぎてのぼせてしまう危険性があります。赤ちゃんは皮膚が薄いので深部体温がお風呂の温度に影響されやすいためです。

赤ちゃんの寝つきが悪い場合、試してみてくださいね。

部屋の暖房や布団で温めすぎないように

就寝時にママやパパが寒いと感じると、赤ちゃんに風邪をひかせないようにと、部屋の温度を上げたりお布団を増やしたりして暖めようとします。

しかし、赤ちゃんと大人の温度の感じ方は違います。赤ちゃんは大人が着ている衣服、またはかけている布団から1枚少な目でちょうどよいとされます。

赤ちゃんに厚着をさせたり部屋の温度を上げすぎたりすると熱が体にこもってしまい、うつ熱になる可能性があります。その状態が続くと、やがてSIDS(乳幼児突然死症候群)につながってしまう可能性まであるのです。

少し部屋を暖めすぎたくらいで必ず発症するわけではありませんが、赤ちゃんの体を温めすぎるのはよくないので気をつけましょう。

寝るときに低体温になるのを予防する方法

汗をかいていたら着替える

赤ちゃんは自分で「寒い」と訴えることはできないため、ママやパパが知らないうちに体が冷えて低体温になることがあります。

低体温を防ぐためには温めないと、と思いがちですが、赤ちゃんの低体温の原因の一つに温めすぎたことによって出た汗が関係しています。

赤ちゃんは暑いと感じると、汗を出して体を冷やすことで体温を調整します。しかし汗をかいたまま放置すると、汗が皮膚の熱を奪い続けて体温が必要以上に下がってしまうのです。

赤ちゃんが汗をかいたら汗を拭きとって着替えさせてあげましょう。そうすることで低体温を防ぐことができます。

ママが気づかないうちに汗が乾いてしまうこともありますが、気付いたときには必ず着替えさせてあげてくださいね。

エアコンや布団で寝やすい環境を整える

赤ちゃんの低体温を防ぐには、寝るときの環境も大切です。エアコンや布団を上手に使って、よい環境を作ってあげましょう。

夏の暑いときは、クーラーで室温を下げすぎないように注意しましょう。冷たい空気は床に、暖かい空気は天井に溜まる特徴があるので、赤ちゃんが床に近い場所で寝ていると、冷たい空気にさらされます。

パパやママは床近くの気温が下がりすぎていないか、いつも注意してあげてくださいね。またエアコンなどの風が肌に当たると熱を奪われてしまうので、寝かせる位置も気をつけましょう。  

布団のかけすぎも汗をかいて低体温の原因になります。熱がこもりにくく吸水性や通気性のよい綿素材を利用し、汗をかかない程度にかけてあげましょう。

冷えているかどうかはお腹や背中で確認を

赤ちゃんが寒くないか心配なときには、直接赤ちゃんの体に手で触れて確認します。触る場所はお腹や背中です。

寝ているとき手足が冷たいことがよくありますが、それは問題ありません。しかし、背中やお腹を触ってみて冷たいときは体が冷えている可能性があります。薄い布団を1枚足したり、室温を上げたりして様子をみましょう。また赤ちゃんの背中に直接触れたとき、汗をかいたら要注意です。汗を放置すると冷えてしまい、低体温の原因になるので着替えさせてあげましょう。

寝ている赤ちゃんを起こすのがかわいそうなら、寝る前に背中にガーゼなどをはさんでおくとよいですよ。汗をかいていたらガーゼをそっと引き出せばよいので、赤ちゃんを起こさずにすみますね。

まとめ

赤ちゃんは体温調節が未熟で、まだ体温の1日のリズムができていません。お乳を飲む、泣くなどして体温を上げたり、また汗をかいて体温を下げたりしながら体温調節機能を発達させます。

寝るときには手足から放熱して体を冷やし、体温を調整します。寝つきが悪い場合はお風呂などを利用して、寝やすいリズムを作ってあげてくださいね。

寝ているときは室温や布団などを調節して低体温を防ぎます。汗をかくと冷えるので、汗をかいたら拭いて着替えさせてあげましょう。

快適な睡眠がとれるよう、上手に体温を調整してあげてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR