就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもに片付けのしつけをしよう!上手に教える方法や注意点

子どもに片付けのしつけをしよう!上手に教える方法や注意点

大きな声で叱りつけない

子どもがなかなか片付けをしないとイライラしてしまい、「早くやりなさい!」「いつまで遊んでいるの!」と大きな声で叱りつけたくなることもあるでしょう。

しかし、大人の大きな声は子どもに「怖い」という印象しか与えず、肝心な「しなくてはならない理由」は伝わりません。片付けとネガティブな感情が結びつくため、苦手意識がさらに強くなってしまいます。

また、整理整頓をする理由が「叱られたくないから」になってしまうと、叱る人がいない場所では持ち物を管理できなくなるかもしれません。

「捨ててしまうよ」「だらしない子は嫌い」といった言葉を使うのもよくありません。「褒めて伸ばす」ことを意識して、優しい声と言葉で話しかけるようにしてくださいね。

完璧を求めないように

片付けは「出したものを元の場所に置くだけ」といえば簡単に聞こえます。しかし実際は、片付けるものを判断する能力や、収納する場所を認識する能力が必要です。

子どもの能力は大人の能力と同じではなく、段階的に成長することでできることが増えていきます。最初から上手な絵が描ける子どもがいないように、最初から完璧に整理整頓ができる子どももいません。

散らばっているおもちゃのうち、1個でも片付けることができたらOKなど、子どもに完璧を求めないようにしましょう。完璧にできなくても「やったこと」を褒めてあげてくださいね。

完璧を求めることはママのストレスにも繋がります。「できなくて当たり前」と気楽に構えれば、イライラを減らすことができますよ。

まとめ

片付けは子どもが成長して自分の部屋を持つようになったときや、大人になって1人暮らしを始めたときのためにも身につけてほしい習慣の一つです。

しかし、子どもの年齢や発達に合わない片付け方や叱ってしつける方法は、子どもに苦痛を感じさせるだけです。

遊びの要素を取り入れ、できたことを褒めるようにすると、ママも子どもも楽しく取り組むことができます。整理整頓や掃除を「楽しい」と子どもが感じられるようになれば、片付けが習慣づきやすくなりますよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版