就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

40代の子育てママのファッションは?品よく若く見せるポイント

40代の子育てママのファッションは?品よく若く見せるポイント

40代になると今まで着ていた服がなんとなく似合わなく感じたりしますね。周りのママは若かったりおしゃれだったりして「自分だけ浮いているのでは」と不安になることもあると思います。子どものためにも若々しくイキイキしていたいママ向けに、若くて品がよく見える40代の子育てファッションのポイントをご紹介します。

40代のママがファッションに迷う理由

カジュアルすぎると野暮ったくなる

40代になると、今まで着ていた洋服が「似合わなくなってきたかも…」と感じる瞬間がありますね。

40代ママのファッションの悩みには、子育て中にぴったりなカジュアルファッションも、カジュアルすぎると途端に「野暮ったくなってしまう」という悩みも多いですよね。

動きやすさを重視したゆとりのあるデザインのカジュアルファッションでは「もっさり」とした印象になってしまうし、ママらしい淡いベーシックカラーでコーディネートをすると「どこか寂しく疲れた雰囲気」が出てしまう。かといってパッと華やぎのある「鮮やかカラーを取り入れるのも勇気がいる…」などコーディネートに迷走して、おしゃれに意欲を無くしてしまうママも多いようです。

張り切りすぎると浮いてしまう

お出かけや幼稚園や保育園の保護者会などは、「ちょっとおしゃれをして行かなくちゃ!」と感じるママも多いと思います。

確かに、普段はカジュアルファッションでも、当日には少しおしゃれに仕上げてくるママも多いですね。でも、「張り切りすぎると周囲から浮いてしまう」という現実も、40代ママの悩みの一つになっています。

例えば、体型がわかってしまう細めのボトムスや膝が出る丈のスカートなど、若々しさを意識して努力していることは理解できるけれど、「なんとなく違和感」を覚える服装は浮いてしまう可能性大ですね。

この悩みは、自分が浮いてしまったという経験よりも、ちょっと浮いてしまっているほかのママを見て「自分もそうなのかな」と不安に感じているママの方が多いようです。

体型の変化で昔の服が似合わなくなる

40代ママがファッションに迷ってしまうのは、やはり体型の変化が一番の原因ですね。30代まではスタイル維持に気を遣っていてあまり体型に変化がなかったというママも、40代になると体型が変化してきます。

筋力が低下してくる、肌のハリが無くなってくる、腰周りにぜい肉がつき始めるなど、体型が変化してくる40代は、今までの洋服を着ると下腹部が目立って見えたり、ヒップラインにメリハリが感じられなかったりして、手持ちの洋服の複数枚がお蔵入りになってしまうことも多いのです。

これまではスッキリしたラインのファッションが好きだったけれど、着るのを躊躇してしまうなど、自分が好きな系統のファッションから離れることで「おしゃれの迷子」になってしまうことがあります。

40代の子育てママのファッションポイント

明るい色のトップスで顔の印象を若く

体型の変化や肌のくすみ感など年齢特有のお悩みが出てきたら、おしゃれ迷子になる前に「40代の子育てママ向け」のおしゃれの仕方に切り替えましょう。

表情が疲れて見える、肌のくすみが気になることも多い40代ママにおすすめのファッションポイントをご紹介していきますね。

一番に実践してほしい40代向けのファッションポイントは「明るい色のトップスで顔色をよく見せる」ことです。顔周りに明るい色を置くと、若々しい印象を自然に演出できます。

白や淡いグレー、ベージュなど、ベーシックカラーでも明るい色のトップスを着ることで顔周りがパッと明るく映りますし、暗い色のトップスを着るときには、明るい色のストールをプラスすると顔の印象を明るくできるのでぜひ実践してみましょう。

活動的なのにエレガントなパンツを選ぶ

お腹周りや腰回り、ヒップの大きさなど下半身のボリュームが気になり始める40代ママは、活動しやすさと体型カバーのイイトコ取りができる「ワイドパンツ」や「テーパードパンツ」がおすすめです。

腿周りに程よいゆとりと落ち感があるテーパードパンツは、40代ママの万能アイテムともいえます。パンプスを合わせればキレイめに、スリッポンやスニーカーを合わせればカジュアルにも対応できるのでチャレンジしてみましょう。

ワイドパンツは、体型をカバーできる上に動きやすさも抜群です。公園遊びやお出かけにもおすすめですよ。カジュアルな印象のワイドパンツも、素材感やカラー、デザインによって雰囲気を変えられます。ヒールとのバランスもよいので簡単にスタイルUPが叶いますよ。

華やかなピアスや靴で40代の品を出す

40代のママのおしゃれに取り入れてほしいのが「アクセサリー」です。

子育てをしているとアクセサリーをつけることも減ってしまいがちですが、40代ママは「上品な大人感を演出する」ことがポイントです。アクセサリーでワンポイントの上品さを出して、キレイめカジュアルに仕上げましょう。

特におすすめのアクセサリーは程よく存在感があるピアスやイヤリングです。ネックレスやブレスレットは育児の邪魔になることもありますが、ピアスやイヤリングなら邪魔にもならず、顔周りに華やかさをプラスして小顔効果も期待できます。

ピアスやイヤリングは少し大ぶりで抜け感があるフープタイプや、動きのあるチェーンタイプもおすすめです。適度な存在感を放つので、おしゃれ上級者に見えますよ。

40代のママが気をつけたい着こなしのコツ

女性らしいラインで体型を上手にカバー

40代ママにおすすめの「着こなしのコツ」もご紹介しましょう。おしゃれ感UPもスタイルUPも叶うのでぜひやってみてくださいね。

体型の悩みも上手にカバーすることができるコツの一つ目は、「IラインとXライン」を作る着こなしです。

Iラインはジャケットやカーディガン、コートなどの羽織りものの前をあけて着こなす方法です。前をあけて着ると正面から見るとまっすぐの縦ラインができ、着やせして見えます。トップスとボトムスの色を合わせれば上下の繋がりが出て、さらにスタイルUPします。

Xラインはウエストを強調し「くびれ感」を出します。広がりのあるボトムスのウエストにトップスの裾を入れ、ウエストを強調するだけで「X」ラインの完成です。女性らしいラインが出せますよ。

ジャストサイズにすると若く見える

40代ママにおすすめの着こなしの二つ目は、「ジャストサイズの服を着る」ことです。

40代にありがちな痛コーデとして挙げられる、「体型カバーのためにダボッとしたサイズの服を着て野暮ったくなる」そして真逆に当たる「着やせを狙ってピッタリサイズの服を着て肉感が出てしまう」という失敗をしないように、現在のあなたに合ったジャストサイズの服を着ましょう。

ジャストサイズは「いつもMサイズだから」と同じサイズにこだわるのではなく、実際に試着をして自分の体のラインが一番キレイに見えるサイズを選ぶことが重要です。素材やデザインによってもサイズ感は変わるので、できるだけ試着をするようにしましょうね。

そうすることで、似合う服を判断できるようになっていきますよ。

三つの首を出して細く見せよう

40代ママにおすすめの着こなしの三つ目は、「三つの首を出す」ことです。三つの首とは「首・手首・足首」をさします。

この三つを意識して出すことで、着こなしに抜け感が出てスッキリ見えるのです。

例えば、タートルネックよりクルーネックの方が顔周りはスッキリ見え、Vネックならもっとスッキリスマートに見えます。

スプリングコートやジャケット、シャツなどの袖を少しまくって手首を出すと、腕が長く見える効果がありますし、ボトムスの裾をまくって足首を出せば、見た目の重心が上がりスッキリ見えますよ。

パンプスを履くなら、足首の一番細い部分が見える程度にボトムスの裾をまくっておくと、足長効果を発揮します。

簡単なので、鏡の前でチェックしながら実践してみましょう。

まとめ

体型や肌のハリやくすみなど、色々なことが気になる40代ですが、おしゃれ心を手放してしまうのはもったいないですよね。

今の自分に合ったサイズの洋服選びや、着こなしのポイント、顔色が明るく見える色選びなどの工夫をするだけでも、グッとおしゃれ感が増して、スタイルUPも叶います。今の自分に似合うファッションを知るためにも、気になる服はどんどん試着するのもおすすめですよ。

40代ママだからこそできる「上品さをプラスしたおしゃれ」にシフトチェンジして、いつまでもおしゃれ心を忘れない素敵なママでいましょうね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR