就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ゴミ箱が好きな幼児はどうするべき?興味を持つ理由と対策について

ゴミ箱が好きな幼児はどうするべき?興味を持つ理由と対策について

子どもがゴミ箱に興味を持つと、ひっくり返したり汚いものを出したりしてしまって目が離せなくなりますよね。しかし子どもには理由があってゴミ箱をあさっているのです。今回は、子どもがゴミ箱に興味を持ってしまったときの対策や、危険なゴミについて紹介します。

幼児がゴミ箱をあさるには理由があった!

成長につれ伝い歩きでどこへでも行ける

赤ちゃんは成長するにつれて行動範囲が広がりますよね。初めにゴミ箱が危険になるのは意外と早く、寝返りをうつようになってからです。リビングや部屋のゴミ箱は、赤ちゃんがぶつかっただけで倒れることがあります。この頃はまだ赤ちゃんの居場所からゴミ箱を離せば大丈夫ですが、ずりばいやハイハイができるようになると大変です。

つかまり立ちができると、伝い歩きが始まって一気に行動範囲が広がります。この頃には低いゴミ箱ならば自由におもちゃにしてしまいますし、高さのあるごみ箱は、つかまり立ちをして倒したり中身を出したりできるようになってしまいます。

ゴミに対しての興味の持ち方は、月齢が進むにつれて変化していきますが、2~3歳頃までは注意が必要ですよ。

謎の箱の中身が気になる

ママやパパや兄弟が、毎日いろんなものを入れている謎の箱。子どもにとっては、とても気になる存在なのです。しかしゴミ箱で遊ぶと取り上げられてしまうので、消化不良やら気になるやら。子どもにとってどんどん気になる存在になり「気づくと子どもがゴミ箱のところにいる」といった事態になってしまいます。

ゴミ箱の中身を知ると、子どもはさらに興味を持ちます。子どもはおもちゃも好きですが、おもちゃより生活用品に興味を持つことも多いものです。ゴミ箱からは、いろいろなものが出てきますよね。音がして楽しいものや、大人がいつも使っていて気になるもの。食べ物を見つけて口に入れてしまうこともあるようです。

子どもにとってゴミ箱は、いろいろなものが出てくる宝箱なのです。

子どもにとってはなんでもおもちゃ

子どもはおもちゃでないものをおもちゃにする天才です。

カサカサ音がする紙やビニール、トイレットペーパーの芯やお菓子の箱などは大好きですよね。赤ちゃんのおもちゃにも、カサカサ音がするものがついているくらい、みんなが興味を持つものです。紙類やビニールは、破ったものを食べてしまわないように注意しましょう。

ペットボトルも大好きです。叩くと中で響いて音がしますし、大人が飲んでいるときの真似をしたくもなります。手先が器用になるとキャップを外して口に入れてしまうので注意しましょう。

また、ゴミよりもゴミ箱に興味がある子どももいるようです。ゴミ箱をかぶったり中に足を突っ込んだり。ゴミ箱で遊ぶためにはゴミが邪魔なので、当然ひっくり返してしまいます。

幼児にいたずらされないゴミ箱対策

思い切ってゴミ箱を失くしちゃおう

一番思い切った方法はとてもシンプルです。ゴミ箱を部屋からなくしてしまえばよいのです。ゴミ箱がなければいたずらすることもできないですよね。

特に一番触りたくないのはキッチンのゴミですよね。生ごみなどを片付けるのは嫌なものです。キッチンで出るゴミは、ビニール袋をフックで下げたり調理台に置いたりして、料理が終わったら外のゴミ箱へポイっと捨ててしまえば大丈夫です。

ほかにも、普段子どもがいる部屋のゴミ箱をなくしてしまうという方法もあります。

子どもがいない家庭でも、リビングのゴミ箱は見た目を気にして置かないという人がいるようです。そんな家庭は、リビングで出るゴミはキッチンの袋に一緒に捨てているそうです。慣れればゴミ箱がなくても気にならなくなりますよ。

届かない見えない場所へ移動

ゴミ箱の置き場所を変えれば、簡単に子どもからゴミ箱を守ることができます。

子どもの手の届かない棚や、出窓や家具の上にゴミ箱を置けば解決します。壁掛け用のゴミ箱も売っていますが、壁のフックにお店の紙袋をひっかけてゴミ箱代わりにするという方法もありますよ。壁に穴を開けられないのであれば、スチールラックなど、物を引っかけることが可能な家具やカーテンレールにS字フックをかければできあがりです。

見えない場所に隠す場合は、ソファやテレビ台の裏など、子どもの視覚に入らない場所を探しましょう。子どもが気づいてしまったらおしまいです。ゴミを捨てるところを見られないように気をつけてくださいね。

キッチンに柵をつけている家は、柵の中に置けば安全ですね。

カギ付きゴミ箱を使ってみよう

背の高い45Lのゴミ袋が入るようなふた付きゴミ箱を買うという方法もありますが、それで子どもからゴミを守れる期間は意外と短いものです。子どもはすぐにふたを開ける方法を覚えてしまいます。ペダル式の場合は踏んで遊べる楽しいおもちゃになってしまうこともあります。

そこで役に立つのがカギの付いたゴミ箱です。主に外に置くための防犯対策用ゴミ箱です。いちいちカギを開けるのは面倒に感じる人も多いと思いますが、これならば大丈夫ですよね。

もっと手軽に対策したいときにはチャイルドロックをつけてみましょう。100均や赤ちゃん用品店、インターネットでも購入可能です。チャイルドロックを壊してしまう子どももいるので、その場合は別の方法を試しましょう。

幼児がゴミ箱に興味を持ったときは

ゴミはこまめに捨てるようにしよう

子どもがゴミ箱に興味を持つと、暇さえあればゴミ箱を荒らし始めるなんてことになってしまいますよね。そのたびに片付けるのは大変なことです。

まだ大してゴミが入ってなければ大きな影響はありませんが、たくさん入っていたり、生ごみなど触りたくないものが入っていたりしたときには嫌になってしまいますよね。

やはり今までどおりの場所にゴミ箱を置きたいという人や、キッチンの生ごみが気になる人などは、家の外にふた付きのゴミ箱を置いて、そのゴミ箱にこまめに捨てに行くという方法もありますよ。

家の中に残っているゴミが少なければ、被害を最小限に防ぐことができますよね。割れ物などの危険なゴミやいたずらされると困るゴミは、すぐに外に捨てれば安心です。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC