就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんに歌いたい夏の歌!外出できない日にぴったりな歌を紹介

赤ちゃんに歌いたい夏の歌!外出できない日にぴったりな歌を紹介

夏は日中暑くて、赤ちゃんとお散歩やお出かけがしにくいですよね。夏場は室内遊びが多くなりますが、「どんな遊びをすればいいか分からない」というママも多いのではないでしょうか。ここでは、外出できない日におすすめの赤ちゃんとの遊び方や、夏にぴったりな歌や手遊びCD、DVDをご紹介します。

暑くて外に出られない夏の日は家で何する?

お風呂プールで夏気分を楽しむ

夏の子どもの遊びといえば、プールや海などの水遊びが頭に浮かぶママも多いのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんを連れてプールや海に行くのは「荷物が多くて連れて行くのが大変」「熱中症が心配」というママもいますよね。

お家のお庭やベランダが広い場合はビニールプールで遊べますが、そのようなスペースがない家も多いですよね。そんなときは、お風呂にぬるめのお湯を溜めてプール代わりにして遊ぶだけで、わざわざお出かけしなくてもお家の中で夏気分を味わえますよ。

お風呂場にベビーバスを置いて遊ぶのも、安全でよいかもしれませんね。お風呂での水遊びは、楽しいだけではなく赤ちゃんの汗も流せるので、水遊びのあとも赤ちゃんの体がスッキリしそうですね。

色々なものを触って楽しむ感触遊び

夏場は暑くてなかなか外遊びができないですよね。「お家の中で、赤ちゃんが楽しめる遊びが思いつかない」と遊び方に困るママもいるかもしれません。

赤ちゃんは、丸める・触る・ちぎる・握るなどの手を使った感触遊びが大好きです。色々なものに触れる機会を作り、さまざまな感触を楽しめるようにしましょう。

例えば、粘土や新聞紙、エアーパッキン、寒天など、どれも触り心地が全然違いますよね。遊び始めは、怖がってなかなか触らない子もいますが、慣れてくると少しずつ興味を持ち遊び始めますよ。お家の中が少し汚れることもありますが、なるべく自由に遊ばせましょう。

粘土や寒天はカラフルな色をつけると、より赤ちゃんの好奇心を刺激しますよ。

赤ちゃんに夏を感じる歌を歌う!

赤ちゃんに子守唄を歌ったり、歌いかけたりすることはありますか?「音痴だから歌わない」「歌に自信がない」というママもいるかもしれませんが、たとえ下手でも赤ちゃんはママの歌が大好きです。赤ちゃんは単純な音を好むといわれています。ママが子どもの頃に歌っていた童謡などを歌ってあげるとよいでしょう。

先輩ママの話では、赤ちゃんとお家にいるときによく童謡を歌っていたそうです。すると、1歳くらいになるとママの歌に手拍子をしたり、踊ったりするようになってとても嬉しかったと話してくれました。

赤ちゃんのころからよく歌を聞かせていたからか、歌が今でも大好きだそうですよ。赤ちゃんにたくさん歌を歌ってみましょう。

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

歌がもたらす赤ちゃんへの嬉しい効果

感情表現が豊かになる

小さな子どもは特に音の出るおもちゃや歌などが大好きです。実は音や歌などの音楽は赤ちゃんに嬉しい効果をもたらします。泣いているときに歌を歌うと、ぴったと泣き止む赤ちゃんもいるほど、音楽には不思議な魅力がありますよ。

大人でも歌を聴いていると、気分が落ち着いてきたり、嬉しい気持ちになってきたりすることがありますよね。これは歌が脳の偏桃体(へんとうたい)という部分に働きかけ、血流の流れが変化することによって、このような感情の変化が生まれるようです。

この仕組みは赤ちゃんのころから備わっており、たくさん歌を聴くことで感情表現が豊かになっていきます。思いやりの心を育むのにも、歌はよいとされていますよ。

ママの歌声で情緒が安定する

赤ちゃんはママのお腹の中にいるときから外の音が聞こえています。特にママの声は一番多く、近くで聞いている音になります。そのため、赤ちゃんにとってママの声は特別なものです。

さらに、歌には不安や怒りといった感情を緩和させる効果があります。赤ちゃんが泣いているときに歌うと泣き止むのは、この効果によるものでしょう。これは明るいメロディーのものに限らず、悲しいメロディーの音楽でも同じ効果があることがわかっているようですよ。

したがって、ママの歌う歌にはより高いリラックス効果が期待でき、情緒の安定につながります。もちろんパパの歌声でリラックス効果は期待できるので、赤ちゃんにはたくさん歌を歌ってくださいね。

IQが高まるという研究結果も

ある研究によれば、赤ちゃんがお腹の中にいるときにママがクラシック音楽をよく聞いていると、生まれてから聞いていない子どもに比べて、運動神経や言語の発達がより優れていることがわかったようです。

ほかにも、赤ちゃんや子どもの発達と音楽の関係に関する研究は盛んに行われており、多くの研究で身体的、精神的発達で肯定的な結果が明らかになっています。カナダのある研究では、定期的に音楽レッスンを受けている子どもの方がIQが高いこともわかっていますよ。

音楽の要素は右脳と左脳の両方に働きかけます。その結果、情緒の安定だけでなく、空間認知能力や記憶力、想像力、語学力などの発達を総合的に促してくれるようです。

赤ちゃんに歌いたい夏のおすすめ歌!

夏を特徴的に歌う歌で季節を感じよう

「赤ちゃんに歌を歌いたいけど、どういう歌を歌うとよいの?」と赤ちゃんに聴かせる歌に悩むママもいますよね。赤ちゃんには繰り返しのリズムが多い童謡がよいですが、夏の歌を歌って季節を感じましょう。夏におすすめの歌をご紹介します。

・「アイアイ」
「アイアイ、アイアイ」と繰り返しのリズムがとっても楽しく、夏らしい歌ですよね。アイアイの真似っ子をして歌いましょう。

・「トマト」
トマトといえば夏の定番の野菜ですよね。トマトを見ると自然と口ずさんでしまうような可愛らしい歌詞とリズムが特徴的な歌ですよ。

・「みずあそび」
「シュッシュッシュー」と水をかけあう手遊びができる楽しい歌です。水遊びをするときに歌うと盛り上がりそうですね。
34 件

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版