就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんに歌いたい夏の歌!外出できない日にぴったりな歌を紹介

赤ちゃんに歌いたい夏の歌!外出できない日にぴったりな歌を紹介

夏は日中暑くて、赤ちゃんとお散歩やお出かけがしにくいですよね。夏場は室内遊びが多くなりますが、「どんな遊びをすればいいか分からない」というママも多いのではないでしょうか。ここでは、外出できない日におすすめの赤ちゃんとの遊び方や、赤ちゃんに歌ってあげたい夏の歌や手遊びCD、DVDをご紹介します。

暑くて外に出られない夏の日。家で何する?

お風呂プールで夏気分を楽しむ

夏の子どもの遊びといえば、プールや海などの水遊びが頭に浮かぶママも多いのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんを連れてプールや海に行くのは「荷物が多くて連れて行くのが大変」「熱中症が心配」というママもいますよね。

お家のお庭やベランダが広い場合はビニールプールで遊べますが、そのようなスペースがない家も多いですよね。そんなときは、お風呂にぬるめのお湯を溜めてプール代わりにして遊ぶだけで、わざわざお出かけしなくてもお家の中で夏気分を味わえますよ。

お風呂場にベビーバスを置いて遊ぶのも、安全でよいかもしれませんね。お風呂での水遊びは、楽しいだけではなく赤ちゃんの汗も流せるので、水遊びのあとも赤ちゃんの体がスッキリしそうですね。

色々なものを触って楽しむ感触遊び

夏場は暑くてなかなか外遊びができないですよね。「お家の中で、赤ちゃんが楽しめる遊びが思いつかない」と遊び方に困るママもいるかもしれません。

赤ちゃんは、丸める・触る・ちぎる・握るなどの手を使った感触遊びが大好きです。色々なものを触らせて、さまざまな感触を楽しませてあげましょう。

たとえば、粘土や新聞紙、エアーパッキン、寒天など、どれも触り心地が全然違いますよね。遊び始めは、怖がってなかなか触らない子もいますが、慣れてくると少しずつ興味を持ち遊び始めますよ。お家の中が少し汚れることもありますが、なるべく自由に遊ばせてあげるとよいでしょう。

粘土や寒天はカラフルな色をつけてあげると、より赤ちゃんの好奇心を刺激しますよ。

赤ちゃんに歌を歌ってあげる!

赤ちゃんに子守唄を歌ってあげたり、歌いかけてあげたりすることはありますか?「音痴だから歌わない」「歌に自信がない」というママもいるかもしれませんが、たとえ下手でも赤ちゃんはママの歌が大好きです。赤ちゃんは単純な音を好むといわれています。ママが子どもの頃に歌っていた童謡などを歌ってあげるとよいでしょう。

先輩ママの話では、赤ちゃんとお家にいるときによく童謡を歌ってあげていたそうです。すると、1歳くらいになるとママの歌に手拍子をしたり、踊ったりするようになってとても嬉しかったと話してくれました。

赤ちゃんの頃からよく歌を聞かせていたからか、歌が今でも大好きだそうですよ。赤ちゃんにたくさん歌を歌ってみましょう。

赤ちゃんに歌いたい夏のおすすめ歌!

夏を特徴的に歌う歌で季節を感じよう

「赤ちゃんに歌を歌ってあげたいけど、どういう歌を歌うといいの?」と赤ちゃんに聴かせる歌に悩むママもいますよね。赤ちゃんには繰り返しのリズムが多い童謡がよいですが、夏の歌を歌って季節を感じましょう。夏におすすめの歌をご紹介します。

・「アイアイ」
「アイアイ、アイアイ」と繰り返しのリズムがとっても楽しく、夏らしい歌ですよね。アイアイの真似っ子をして歌いましょう。

・「トマト」
トマトといえば夏の定番の野菜ですよね。トマトを見ると自然と口ずさんでしまうような可愛らしい歌詞とリズムが特徴的な歌ですよ。

・「みずあそび」
「シュッシュッシュー」と水をかけあう手遊びができる楽しい歌です。水遊びをするときに歌うと盛り上がりそうですね。

食いしん坊の赤ちゃんもご機嫌な食べ物の歌

「うちの子は食べるのが大好き」という食いしん坊な赤ちゃんも可愛いですよね。食いしん坊の赤ちゃんも自然と笑顔になるような、食べ物の歌をご紹介します。

・「アイスクリームのうた」
先輩ママの話では、小さい頃から「アイスクリームのうた」が大好きでよく歌っていたそうです。赤ちゃんに歌ってあげると嬉しそうにするので、ママもノリノリで歌うと話してくれました。この歌を歌うと、アイスクリームが食べたくなりますよね。

・「ぼくのミックスジュース」
ミックスジュースは子どもだけではなく、大人も大好きな方が多いですよね。歌いながら腰に手を当てて「ググッ」とミックスジュースを飲む真似っこをするのも楽しいですよね。

昔ながらの童謡も優秀な赤ちゃん歌のひとつ

赤ちゃんには、色々な歌を歌ってあげたいですよね。今どきのノリノリの歌もよいですが、昔ながらの童謡を歌ってあげるのもおすすめですよ。ママが「懐かしいなぁ」と感じる歌をご紹介します。

・「海」
「海は広いな、大きいな」から始まる歌は、「小さいときに歌ったことがある」というママも多いのではないでしょうか。夏になると自然と口ずさみたくなる歌の一つですよね。

・「たなばたさま」
幼稚園や小学生の頃に七夕の季節になると、歌うことが多くなりますよね。季節を感じられる歌で、覚えやすい歌詞なので小さい子どもでも歌いやすいでしょう。

・「みかんの花咲く丘」
「みかんの花が咲いている」という歌は、手遊び歌としても人気の歌です。懐かしいメロディーですよね。

暑い夏の室内遊びに最適な手遊び歌!

赤ちゃんと手遊び歌をするメリット

「手遊びが赤ちゃんにどのような効果があるの?」と思うママも多いのではいでしょうか。赤ちゃんと手遊び歌をするメリットはたくさんありますよ。

・脳が発達する
手をたくさん使うと、脳が刺激されます。手遊び歌は左右の手をバランスよく使うので、脳の活動を活発にしてくれますよ。

・手先が器用に使えるようになる
手遊び歌は遊びながら、手先の器用さを育てることができる遊びの一つです。さまざまな手遊び歌で遊んであげましょう。

・言葉を覚え、コミュニケーション力が身につく
手遊び歌にはたくさんの言葉がでてくるので、ものの名前などを自然と覚えることができます。また、ママと一緒に遊ぶことで、コミュニケーション力が身につくといわれています。

夏の室内遊びにおすすめの手遊び歌を紹介

「夏はお家でずっと過ごしている」というママも多いですよね。暑い夏の室内遊びにおすすめの手遊び歌をご紹介します。ねんねの時期の赤ちゃんでも、ママと一緒に手遊び歌を楽しむことができますよ。

・「きゅうりができた」
夏野菜といえば、きゅうりを思い出す方も多いですよね。「きゅうりができた」の手遊び歌は、赤ちゃんがねんねしたままできますよ。赤ちゃんをきゅうりにみたてて、赤ちゃんの手や足をママが歌いながら動かしてあげましょう。

・「きらきらぼし」
「きらきらぼし」は歌ったことがあるというママも多いのではないでしょうか。赤ちゃんの手を優しく握ってきらきらと手を動かして遊びましょう。こちらも、ねんねの時期の赤ちゃんから遊べる手遊び歌ですよ。

手遊びの参考になるCD、DVD

「赤ちゃんと一緒に手遊び歌で楽しみたいけど、手遊び歌が分からない」というママもいますよね。手遊びは種類がたくさんあるので、月齢に合った手遊び歌をしてあげるとよいでしょう。手遊びの参考になるCD、DVDをご紹介します。

・「たのしい手あそびうた」
保育園や幼稚園で働く先生向けに作られている、手遊び歌のDVDです。シンプルな手遊び歌が多く、子どもが喜ぶこと間違いなしですよ。CDもついているので、車移動のときにかけてあげるのもおすすめです。

・「てとてであそぼう!ひげじいさん」
手遊び歌の絵本で、イラストが描かれているボタンを押すと歌声が流れます。手遊びのやり方が書いているシートもついてくるので「この歌知らない」というママでも安心して遊ぶことができます。

まとめ

夏は暑くて、なかなか外出が難しい季節ですよね。「お家の中で赤ちゃんと遊んでいても、間がもたない」と遊び方に悩むママも多いのではないでしょうか。赤ちゃんは好奇心が旺盛なのでお風呂でのプール遊びや感触遊び、手遊びなど、工夫すれば室内でもたくさん楽しむことはできますよ。

夏らしい童謡を歌ってあげると、季節の風物詩や食べ物を赤ちゃんが覚えることができるのでよいですね。たくさんお家で遊び、赤ちゃんと一緒に暑い夏を乗り切りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018