就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おむつ用ゴミ箱の選び方のポイント!先輩ママたちが愛用するゴミ箱

おむつ用ゴミ箱の選び方のポイント!先輩ママたちが愛用するゴミ箱

赤ちゃんにとって、おむつは必需品です。赤ちゃんは可愛いけれど、おむつの臭いはやっぱり気になりますよね。「おむつ専用のゴミ箱を買ったほうがよいのかな?」と悩むママも多いのではないでしょうか?こちらではおむつ専用ゴミ箱の必要性や、コスト面、どんな種類があるのかなども含め紹介していきます。

おむつ用ゴミ箱は必要?どんな種類がある?

臭いが気になるなら専用ゴミ箱を用意しよう

生後まもない新生児は、1日に何度もおしっことうんちをします。毎日のおむつ交換は欠かせません、中には布おむつも使用しているご家庭も増えているようですが、紙おむつを使用しているご家庭が大半ではないでしょうか?

紙おむつを捨てる際、必要となるのがゴミ箱ですね。出産準備をするなかで、ママが悩むアイテムの一つではないでしょうか。

新生児の頃は、おむつを捨てる回数も多くゴミ箱がたまってくるとゴミ箱の蓋を開けるたびに臭いが部屋に充満したりします。特に仕事などで赤ちゃんと接する機会が少ないパパにとっては、おむつの臭いがたえられないパパもいるようです。

どうしてもおむつの臭いが気になるママやパパには、おむつ専用のゴミ箱を用意されることをおすすめします。

消臭抗菌効果の高いカートリッジタイプ

おむつ専用のゴミ箱も、さまざまな種類が販売されています。

その一つが「カートリッジタイプ」のゴミ箱です。カートリッジタイプのゴミ箱は、専用のゴミ袋が必要となります。使用済みのおむつを、一つずつ包み込み処理するタイプのゴミ箱です。

カートリッジタイプは、専用のカートリッジが必要になるため多少ランニングコストがかかるのがデメリットではありますが、それより消臭抗菌効果の高さをとるならばおすすめです。密封性が高いので、臭いを気にせず過ごすことができます。

メーカーによって蓋が二重構造になっているものや,おむつを丸めて押し込むタイプのものなど機能が違います。ゴミ箱のサイズなど、密封性が高く使いやすいものを選ぶのがポイントです。

市販のゴミ袋で簡単に捨てられるタイプ

カートリッジタイプのおむつ専用ゴミ箱は消臭抗菌効果があって、機能性も高くてよいけれどやっぱりランニングコストがかかるのがちょっと、というご家庭には市販のゴミ袋でも使用可能なおむつ用ゴミ箱がよいでしょう。

3人の子どもをもつ先輩ママの話では、日々のおむつ代とカートリッジ代となると費用がかかるため市販のゴミ袋で簡単に捨てられるタイプのゴミ箱を使用していたそうです。

カートリッジタイプのゴミ箱ほどの消臭抗菌効果は期待できないかもしれませんが、先輩ママの場合は十分に重宝したそうです。臭いもほとんど気にせず過ごすことができたと話されていました。

密封性が高いゴミ箱もありますので購入する前にご夫婦で相談し、ご家庭のご負担のならないゴミ箱選びをしましょう。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

おむつ用ゴミ箱を選ぶときのポイントとは?

部屋のインテリアや広さに合うデザイン

おむつ専用のゴミ箱を購入するとき、カートリッジタイプにしようか?市販のゴミ袋でもOKなタイプにしようか?と悩む前にまず考えなくてはならないことはゴミ箱のサイズです。

大抵はおむつ交換をよく行う場所、すぐに捨てやすい場所にゴミ箱を置きますよね。

部屋の広さにあうゴミ箱を選ぶことがポイントです。またゴミ箱をどこかの隙間などに置く予定であれば、あらかじめメジャーなどで測っておくと後悔することはありません。

また、インテリアなども考えたデザインも考えて購入することもポイントです。デザインを重視するママも多く、おむつ専用にこだわらず様々なデザインがあってほかの用途にも使える蓋つきのバケツタイプといったゴミ箱も選ぶご家庭も多いようです。

消臭効果や抗菌作用、密閉性が高いもの

おむつ専用ゴミ箱をおく場所が決まれば、後はどのようなゴミ箱があるのか事前にインターネットなどでメーカーや種類など調べておくとよいでしょう。

メーカーによってサイズの違いやデザインはもちろんのこと、機能もそれぞれ違ってきます。何個か候補を決めておいて、実際お店で比べてみてはいかがでしょうか?

せっかくおむつ専用のゴミ箱を購入するのでしたら、まず機能性・密封性に優れたものを購入するほうがよいですよね。

新生児の頃は、おむつ交換を何度もおこなうためゴミ箱がすぐいっぱいになります。特に暑い夏は臭いと衛生面が気になります。おむつ専用のゴミ箱を購入するのでしたら、密封性が高く、消臭効果や抗菌作用のあるゴミ箱を選びましょう。

コストを含め長期的な視点で選ぼう

防臭・消臭効果や密封性を重点に考える場合は、やはり専用カートリッジの必要なおむつ用ゴミ箱がおすすめです。ただ、ゴミ箱本体の価格は割りと安くつきますが、専用のカートリッジが必要となるため定期的にカートリッジ代がかかることになります。

市販のゴミ袋を使用するタイプは、逆にゴミ箱本体の値段が高いものもありますが市販のゴミ袋を使用でき、サイズさえ合えばスーパーの袋でも対応できるゴミ箱もあります。最初は多少コストがかかりますが、ランニングコストはかかりません。

おむつ交換は毎日の処理、2~3歳ころまではおむつ交換が続きます。機能や見た目、ランニングコストなど、多角的、長期的な視点でおむつ用ゴミ箱を選ぶことがポイントです。

先輩ママも実際に愛用するおすすめのゴミ箱

強力消臭おむつポット「におわなくてポイ」

カートリッジタイプのおむつ専用ゴミ箱では、アップリカの「におわなくてポイ」を愛用しているご家庭が多いようです。使いやすく便利だと評価が高いおむつ用ゴミ箱です。

専用のゴミ袋フィルムには「ケスクリーン」が配合されていて、消臭・抗菌・防臭効果があり、衛生面では心配せずに使用できます。3層防臭フィルムの「トリプルバリア」がにおいを封じ込めてくれるので消臭効果は抜群です。

おむつを捨てるときも、蓋をあけておむつをぎゅっと押し込むだけなので手軽に使用することができます。

専用カートリッジタイプのゴミ箱の中では、購入時にかかるコストは安く済みます。また、初めについてくる専用カセットを使用後は、カセットの芯を使用して市販のゴミ袋でも使用できるそうです。
29 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事