就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

車内での赤ちゃんとの過ごし方とは?事前準備をして快適に過ごそう

車内での赤ちゃんとの過ごし方とは?事前準備をして快適に過ごそう

赤ちゃんとのお出かけは、車での移動が便利ですよね。ママにとっては時間やタイミングを自由に調整できるので、焦らずにすみます。ですが、もし車内で赤ちゃんがぐずったりしたら、慌ててしまいますよね。パニックにならないように、車内の環境を事前に確認して、赤ちゃんのぐずり対策を練っておきましょう。

赤ちゃんと過ごす車内を快適にする準備とは

車内での使いやすさを考えて荷物を乗せよう

車に荷物を乗せるとき、そのまま席に乗せたり、トランクにすべて積み込んだりしていませんか?これだと必要な物を取るときに、どこにあるのかわからなくなってしまいますよね。トランクに積んでしまうと、停車しないと取れません。

車に荷物を乗せる場合は、車内での使いやすさを優先的に考える必要があります。

まず第一に考えたいのが、赤ちゃんのお世話グッズです。チャイルドシートのそばや、ママの手の届くところに置いておきましょう。

次に飲み物や赤ちゃんのおやつです。カバンに入れっぱなしだと、パパに渡すときも大変です。あらかじめ出しておき、運転席のドリンクホルダーに入れておきましょう。

お金が必要なときにさっと渡せるように、お財布は手元に出しておくとよいですね。

温度や車窓からの日射しを調整しよう

車内はとても熱がこもります。赤ちゃんは体温が高く、暑い場所が苦手なので、熱くなった車に乗せると不機嫌になり泣いてしまうことがあります。赤ちゃんを車に乗せるときは、車内の温度に注意が必要です。

車は事前にドアをすべて開けて風を通しておくと、車内の熱気が解消されます。それからクーラーをつけて車内の温度を下げることで、早めに涼しくなり、赤ちゃんを乗せやすくなります。

見落としがちなのが、車窓からの日射しです。車を日の当たる場所に駐車すると、日射しで車内の温度はぐんと上がります。季節によっては注意が必要です。

車を駐車するときは、フロントガラスに専用のサンシェードをつけて、日射しによる温度上昇を抑えましょう。

授乳やおむつ替えができる場所の事前確認も

赤ちゃんはどんなときでもお世話が必要です。赤ちゃんがぐずり始めたら、何かのサインです。すぐにでもお世話をしてあげたいですが、走行中にチャイルドシートから降ろすことは危険です。移動中でも立ち寄れる、授乳やおむつ替えポイントを事前に確認しておきましょう。

目安にしたいのは、デパートや大きなスーパー、駅ビルなどの商業施設です。長距離の移動で高速道路を使うなら、サービスエリアやパーキングエリアです。

授乳室やおむつ替えのスペースだけでなく、調乳できる設備や、離乳食用に電子レンジが設置してある場合もあるので、立ち寄り先のホームページなどでしっかりチェックしておきたいですね。

一度車から降りることで、ぐずる赤ちゃんの気分転換にもなりますよ。

快適に過ごすのに最適なグッズの紹介

運転席からも確認できるバックシートミラー

月齢の低い赤ちゃんのチャイルドシートは、運転席からは顔が見えない向きに設置してありますよね。赤ちゃんが今、何をしているかな?と気になりますし、赤ちゃんもママが見えなくて、不安で泣き出すことがあります。

そのたびに停車していては、お出かけどころではありませんよね。そこで、運転席から赤ちゃんの様子を確認できる、バックシートミラーを取り付けてみてはいかがですか?

バックシートミラーとは、チャイルドシートを乗せている後部座席の、ヘッドレストの部分に設置する鏡です。運転席からはルームミラーを使って、合わせ鏡の要領で赤ちゃんの様子を確認できます。

赤ちゃんはバックシートミラーごしにママの顔を見られるので、ママが見えない不安も解消できますよ。

熱中症対策になるシェードや保冷シート

赤ちゃんの体はチャイルドシートで固定されていて、身動きがとれません。じっとしていることで熱がこもりやすく、熱中症にかかる可能性もあります。「暑い」といえない赤ちゃんのために、熱中症対策をとりましょう。

チャイルドシートを快適な温度で使用するには、保冷シートがおすすめです。赤ちゃんが座る面に付けるシートで、柔らかい保冷剤をセットして使います。頭や背中にセットできる物が多く、座席がひんやりとするので、暑がりな赤ちゃんもこれなら快適に過ごせます。

チャイルドシートのある窓には、UVカット効果のあるサンシェードがおすすめです。強い日射しや紫外線から赤ちゃんを守ってくれるので、熱中症を防ぐ効果があります。

車内を整理整頓できる収納グッズ

車内を快適にするには、整理整頓が大事です。使いやすいように出した物も、ごちゃごちゃだとかえって使いづらくなります。収納グッズを使って上手に整理整頓しましょう。

まずは赤ちゃんがいる、チャイルドシートのまわりです。車内での退屈を解消するためのおもちゃは、かごなどに入れてそばに置いておきましょう。

次にママが座る後部座席です。前の席の背面に、中身が見えるビニール製のかばんや、車専用のオーガナイザーを取り付けておきましょう。そこには赤ちゃんの飲み物やおやつ、ゴミ袋を入れておくと、必要なときにすぐ取り出せます。

家族みんなで使うティッシュは、車の天井に付けてみてはいかがですか?両面テープで固定したり、磁石でくっつけてもよいですね。

もし車内でぐずりはじめてしまったときは

お気に入りのおもちゃを渡してみよう

初めはニコニコしていても、次第にぐずりだしてしまう赤ちゃんも多いと思います。そんなときは慌てずに、用意していたおもちゃを使ってあやしましょう。

お気に入りのおもちゃと、まだ見たことのないおもちゃの二パターンあると、ご機嫌が取りやすくておすすめです。

少しぐずってきたかな?と感じたら、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを渡してみてください。いつものおもちゃを手にすることで、赤ちゃんは安心することができます。

どうしてもぐずりがひかないときは、まだ見たことのないおもちゃを渡してください。安い物や、手作りの物でよいです。「これなーんだ?」と声をかけて、隠しながら見せることで興味を引いてください。赤ちゃんがほほえんだら大成功です。

音楽をかけたり歌をうたってみよう

寝かしつけに子守唄をうたったり、オルゴールの音楽などをかけるママ、いませんか?これは車内のぐずり対策にもよく効きます。

赤ちゃんが好きな曲や、毎日聞いている曲をかけてみてください。ぐずっていても、音楽が耳に入ってくるとぐずりがピタッと止む場合があります。

歌をうたうこともよいですよね。手遊びができる歌は、一緒に遊べるのでおすすめです。ぐずりを早めに解消するには、ママが赤ちゃんと一緒になって遊ぶことが大切です。

もちろん、赤ちゃんの好きな音楽がわからない場合がありますよね。そんなときはママが好きな音楽や、歌をうたってみてください。ママがリラックスした気持ちでぐずりと向き合うことも、ぐずり解消の近道です。

泣き止まない場合は一度停車してみよう

どんなにがんばっても、赤ちゃんは泣いてしまうものです。困ったときは一度停車し、赤ちゃんを抱っこして落ち着かせてみてください。

おむつが濡れていたり、体が汗ばんでいると、不快感から泣き出すことがあります。赤ちゃんの状態をチェックして、泣いている理由を探してみましょう。

授乳したり、ミルクを飲むと落ち着くことがあるので、停車している間に済ませましょう。

ここで注意しておきたいのが、必ず停車する、という点です。赤ちゃんが泣き止まないと、すぐにでもチャイルドシートから降ろして抱っこしたくなりますよね。ですがこれによって思わぬ事故に遭遇した場合、赤ちゃんがけがをしたり、最悪の場合は死に至る危険があります。

停車した車内でゆっくりお世話をしてくださいね。

まとめ

赤ちゃんとのお出かけは、どんなときでも対策が必要です。お出かけを失敗で終わらせないように、しっかりと事前に準備しておくことで、ママの負担は軽くなります。

車内でぐずりだしても、赤ちゃんは泣くのが仕事なんだと、割り切る気持ちも大切です。あれもこれもやらなきゃ…と思い詰めると、ママだって疲れてしまいますよね。

ママが快適に過ごせる車内は、赤ちゃんにとっても快適な車内です。

パパの助けを借りながら、赤ちゃんと楽しくお出かけしてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR