就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳になって夜泣きが始まった!イライラしない夜泣き対処法

1歳になって夜泣きが始まった!イライラしない夜泣き対処法

せっかく寝かしつけたのにまた起きてしまった…。子どもの夜泣きはとてもつらいですよね。育児をしているママにとっては大きな試練といえるでしょう。つらい夜泣きにもいつかは終わりが来るものですが、やはり睡眠不足は心身ともに参ってしまいます。今回はおもに1歳の夜泣きの理由や対処法などをご紹介していきます。

1歳で再び夜泣き?夜泣きはいつからいつまで?

夜泣きは生後4カ月からが多い

生後まもなくの赤ちゃんは、体内時計がまだ不安定なため「夜は眠るもの」という感覚がなく、昼夜を問わずに泣き出してしまいます。この、生後まもなく夜にぐずってしまう状態は「夜泣き」というよりは「寝ぐずり」といい、眠いけれどうまく眠りに入れないため起こるといわれています。

本格的な夜泣きは、生後4カ月ごろからが多いといわれています。赤ちゃんが泣く理由はおもに「お腹が空いた」「おむつがぬれて気持ち悪い」といったものですが、このような生理的な理由のほか「不安、さみしい」などの心理的な理由も挙げられます。

明確な夜泣きの原因は分かっていないことが多く、様々な努力をしてもなかなか赤ちゃんが泣止んでくれないので、世の中のママ・パパたちは頭を抱えているのですね。

1歳になって夜泣きが再開

この夜泣きというのはいつから始まっていつ終わりがくるのかもかなりの個人差があり、生後4カ月ごろから始まり、終わりが1歳半から長くて2歳ごろまでとあいまいです。

そして、夜泣きがしばらく治まっていたと思ったらまた再開して…といったことも起こります。「毎日朝まで寝てくれるようになった」と思いきや、また夜にぐずり出すことが続くようになると、ママも相当がっくりきてしまうでしょう。

1歳を過ぎてからの夜泣きの原因は、生えかけの歯のせいでムズムズするといったもののほか、日中の活動にあるとも考えられています。1歳となると0歳のときと比べ、行動範囲が広まるため、昼間の活動が活発になります。この昼間の活動が脳への刺激となり、夜泣きにつながるといわれています。

大人の睡眠と1歳の睡眠の違い

そもそも、子どもと大人では同じように眠っていても睡眠のサイクルに大きな違いがあります。

眠りの周期に「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があることはご存じでしょうか。「レム睡眠」というのは眠っていても脳は働いている状態をさし、おもに夢を見るのはレム睡眠のときといわれています。反対に「ノンレム睡眠」は脳の一部も休んでいる深い眠りの状態をさします。

大人の場合レム睡眠とノンレム睡眠が90分ごとに入れ替わり、それを眠っている間に4~5回繰り返します。ところが乳幼児の睡眠サイクルはまったく異なり、レム睡眠の割合が多いため、眠りが浅くすぐ起きてしまいやすいのです。

また大人で必要な睡眠時間は7~9時間ですが、1歳では11~14時間が理想的といわれています。

1歳からの夜泣きの原因は成長したから?

日中たくさん遊んだから

わが子が生まれてから今までとくに夜泣きがなく、順調かと思いきや1歳で急に夜泣きが始まるといったことは、実はよくあることなのだそうです。

「1歳になって夜泣きが再開」の章でも触れましたが、この年ごろの夜泣きは日中の活動によるところが大きいようです。

1歳になるとできる遊びも増えてくるので、親としては子どもが喜ぶことはなんでもしてあげたくなりますよね。また、幼いうちに新しいことにチャレンジさせたいという考えがあることもうなずけます。

しかしこのように「子どもが喜ぶから」と激しく遊びすぎたり、年齢に不適切な経験をさせすぎたりといったことを重ねると、子どもの脳は経験を処理しきれなくなります。その結果、夜に興奮状態となり夜泣きに発展してしまうのです。

お布団が暑い、寒い、気持ち悪い

意外な理由かと思いますが、毎日使っている寝具が気に入らずにぐずってしまうということも、夜泣きの原因であったりします。これは、けっして高級な布団を使うようにといった意味ではないのでご安心ください。

子どもは大人に比べて新陳代謝が活発ですね。体温も高めで汗もかきやすくなっています。大人が「今日は寒いから」といって布団や毛布を多めに用意していると、それがかえって子どもにとっては暑すぎて不快に感じてしまうことがあります。

これはパジャマにもいえることで、厚着または薄着により汗だくになってしまったり寒すぎて眠れなくなってしまったりといったこともあります。

子どもの様子をよく見て、布団や着ているものを調節したりと、気持ちよく眠れる環境を整えましょう。

実は睡眠障害?夜驚症

夜泣きとよく似ているのですが、夜驚症(やきょうしょう)という睡眠障害が隠れているケースもあります。夜驚症とは恐怖などで夜中に突然飛び起きて、泣き叫んでしまうことをいいます。

夜泣きとどのように違いがあるのかというと、夜泣きはレム睡眠(浅い眠り)のときに起こりますが、夜驚症はノンレム睡眠(深い眠り)のときに起こります。脳が一部を除いて休眠しているため、泣き叫んでいる最中に声をかけても反応がなく翌日もケロッとしている(覚えていない)といった様子です。

原因は子どもの生活環境や性格によりまちまちで、いまだにわかっていない部分が多くあるそうです。ママ・パパは子どもが泣き叫んで暴れていても、どっしりと落ち着いてかまえることが大切です。

夜泣きとは違う、寝言泣きとは?

寝言泣きはしゃべれないから泣いている

大人でも夜眠っていて寝言をいうことはあると思いますが、赤ちゃんでも同じように寝言を発しているときがあるのです。

寝言は眠りの浅いレム睡眠のときに発せられます。レム睡眠のとき、脳は働いている状態であり、日中の経験や過去の記憶を整理してストーリーを組み立てています。このストーリーが夢です。大人も子どもも、夢を見ていたり、寝ぼけていたり、あるいは恐怖や興奮状態など何らかのストレスがあるときに寝言が出やすくなります。

ただし、赤ちゃんはもちろんまだ上手にお話ができないため、夢の中で何か言葉を発していたとしてもそれが「泣くこと」になってしまうというわけです。夜に泣かれると「夜泣きだ」と思ってしまいそうですが、実は寝言泣きということもあるのですね。

夜泣きと寝言泣きを見分ける方法

確実にとはいえないのですが、夜泣きと寝言泣きを見分ける方法もあるようです。

寝言泣きは夢を見ている状態に多いので、レム睡眠のときに起こっていると考えられます。大人と乳幼児では睡眠のサイクルが違っているというお話もありましたが、1歳児ではレム睡眠とノンレム睡眠の入れ替わりが大人よりも早いサイクルになります。

大人がおよそ90分で入れ替わるところを、乳幼児の場合は50~60分と、短いサイクルでの入れ替わりとなります。

子どもが眠り出して60分ほどで泣き出す、また眠っているとき、だいたいこのような時間によく泣き出してしまうようであれば、レム睡眠のときに夢を見て寝言泣きをしている可能性が高いと思われます。

夜泣きとは違う寝言泣きの対処法

ここまでのお話で、夜泣きと寝言泣きは違うものということが分かってきたかと思います。そうなると、子どもが泣き出してしまったときの対処法も違ってきます。

子どもが夜に泣き出してしまったら、普通は泣き止ませようとあれこれ手を出しますよね。おっぱいをあげたり、おむつや部屋の温度などを確かめたり、抱っこをして安心させてあげたりすることもあるでしょう。

しかし寝言泣きは夢を見て寝ぼけているため、へたに手を出して起こすと逆に赤ちゃんの機嫌を損ね、結果として夜泣きへ発展してしまうこともあります。

寝言泣きはしばらくすると泣き止んで自然とまた眠りに入ることが多いため、あまり手を出さずに泣き止むまではなるべくそっと見守るようにしましょう。

夜泣き対策とおすすめ夜泣きグッズ

日中の過ごし方を見直そう

夜泣きをせずにぐっすり質のよい睡眠をとってもらうためには、日中の過ごし方を見直してみましょう。

まず、朝はなるべく早めに7時には起こしてあげるとよいでしょう。ママ自身、夜泣きなどで寝不足の身にはつらいかもしれませんが、お子さんを朝早く起こして太陽の光を身体に取り入れることで体内時計がより正常になり「夜寝て、朝起きる」リズムが作りやすくなります。

次に、ぐっすり眠るにはほどよく疲れていることも大切です。午前中の時間帯に身体を思いきり動かせる遊びをしましょう。公園などでの外遊びはもちろん、室内で体操もおすすめですよ。

お昼寝はあまり遅くなってしまったり長く寝過ぎてしまったりすると夜に響くため、夕方5時以降はとらせないようにしましょう。

寝室の環境を見直そう

次に普段お子さんが眠っているお部屋をもう一度見直してみましょう。

寝室環境の基本は「暗く、静かであること」です。大人でも明るくうるさい場所ではよく眠れないと思いますが、子どもはさらに敏感に色々な気配を察知しますので、少なくとも眠る30分前にはテレビを消し寝室を薄暗くするなど「これから眠るんだな」と子どもに分かりやすく示して、習慣づけてあげるとよいでしょう。

暗い部屋ではママとのイチャイチャタイムをもうけましょう。激しい遊びをしなくても、手を握ったり抱っこをして横になったりスキンシップをとると子どもも安心して眠りに入りやすくなります。

ちなみに、眠る前にスマートフォンなどを見せると、画面の明かりで目が冴えてしまうので注意しましょう。

おすすめの夜泣き対策グッズ

子どもによっては、何かしらのグッズが夜泣きに効果を発揮することもあるかもしれません。どのようなグッズがあるのかをご紹介します。

子どもが不安で夜泣きをする場合、ママの胎内にいたころに近い環境を作ると安心をするそうです。そのため、丸まった姿勢で抱っこができるスリング(抱っこひも)や、胎内音が流れるぬいぐるみ、枕などがおすすめです。

また、安眠やリラックス効果のあるベビー用のアロマオイルを、子どものお気に入りのぬいぐるみや毛布にたらすといった方法もあります。

絵本も、眠る前に読み聞かせをすることでスムーズに入眠できるものがありますね。子どもが興奮しないようなやわらかな絵柄の、やさしいストーリーのものがよいでしょう。

夜泣きを放置して見守ってみよう

海外では夜泣きという言葉がない

赤ちゃんが泣くことは全世界共通ですが、「夜泣き」という概念が海外にないというのはご存じでしょうか。夜泣きは日本だけの言葉といわれています。

アメリカでは、赤ちゃんと両親が一緒に眠ることをせず、赤ちゃんには両親の寝室とは別に子ども部屋が用意され、そこで1人で眠る練習をすることになります。早い段階で子どもの自立性を育てるため、多少泣いてもそのまま寝かせておきます。

またフランスでは「赤ちゃんの睡眠サイクルは大人よりかなり短い」とされ、赤ちゃんが夜中に起きて泣くのは「睡眠サイクルを長くするための練習中」と考えられています。

どちらにも共通しているのは、赤ちゃんの泣きを自然のままに受け止め、無理に泣き止ませようと手を出さずに見守るという点です。

夜泣きを放置するメリットデメリット

夜泣きには確実に「これ」といった原因がないため、泣き止ませることは大変ですよね。そこで、あえて夜泣きに対し「何もしない」という方法を取ることもできます。

夜泣きをする赤ちゃんは、眠ろうとしてもうまく眠れずにぐずっていることがあります。寝かせようとへたに世話を焼くと逆に赤ちゃんの入眠を妨げることになってしまったりしますよね。この方法は、赤ちゃんが自分自身で上手に眠れるすべを身につけてくれるというメリットがあります。

デメリットとしては、夜泣きの放置によりサイレントベビー(泣かなくなってしまう子)になってしまわないか、周りへの騒音の心配、子どもを放置することへのママの罪悪感などがあります。

夜泣きを放置して落ち着かせる方法

ここまで「放置」と表記してきましたが、この方法は泣いている子どもをそのままほったらかしというわけではなく、正確には「手を出さずに子どもが泣き止んで自然に眠るまで見守る」というスタイルです。日中も赤ちゃんを無視をするなど極端な放置でない限り、サイレントベビーのようなことにはめったになりませんのでご安心ください。

お子さんが泣き始めたら、安心させるためにやさしく声をかけたり体をトントンしてあげたりということもありますが、ずっと抱っこをしたり泣き止むまでかまい続けたりしなければいけないということはありません。

よほどひどい泣き方をしていれば体調不良も考えられますが、おむつや空腹が原因でないようでしたら、5~10分ほど泣かせておいて様子をみましょう。

まとめ

今回は夜泣きについて、考えられる原因や対策、海外の夜泣き事情などをご紹介してきました。

これだけ情報にあふれた現代でも、夜泣きについてはまだまだ解明されていない未知の部分が多く、まさに育児の悩みの永遠のテーマといえるでしょう。

かわいいわが子といえど、夜中に何度も起こされてしまってはママも参ってしまいますね。

つらい夜泣きを乗りこえるには、まずママ自身のメンタルがとても大切です。悩みは1人で抱え込まずに、パパなど身近な家族を巻き込んで休み休み少しずつ歩んでいきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018