就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

岩盤浴で汗を流そう!効果的な入り方や託児つき岩盤浴施設を紹介

岩盤浴で汗を流そう!効果的な入り方や託児つき岩盤浴施設を紹介

岩盤浴はご存じでしょうか?一般的なサウナとの違いや、岩盤浴に入浴するとどんな効果が期待できるのかなどをまとめました。ママに嬉しい託児つきの岩盤浴施設もいくつか紹介してあります。入浴する際の注意点に気をつけて定期的に通えば、冷え性改善や美肌に効果が期待できますよ。

ママの美容と健康、ストレス解消に岩盤浴!

岩盤浴の効果について知ろう

岩盤浴は、湿度が高いムシムシしたお部屋で、温めた石の上に寝転がり、体を芯から温めて、全身から発汗させるものです。

岩盤浴にはいろいろな効果があります。どんな効果があるのでしょう。

【デトックス効果】体を芯から温めて全身から汗をかくことで、日ごろ体にたまっている毒素を汗と一緒に体の外に排出します。

【冷え性改善】岩盤浴は体を芯から温めるので、繰り返すことで代謝がよくなり冷え性を改善できます。

【ダイエット効果】岩盤浴をすることで、すぐにダイエット効果が表れるということではありませんが、体の芯を温めることで代謝機能がよくなります。代謝がよくなるということは体内環境も改善してくるので、痩せやすい体を作ることができます。

岩盤浴とサウナの汗のちがい

汗をかくなら、サウナだって同じように全身汗をかきます。岩盤浴との違いは何なのでしょう。

汗は「汗腺」と「皮脂腺」から出ることはご存じでしょうか。通常のベタベタした汗は「汗腺」から出ます。じっくりと体を芯から温めて、じんわりとかく汗は「皮脂腺」から出ます。

サウナは岩盤浴と違い、体を外側から熱くして汗をかきます。これは、サウナの熱気で高くなった体温を下げるために汗をかくので、サウナの汗は「汗腺」から出ます。

岩盤浴でかく汗は「皮脂腺」から出る汗です。「皮脂腺」から出る汗も最初は不純物も含まれているためベタベタしていますが、岩盤浴などで繰り返し汗をかくことで、不純物が少なくなっていき、結果、サラサラした汗をかくようになるのです。

岩盤浴の汗は流さない方がよい

岩盤浴に入った後の汗は洗い流さないほうがよいといわれます。なぜなのでしょう。

体の芯から温められてかく岩盤浴での汗は、雑菌が少ないサラサラとした汗です。最初の方にかく汗とは違い、じっくりと体が温められてから最後の方にかく汗は、保湿効果のある新鮮な油分を含んでいます。

そして、汗腺と同じように皮脂腺も活発になるので、酸化されていない上質な皮脂が出ます。よい汗とよい皮脂が出ることで、入浴後の汗などは天然の化粧水や、天然の保湿クリームといわれるのです。

入浴後は軽く汗をタオルでふきとって、あとは自然乾燥させるのがよいでしょう。どうしても汗を洗い流したい人は、石けんなどでしっかり洗い流すのではなく、シャワーで軽く流す程度にするとよいでしょう。

ママ必見!岩盤浴の効果的な入り方

入る前や途中の水分補給を忘れずに

ご存知のとおり、岩盤浴ではたくさん汗をかきます。適度の水分を補給しないと脱水症状を起こしてしまうかもしれませんので、入る前には必ず水分補給をしましょう。

水分補給の際、飲み物の温度には気を付けてください。冷えているものを飲むと心臓に負担がかかり気分が悪くなることもあります。できれば常温のもの、もしくは白湯などを飲むようにしましょう。

入る前だけではなく、途中にも必ず水分補給をしてください。汗をかくことで体に必要な水分やミネラルが奪われます。水分、ミネラルが不足すると、貧血のような状態になり、倒れてしまうこともあります。

常温のミネラルウォーターに少しの塩分を加えたものや、スポーツドリンクなどを飲み、忘れずこまめに水分補給をするようにしましょう。

まずは低めの温度から体を慣らす

一般的なサウナと比べて岩盤浴は、温度は低く湿度は高いです。岩盤浴には温度の基準というものはありません。

たいていの岩盤浴は室温が40℃から55℃に設定されていますが、なかには早めに発汗させて、利用者により効果を感じてもらおうと、室温をもっと高く設定しているところもあるようです。

まずは、低温の岩盤浴に入って体をならすようにしましょう。最初から高温の岩盤浴に入浴すると、気持ちが悪くなったりすることもあります。

低温の岩盤浴に入ったら、タオルを敷いてまずはうつぶせで5分から10分横になります。次に仰向けで10分ほど横になった後、5分ほど外に出て休憩をします。これを1セットとして3セットほど繰り返すのが、一般的な岩盤浴の入浴方法です。

深呼吸をして自律神経を整える

岩盤浴中は、うつぶせだったり仰向けだったり、横になっていることが多いです。そのとき、呼吸法に気を付けると、さらに効果があがるそうです。

岩盤浴中は、できれば、鼻からゆっくり息を吸い口からゆっくりと吐き出し、呼吸を長めにすることを意識してみましょう。このような呼吸をすることで、体がリラックスするという効果もありますし、自律神経を整えることができ、より効率的に体を温めることができます。

さらに腹筋を使うことを意識して呼吸をすると、ちょっとした運動にもなって、ダイエット中の方には一石二鳥ですよ。

通常生活している状態よりも、温度も湿度も高い場所での呼吸なので、長めに呼吸をすることは難しいかもしれませんが、少しずつ、できる範囲で試してみてください。

ママに体験してほしい岩盤浴施設3選

無料託児あり!日本最大級の東京岩盤浴

小さい子どもを育てているママにおすすめしたい岩盤浴の施設を、いくつか紹介します。

まず一つ目は、東京の阿佐ヶ谷にある「東京岩盤浴」です。キッズルームが完備されていて、1歳7カ月から小学校就学前の子どものシッターサービスが受けられます。施設利用者であれば、平日のみ2時間までシッターの料金がなんと無料です。

そして利用料金がリーズナブルです。施設も清潔ですし、衛生管理もしっかりなされています。汗を流した後はラウンジでフレーバーティーのサービスもあります。

女性専用や、男女共用、VIPルームなど利用方法もさまざまで、パパと男女共用で一緒に入浴もできるので、一度ホームページをチェックしてみてください。

託児やイベントが充実!奈良健康ランド

関西では、「奈良健康ランド」がおすすめです。露天風呂などの入浴施設のほか、バイキング料理を食べながら、吉本新喜劇をみることもできる、温泉テーマパークです。

ここの岩盤浴は、なんと324円で1日何度でも入浴できます。女性のみ入浴できる珍しい岩盤浴もあります。

ちょっとおもしろいサウナもあります。スノーサウナといって、岩盤浴やサウナなどでほてった体に、心地よい冷気がクールダウンを促します。自律神経への働きがおだやかなのが特徴です。女性専用なので、ママも安心して利用できますね。

小さな子ども連れの方に便利な託児所が設置されています。屋内レジャープールもあり、はしゃキッズという親子で遊べる屋内巨大エア遊具場もあります。大人も子どもも楽しめる施設ですね。

託児ありの岩盤浴ホットヨガin高松

四国にある「サンエメリー」には、岩盤浴ホットヨガという教室があります。岩盤浴をしながらヨガを行います。子育て中のママは、託児付き岩盤浴ホットヨガはいかがでしょうか。

子どもは託児室の先生におまかせして、その間ママは岩盤浴ホットヨガでリフレッシュできます。託児付きの岩盤浴ホットヨガは、第2、第4金曜日の10:00から11:30、開催されています。

通常の岩盤浴ももちろんありますし、サンドバスという、特殊な加工をした砂のお風呂や、オリジナルトリートメントのエステルームなどもあって、日ごろの疲労をリフレッシュできそうですね。

第2、第4金曜日は託児ルームを利用できるので、小さい子どもがいるママも、安心して利用できますよ。

まとめ

岩盤浴は、デトックス効果や美肌効果、ダイエット効果など、ママにも嬉しい効果が期待できることはお分かりいただけましたか?岩盤浴は一般的なサウナと違って、低温でじっくり、体を芯から温めて汗を出すので、運動以外で汗をかきたいときなど、一度試してほしいと思います。

水分補給や休憩の取り方など、入り方に注意をし、週2~3回くらいを目安に通うと、日ごろのストレス解消や美肌に効果が期待できます。子どもが一緒でも気軽に通える託児のある施設もあるので、ご自分の体調に合わせて、デトックスしてみませんか?

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018