就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

これはすごい!赤ちゃんが笑う、喜ぶ、泣き止むおすすめの音楽

これはすごい!赤ちゃんが笑う、喜ぶ、泣き止むおすすめの音楽

お腹も空いていないし、おむつも汚れていないのに、赤ちゃんが泣き続けてしまうこともありますよね。そんなときは、音楽を聞かせてみてはいかがでしょうか?「ぐずっている赤ちゃんが泣き止む!」と評判の音楽やアプリなどを紹介しますので参考にしてくださいね。

ズバリ!赤ちゃんが笑う音楽をご紹介

これが定番。赤ちゃんに大人気の曲

赤ちゃんに大人気の定番といえば、アニメ「となりのトトロ」の曲ではないでしょうか。泣いていても「トトロ」の曲がかかると泣き止む赤ちゃんは多いでしょう。優しいメロディなので聞いていると親子で気分が落ち着いてきますね。

アニメでは、「となりのトトロ」という題名の曲のほかに、「あるこう、あるこう~」で始まる「さんぽ」の曲も出てきます。「トトロ」の曲は、どちらも可愛くて親しみやすいですね。聞いていると泣いている赤ちゃんの心も落ち着いて笑顔になってゆくと思いますよ。

「トトロ」の曲は、CDやYouTubeなどでもいろいろな楽器で演奏されています。オルゴールで流れる「トトロ」の曲は澄んだ音色なので、より一層気持ちが安らぐでしょう。

赤ちゃんがお気に入りのCM曲

CMで使われている曲を流してみると、赤ちゃんが泣き止むこともあります。聞き覚えのある曲が流れてくると、つい耳を澄ませてしまいますね。CMの曲は、YouTubeなどでもかけることができるので便利です。

ムーニーのCM曲をかけると泣き止む赤ちゃんは多いものです。乳幼児やキャラクターのムーニーちゃんが登場するので、一緒に遊びたいと思うのかもしれません。テレビの画面に近寄っていく赤ちゃんもいますね。

「ムーニーちゃんのおまじない」という曲は、赤ちゃんが泣き止むと評判です。ムーニーのホームページによれば、実際に「多くの赤ちゃんが泣き止んだ」という検証結果がでているそうです。赤ちゃんが泣き止んでくれないときに試してみてくださいね。

やっぱりママ、パパの歌声が一番

CDやYouTubeの音楽は音質もよく楽しいものですが、赤ちゃんが一番好きなのはやっぱりパパやママの歌声ですよね。

赤ちゃんはお腹の中にいたときから、ママやパパの声を聞いています。そのため、生れてきてもママやパパの声を聞くと安心するでしょう。

赤ちゃんが好きなテレビ番組の曲や、ママやパパが小さいころから口ずさんでいる曲など、どんなものでも大丈夫です。ママやパパが楽しそうに歌っていると、赤ちゃんの心が安定して泣き止んでくれると思いますよ。

子育てで疲れていても、歌っているとママやパパも楽しくなってくるでしょう。ママやパパが楽しそうに歌ってリラックスすれば、赤ちゃんの気持ちも落ち着いてくることでしょう。

赤ちゃんが好きな音楽の特徴はある?

繰り返しの歌詞が多い

赤ちゃんは繰り返しが大好きです。「いないいないばあっ!」の遊びなどでもわかるように、同じことを繰り返すたびに、声を上げて笑ってくれますよね。歌も同じです。繰り返しの歌詞が多ければ、赤ちゃんが喜んでくれるでしょう。

「エビカニクス」の曲は、繰り返しの歌詞が多くて、リズムもいいので赤ちゃんに大人気の曲です。「いったいエビとカニが何回出てくるの!?」というくらい、最初から最後まで同じ歌詞なのですが、テンポが速いので飽きないのが特徴です。動画を見ながら真似をすると、親子でよい運動になるでしょう。

そのほかに、「とんとんとんとん、ひげじいさん」や「むすんでひらいて」の曲も繰り返しが多いですね。手遊びをしながら歌えて楽しいですよ。

リズムが単純で覚えやすい

テンポが速い曲は、リズムが取りづらく苦手に感じる赤ちゃんもいるでしょう。「ちょうちょう」は、リズムがゆっくりしているのでよいですね。歌ってあげると喜んで、体を揺すってご機嫌になってくれることでしょう。

そのほかに、「森のくまさん」もおすすめです。単調なリズムに物語の歌詞がついているので、歌うパパやママも絵本を読んでいる感覚で楽しめるでしょう。泣いている赤ちゃんも、徐々に泣き止んでくれそうですね。

単調なリズムの曲は、寝かしつけにもぴったりです。赤ちゃんが眠たくて泣いているときに曲をかけると寝てくれるかもしれません。「ちょうちょ」や「くまさん」など赤ちゃんが好きな言葉がでてくるので、安心してくれそうですね。

キラキラなどの擬音が入っている

擬音が入っている歌が、赤ちゃんは大好きです。「ワンワン」「ニャーニャー」など、赤ちゃんは擬音でお話ししますね。擬音はリズムや響きが楽しく、覚えやすいですよね。

ロッテの「ふかふかかふかのうた」は、「ふかふか」の擬音がやわらかく優しい雰囲気で、赤ちゃんが泣き止むと人気の曲です。ダンスバージョンは、動画を見ながら真似すると楽しそうですよ。踊りが始まると赤ちゃんも泣き止むかもしれませんね。

絵本にもたくさんの擬音が出てきます。赤ちゃんは言葉がまだわからないため、擬音で物事を覚えてゆくのでしょう。赤ちゃんには、擬音の多い絵本や歌を聞かせてあげたいですね。

お気に入りの歌が見つかると、泣いている赤ちゃんも泣き止んでくれるでしょう。

番外編 赤ちゃんが泣き止まないときは

抱っこで背中トントン。安心感を与える

お気に入りの音楽をかけても、ママやパパが歌ってみても泣き止まないときもあるでしょう。おむつもきれいでお腹も空いていなければ、困ってしまいますね。赤ちゃんが泣き止まない原因は、もしかすると寂しかったり不安を感じていたり…安心できる場所を探しているのかもしれません。

赤ちゃんが泣き止まないときは、ママの心音が感じられるように、赤ちゃんを縦抱きを試してみてください。そのままゆっくりとしたリズムで、赤ちゃんの背中をやさしくトントンしてみましょう。

お腹の中にいるときの心音と、ママの温もりを感じて少しは落ち着くと思います。リズムに合わせてやさしくゆすってあげると、赤ちゃんは安心して泣き止んでくれることでしょう。

お散歩で気分転換。外の空気を楽しむ

室内で抱っこしても泣き止まないときは、外に連れ出してみるのも一つの方法です。もしかすると部屋の中が、赤ちゃんにとって暑すぎたり、寒すぎたりするのかもしれませんね。

外に出ると風を感じて、気分転換になるかもしれません。お散歩中のワンちゃんに出会ったり、車とすれ違ったりすると、赤ちゃんの大好きな擬音が聞こえてくることでしょう。

小さいころに歌っていた「しゃぼんだま」や「もみじ」の曲は、歌詞を覚えているママも多いでしょう。ゆっくりしたリズムなので、口ずさんであげると、赤ちゃんが心地よく感じると思います。

外に出るときは、おくるみでくるんであげるとよいですよ。守られている感じがするし、肌寒いときの寒さ対策にもなるのです。

最終兵器!アプリや動画に頼る

抱っこしても、外を散歩してみても、どうしても泣き止んでくれなければ疲れてしまいますね。抱っこしている腕が疲れてきたり、精神的にもストレスになったりしてしまうでしょう。

赤ちゃんにアプリや動画を見せたくない!と思っているママも多いかもしれませんが、どうしても泣き止んでくれないときの、最終兵器としてアプリを紹介しておきますね。

「たまひよの泣きやませ【泣きピタ!】」は、赤ちゃんがピタッと泣き止む要素を盛り込んだ便利なアプリです。ママのお腹にいたときに聞いていた、胎内音や赤ちゃんの大好きな擬音、オリジナルミュージックなどを手軽にかけることができるすぐれものです。

赤ちゃんと一緒にパパやママも音楽を楽しんでくださいね。

まとめ

原因がわからず赤ちゃんが泣き続けていると困ってしまいますね。不安を感じているようなら、アニメやCMの馴染みのある音楽や単調なリズムで繰り返しの多い曲をかけてみると安心して泣き止むかもしれません。

音楽をかけても効果がない場合は、縦抱きをして背中をトントンしてみてください。外を散歩するのも気分転換になると思います。

何を試しても泣き止まないときは、アプリや動画を上手に利用するのもよいでしょう。いろいろ試して、赤ちゃんが笑顔になれる音楽を見つけてくださいね!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018