就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

換気扇の洗い方の基礎知識。重曹で汚れを落としてキレイにしよう

換気扇の洗い方の基礎知識。重曹で汚れを落としてキレイにしよう

キッチンやトイレについている換気扇は、普段はあまり掃除しない場所です。そのため、大掃除のときなどに汚れが落ちなくて困るということが少なくありません。どうすればキレイに掃除することができるのでしょうか。今回は重曹を使った換気扇の掃除方法を紹介します。

家の換気扇の種類や汚れの確認をしてみよう

換気扇の汚れを確認して現状を知る

換気扇をキレイに保つためには、その種類や形状、汚れの程度を把握しておくことが大切です。

キッチンで使用される換気扇には、壁に開けた穴に取りつけている昔ながらの「プロペラファン」と、コンロの上を覆いかぶさるようについた「レンジフード」があります。

汚れを除去しないまま使用し続けると、どちらの種類でも起こるのがフィルターの目詰まりなどによる機能低下と光熱費上昇です。吸引力が落ちると油汚れが拡散し、キッチンと繋がっているほかの部屋も汚れてしまいます。

また、溝になった部分に油汚れがたまると、高温の蒸気を浴びたときに油が溶けて垂れ、壁などを汚します。油汚れとホコリが絡まり合って故障してしまったり、汚れた油のにおいで害虫が寄ってきたりすることもありますよ。

汚れが酷いときは業者への依頼を検討

ホームクリーニングでは取りきれないグミ状に固まった油汚れがあるときや、レンジフードの奥にまで汚れが広がっているときなどは業者に掃除を依頼してもよいでしょう。

固まった汚れを自分で取ろうとすると塗装が剥がれたり、換気扇が傷ついたりするかもしれません。フィルターやファン以外のパーツは専門的な知識や道具がないと取り外しできないため無理に分解すると破損の原因になります。

また、レンジフードの奥にあるダクトの掃除は専門的な道具が必要です。ダクトが汚れることはあまりありませんが、汚れている場合は業者に掃除してもらいましょう。

業者にお願いすると費用がかかってしまいますが、汚れをキレイに落としてもらえるうえ、誤った掃除方法で換気扇を壊す心配もありません。

換気扇の洗い方の基礎知識を知ろう

換気扇清掃に必要な道具を準備しよう

換気扇を掃除するときは、レンジフードのカバー、フィルター、ファンなど部分ごとに掃除方法を変えるとよいでしょう。

カバーは重曹を吹きつけて拭き掃除するか、キッチンペーパーを使ってパックをするとよいでしょう。フィルターやファンは本体から取り外し、古歯ブラシなどでこすり洗いが適しています。

重曹は手荒れを起こしにくい成分ですが、換気扇を掃除するときは使用時間や使用量が多くなることが多いので掃除用の手袋を着用するとよいでしょう。手袋があると油で手が汚れるのを防げます。

また、換気扇は高い位置にあるので踏み台も必要です。コンロの上など不安定な場所に立つと転落する可能性があるので、滑り止めのついた安定性の高い踏み台を使いましょう。

換気扇の分解方法は種類によっても異なる

換気扇のフィルターやファンは本体から取り外すと掃除しやすくなります。

レンジフードのフィルターやフィルターの前についている「整流板」はストッパーやネジなどの留め具で本体に取りつけられているタイプと溝に引っ掛けるように取りつけられているタイプがあります。ネジを緩めたり、取っ手を持ってずらすだけで取り外しできますよ。

ファンは「逆ネジ」と呼ばれるネジで本体に固定されているため、通常のネジとは逆方向に回すと緩めることができます。外し方がわからないときは取扱説明書を確認してくださいね。

また、ネジが固くて回らない、ネジを緩めたけれどファンが外れない場合は無理に外そうとせず、業者に掃除を依頼するとよいでしょう。

換気扇はつけおき洗いで汚れが取れる

拭き掃除やこすり洗いで取れない汚れは、つけおき洗いを試してみましょう。

【用意するもの】
・フィルターなどが入るサイズの箱
・ごみ袋 2枚
・重曹
・古歯ブラシ
・スポンジ

【掃除方法】
1.ごみ袋を2重にして箱にかけ、フィルターやファンを入れたあと45~50℃のお湯をひたひた程度に張る
2.重曹100g程度を入れたあと、空気を抜きながらフィルターなどがしっかり浸かるまでお湯を張る
3.そのまま10~20分程度つけおき
4.お湯で流しながら古歯ブラシやスポンジで優しく洗ったあと、タオルで拭いてから取りつける

重曹を入れすぎたり、つけおき時間が長すぎたりすると塗装剥げや変色の原因になることがあるので注意してくださいね。

洗剤は赤ちゃんにも安心な重曹がおすすめ

換気扇の汚れは使用環境などによって違いはあるものの、こびりついて取りにくいことが多く強力な洗剤でないと掃除できないと感じることもあるでしょう。

しかし、赤ちゃんがいる家庭では強い成分を含む洗剤の使用はできるだけ避けたいところです。赤ちゃんに優しい洗剤を使って掃除したいというママは重曹を使ってみてはいかがでしょうか。

重曹は「ベーキングパウダー」に含まれている成分で、人体に無害な洗剤として近年注目を集めています。アルカリの力で油汚れを溶かしてくれるため、キッチンの掃除に最適です。

水に溶かしてスプレーとして使う、少なめの水でペーストを作ってパックする、直接振りかけて研磨剤のように使うなど、様々な使い方ができるので換気扇掃除にもおすすめですよ。

家庭での換気扇清掃でのポイントや注意点

トイレの換気扇も年に1度は洗おう

トイレの換気扇はキッチンの換気扇のように油で汚れるわけではありませんが、空気と一緒に吸い込んだホコリで意外と汚れています。年に1度程度洗っておきましょう。

トイレの換気扇が汚れたままになっていると換気効率が下がって、においや湿気がたまる原因になります。便器や床、壁などを掃除したのに何となくにおうという場合は換気扇が原因かもしれません。

掃除の方法はキッチンの換気扇と同じです。トイレの蓋に乗って作業すると転落や破損のリスクがあるので、安定性のよい踏み台を使って作業してくださいね。

トイレの換気扇にはフィルターがついていないものもあります。フィルターがない換気扇は汚れがたまりやすいので、年に1度ではなく3カ月に1度程度掃除するとよいでしょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事