就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ぐずる3歳児にうんざりしているママへ!原因や対策、上手な対応方法

ぐずる3歳児にうんざりしているママへ!原因や対策、上手な対応方法

「“魔の2歳児”を過ぎて3歳になったから、ぐずりも落ち着くはず!と思っていたのに、落ち着くどころか、ぐずりがパワーアップしてしまってうんざり…」なんていうママも多いはず。子どものぐずりには原因があります。ぐずりの原因を理解することで、上手に対応できるコツをお教えしますよ!

ぐずる理由の圧倒的な一位は「眠い」こと

朝、寝起きのぐずり対策には美味しいご飯

起床時間になって子どもを起こそうと思っても「眠い~!起きたくな~い」とグズグズされてしまいませんか?一日のはじまりがこんな調子では、気持ちよくスタートできませんよね。

そこで、忙しいママには大変かもしれませんが、美味しいご飯を用意してそれをネタに誘導する方法がおすすめです。できあがった朝ごはんを、トレーにのせて枕元まで運びます。

「起きないなら、この美味しそうなご飯はママが全部食べちゃうよ~」と声をかけると「ダメ!」といいながら起きてくるはずです。子どもの「自分のものがとられてしまう!」という心理を利用した作戦ですね。

ご飯だけでは効果がない…という場合には、子どもの好きなデザートを特別に用意するのもよいかもしれません。

夕方のぐずり対策にはママとのかけっこ

3歳になると体力がついてきて、昼寝をしないという日も増えていきます。もちろん、日中に公園でたっぷり遊ぶなど、活動的に過ごしたらすぐに昼寝してしまうこともあるでしょう。

一方で、雨の日などに室内遊びで過ごすと、昼寝はせずとも夕方4~5時にかけて眠たくなってしまいぐずることがあります。夕飯支度の時間にぐずられると、ママもストレスに。かといって、この時間に寝かせてしまうと、夜の寝かしつけが大変になるため避けたく、迷うところです。

そこで、気分転換に少しだけ家の中でママとかけっこをしましょう。危険がないように部屋をぐるっと一回りするだけです。これだけで眠気が失せていきますので、あとはできるだけ早く夜ご飯やお風呂などを済ませましょう。

寝る前のぐずり対策にはスキンシップ

眠たくなるとぐずりだす子どもを、落ち着いて寝かしつけるのは大変なことですね。「早く寝なさい!」などと怒ってしまうとぐずり泣きに突入し逆効果です。

眠たそうにしているのに子どもが寝ぐずりしてしまう原因は、ママとのスキンシップを無意識に求めているせいかもしれません。そこで、寝る少し前の時間にはたっぷりとスキンシップをとってあげましょう。

気持ちが穏やかになるような絵本を読み聞かせてあげたり、子守唄を歌ったり、背中やおなかを優しくトントンとしてあげたりするのもよいですね。部屋の灯りを少し暗くするのもリラックス効果がありますよ。

このようなスキンシップによって子どもは満足して、寝つきやすくなるでしょう。

夜中にぐずるのは夜泣きの可能性大

3歳でも夜泣きするの?原因は?

3〜4歳の幼児期になっても夜泣きをすることはあります。一般的に夜泣きは1歳半を過ぎた頃から自然となくなり、遅くても2歳頃までには落ち着くとされています。

3歳で見られる夜泣きは、成長過程で脳が一時的に混乱することで起こると考えられています。脳の仕組みが関係しているのです。

また、幼児期には睡眠サイクルが未完成で眠りが浅いため、夜中に目が覚めやすく急に起きて泣き出すこともあります。日中に強く興奮するようなできごとがあっても、それが大きな刺激になって夜泣きを起こすこともあるようです。

眠りにつく環境も大切で、部屋が明るかったり、テレビなどの音が大きかったりすると心身が休まらず興奮状態になり夜泣きを引き起こします。

夜泣きはいつまで続く?対策は?

幼児期の夜泣きは、夜泣きの原因を考えてその原因を取り除くことにより、少しずつ改善していくでしょう。終わりが見えないとママやパパもイライラしてしまうかもしれませんが、焦らずにじっくりと対応していくことが夜泣き改善のコツです。

基本的に、夜泣きは成長とともに自然に治まっていくとされていますから、ほとんどの場合、特別な治療は不要です。

夜泣きをしたら、子どもを抱きしめて「大丈夫だよ」などと声をかけて安心させてあげてください。寝ぼけているようであれば、一度起こしてから落ち着かせてみましょう。子どもの様子を見ながら、興奮状態が治まるような方法をいろいろ試して、落ち着くまでそばで見守ってあげることが大切です。

病院に行った方がよい場合は?

成長過程で起こる夜泣きであれば、そのうちに落ち着いていきますが、なかには睡眠障害によって夜泣きが起こっている場合があるため、注意しましょう。

睡眠障害は、単純に眠れないというだけでなく「夜中に目覚める」「睡眠リズムが乱れる」「昼間も眠気が強い」といった症状があります。

具体的な睡眠障害には、「夜驚症(やきょうしょう)」、「睡眠時無呼吸症候群」などがあります。睡眠中に突然パニックを起こしたように泣き叫ぶ、暴れるといったことをくりかえすようであれば夜驚症の可能性があります。また、眠時無呼吸症候群は寝ている間に無呼吸や低呼吸に陥る睡眠障害で、息苦しさから夜泣きが起こります。

こうした症状があれば、一度病院で相談しましょう。

ぐずる子どもへの上手な対応方法を知ろう

威圧的な態度や怒鳴りつけるのはやめよう

子どもがぐずったときに、威圧的な態度をとったり怒鳴りつけたりすることは避けましょう。なぜなら、親のそうした態度を見ることで、子どもが「相手に怒りをぶつければ相手をコントロールできる」と思ってしまうからです。そして、友達にも怒鳴りながら命令をするような子どもになる可能性があります。

また、「親」という子どもにとっては絶対的な存在に怒鳴られると、子どもは「パパやママには自分が主張しても取り合ってもらえない」と委縮してしまいます。そして、常に怒られるのを恐れて本音を話せず、自分から積極的に行動することができない子になります。

そのまま成長すると、人の顔色をうかがいすぎて精神的に孤立してしまうことさえあるのです。

子どもへの声かけの方法を工夫してみよう

ママがなにをいっても子どものぐずりが治まらないときは、子どもへかける言葉や態度を変えてみることがおすすめです。

たとえば、遊んでいるときに帰る時間になったとします。子どもに「おかたづけしようね」と声をかけてもぐずっておもちゃを片付けようとしないときは、わがままをいさめる言葉を投げかけ続けても効果がありません。

この場合は、「ママとどちらが早くおかたづけできるか競争だよ」などと子どもの競争心をくすぐる言葉に変えてやる気を引き出しましょう。

3歳は、自主性が芽生える時期でなんでも自分でやりたがります。子どもの自尊心をコントロールする声掛けをして、ママが上手に子どもの意識を子どもが要求していたことから逸らしてみましょう。

「まだ3歳」大らかな気持ちを持とう

3歳となると、赤ちゃんの頃に比べて、ずっと活発に動けるようになり口も達者になってきます。一方で、急に赤ちゃん返りしたかのように何をいってもイヤイヤと駄々をこねたりすることも。そんな姿を見ているママからすると、「もう3歳なのに!」とつい思ってしまいます。けれど、実際は「まだ3歳」なんです。

特に、下に弟や妹がいるとパパやママも上の子に「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」を求めがちですが、3歳はまだまだ親に甘えたい盛りです。

3歳の子どもがわがままをいってぐずるということは、ごく自然な子どもらしい行動です。子どもの精神が、正しく成長しようとしている証拠といえます。ママにとっても大変な時期ですが、子どもの心の成長を大らかに受け止めたいですね。

まとめ

体力がついてきたとはいえ、まだ3歳の子どもは疲れて眠くなると理性のコントロールが弱って、泣いたりわがままをいったりしてぐずぐずモードになってしまいます。

特に、睡眠サイクルができあがっていないこの時期は、夜泣きも起こることがあり大変ですが、成長過程で治まっていきますので、あせらずじっくり見守りましょう。睡眠障害など心配な症状があれば、早めに病院を受診してみてください。

ぐずる行為は成長の証です。子どもの気持ちを受け止めながら、できるだけ大らかに対応してあげたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018