就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが動き始めたら安全対策を!具体的方法と気をつける点とは

赤ちゃんが動き始めたら安全対策を!具体的方法と気をつける点とは

赤ちゃんが動き回るようになると、とても愛らしい反面大変でもあります。赤ちゃんは何にでも興味を持つのでママの予想外の行動を起こします。お家の中も初めてがいっぱいで触りたいものはたくさんありますが、同時に危険なものもたくさんあります。赤ちゃんがお家の中で安全に過ごせるように、具体的方法と気をつける点をご紹介します。

赤ちゃんが動き始めたら行いたい安全対策

家具のレイアウト変更でスペースを確保

行動範囲が広がりはじめた赤ちゃんは危険がたくさんあります。ですが、危険だからとベビーベッドなど狭い場所にいてもらうのはかわいそうですよね。この時期だけだと思い切って赤ちゃんのためにレイアウトを変えてみましょう。

赤ちゃんが遊ぶスペースはママが家事をしている間も赤ちゃんの様子が見えるような場所が安心です。とおせんぼができる仕切りを設置するのも対策の一つです。赤ちゃんが遊ぶスペースの方は机や椅子カーテンやコード、扇風機など触ると危険なものやつかまり立ちすると転倒して危険なものはなるべく置かないようにしましょう。

好奇心旺盛な赤ちゃんのためにできるだけ広い範囲に安全対策をしつつスペースを確保してあげてください。

フローリングにはジョイント式マットを敷く

赤ちゃんがハイハイしたり転倒した際に硬いフローリングの上だと痛いですよね。痛みを少しでも軽減するためにジョイントパネルを敷いてあげるとよいでしょう。

パズルのように好きに組み合わせができるので家具の配置に合わせて組むことができる便利な安全アイテムです。色もモノトーンやパステルカラーのものまであるのでお部屋のインテリアに合わせて選んでもよいですね。

またデザインも豊富なので赤ちゃんの雰囲気に合わせた可愛い組み合わせも楽しめます。食べこぼしなどで汚れてもその部分だけを取り外してサッと洗うこともできます。

赤ちゃん用品を販売しているお店や100円均一ショップにも置いてあり、手軽に購入できるので赤ちゃんの安全対策のためにぜひ活用してみてください。

必要に応じてコーナーガードやゲートを設置

つかまり立ちができるようになると、立ち上がるときやよろけたときなどに机の角や棚などに頭をぶつけたりして危険なので、コーナーガードをつけておくと安全です。棚などの角ばった部分が広いときはテープのタイプもあるのでそちらを使うとよいと思います。

また階段や危険な場所への通路にはゲートをしておくと安全です。階段はまだ登れないからと思っていても赤ちゃんの成長スピードには驚かされることが多く、いつの間にか登れるようなっていたりするので階段からの転落防止のためにゲートをしておきましょう。

そのほかには調理器具があるキッチンやお風呂の浴槽へと続く洗面所、段差のある玄関や転落の危険性があるベランダも危険が多いので必要に応じてゲートをしておくと安心です。

赤ちゃんが動き始めたら便利なアイテム

名前のとおりしっかりガード「とおせんぼ」

「とおせんぼ」とは赤ちゃん用の簡易フェンスで部屋の空間を仕切ったり、部屋と部屋を仕切ってとおせんぼをして赤ちゃんが遊ぶスペースから危険な場所に移動できないようにするものです。

フェンスの上の棒の部分には頭や顔をぶつけても痛くないようにクッションが入っていて、ネット状になっているので家事の最中でも赤ちゃんの様子が確認できます。

サイズは幅約190~270cm×奥行4.5cmで高さは65cmなのでママがまたいでとおることができます。ですが、毎日頻繁に移動となると大変です。

そんなときは踏み台を使うと楽になりますが、赤ちゃんが登ったりして危険がないように赤ちゃんが遊ぶ部屋とは反対側の部屋に置いて試してみてくださいね。

指が入らない「コンセントフルカバー2連」

コンセントはハイハイができるようになった赤ちゃんの目の高さにあるので触ってしまうことが多くあります。差し込んであるコードを抜くのも危険ですが、コンセントの穴の部分に何かを入れようとしたりすることもあるので感電の恐れがあってとても危険です。

コンセントは家具のように移動ができないので、コンセントカバーをしておくと安全です。

コンセントをすべて覆って隠すフルカバータイプのものだと指も入らないので安全です。2連タイプのものもあるので挿し口が多い場所などお家のコンセントの形に合わせて選ぶことができます。取り付けがとても簡単なぶん、中には赤ちゃんでも取り外しできてしまうものもあるので、購入の際にはその点も気をつけてくださいね。

肉厚な作り「L字型コーナーガード」

赤ちゃんがつかまり立ちできるようになって、伝い歩きやよちよち歩きを始めると、よろけて転倒することが多くあります。

転倒したときに棚の角に頭や顔をぶつけるなどということがあれば、大けがにつながる可能性もあります。そんな危険を減らすために棚や机などの角に取り付けるコーナーガードがあります。

コーナーガードも色々ありますが、少しでもぶつけた衝撃や痛みを軽減できるように肉厚でクッション性があるものがおすすめです。

100均にも売ってありますが、先輩ママの感想を聞くと100均のものは粘着性が弱くすぐ取れてしまうようです。赤ちゃん用品専門店やネットショップでも販売していますので、取れにくくしっかりしたものを探してみてくださいね。

赤ちゃんが動き始めたら気をつけるポイント

部屋の中を赤ちゃんと同じ視線で見渡す

安全対策をするときは実際に赤ちゃんと同じ目線の高さで見渡してみてください。好奇心旺盛な赤ちゃんは目に付くものはとにかく触りたがります。

タンスの引き出しで指を挟んだり、引き出しを開けて中のものを出したりすることがあります。引き出しにノブがついているとそれにつかまって立とうとして転倒したり、最悪の場合タンスが倒れたりするととても危険です。

棚やタンスなどは赤ちゃんが遊ぶスペースには置かないようにするか、引き出しが開かないような対策をするとよいでしょう。難しい場合は倒れないように固定をすると安全です。

机の上なら安全、と思ってしまいがちですが、赤ちゃんの手の届くところになるべく物を置かないように、せめて危険なものはきちんとしまいましょう。

寝返りをする前でも足の力で動くことも

寝返り前の赤ちゃんでもキック力はびっくりするほど力強いです。寝たまま床を蹴って前進するのでいつのまにか移動していたり、ベビーベッドのヘッドボードで頭をぶつけたりします。

ベビーベッドは柵があるので、柵をこえて落ちてしまうということはないと思いますが、寝ているから、少しの間だからと段差のある近くや少しでも高さがあるところに寝かせていると、目を離している間に目を覚まし移動して頭から落ちてしまうということがあります。

赤ちゃんの頭は柔らかく打ちどころや高さによっては大けがや脳に後遺症がのこる危険性もあります。

寝返りをする前の赤ちゃんでも自力で移動することができるので、たとえ寝ていても目を離さないようにしましょう。

口に入れてしまう時期は床に物を置かない

ピンポン玉くらいの大きさまでのものであれば、赤ちゃんの口に入ってしまいます。電池やお金、化粧品など口に入ってしまうサイズのものはたくさんあります。

電池は喉につまりやすい大きい電池も危険ですが、特に危険なのはボタン電池です。飲み込んでしまうと胃に穴が空いたり、放電したりする危険性があります。

ほかに多いのが、たばこの吸い殻です。誤飲すると嘔吐やけいれんなどのニコチン中毒症状を起こしてしまうことがあります。また、画びょうやホッチキスの針など鋭利なものは口の中を傷つけてしまう恐れがあります。

赤ちゃんは手にしたものは何でも口に入れてしまいます。床の上や手の届くところに赤ちゃんが口に入れると危険なものは置かないようにしましょう。

まとめ

完璧な安全対策というものはありませんが、赤ちゃんが少しでもより安全に過ごせるほうがいいですよね。

様々なケースに備えて安全対策のアイテムはたくさんあり、赤ちゃん専門店やネットショップでもお手頃に購入できます。ネットショップは先輩ママの口コミも見られるので参考にすることもできますね。

月齢によって注意すべきことも変わるので、赤ちゃんの目線で家の中を見渡し、危険なものがあれば対策をしましょう。目を離さないのが一番ではありますが、ママは家事に育児に大忙しですから、赤ちゃんにとって安全な環境作りをしていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018