就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児の夜泣き、夜驚になる原因。 乳児期との違いと対処法をご紹介

5歳児の夜泣き、夜驚になる原因。 乳児期との違いと対処法をご紹介

寝ている子供が、突然起きて泣き叫ぶ、パニックになる、大声で寝言を言って走り回るなどの症状が現れる「夜驚症」(やきょうしょう)。育て方が悪かったのか、何かの病気なのかと悩みますよね。乳児の夜泣きとの違いや、夜驚症の原因及び対処方法についてご紹介していきます。

乳児の夜泣きと違う5歳児の夜驚

突然目が覚めると大きな声で泣き叫ぶ

生後3ヶ月ごろから2歳ごろまでの乳児に多く見られる夜泣きの症状は、睡眠のサイクルが安定しておらず、眠りが浅いために、起きたときに不安を感じ、夜に目覚めたときに泣いてしまうものです。

科学的な理由は解明されておらず、日中に体調も機嫌もよく過ごしていた乳児であっても、起こることがよくありますよね。夜に目覚めて泣いてしまった場合、抱っこすることでだんだんと落ち着き、また眠ることができるようです。

その一方で、幼児期や学童期の子供によく見られる夜驚症の場合、その泣き方がかなり激しく、パニック状態になります。夜の睡眠中に、突然目覚め、泣き叫んだり暴れたりして興奮状態になり、数秒から数分ぐらいで収まって、また眠りにつくことがほとんどです。

パニックを起こしまわりの声が聞こえない

夜驚症の症状が出たときには、自律神経も興奮していて、脈拍数や呼吸数が増える場合もあります。脳もパニックになり、一種の錯乱状態に陥ります。

そのようなときに声をかけて落ち着かせようとしても、完全に起きているわけではなく、半分眠っているので、声は届きません。

急に深い眠りから目覚めた後に起き上がり、戸惑ったり泣き叫んだり、興奮したりする時間は数秒から数分程度は続きますが、すぐにまた、何事もなかったかのように、眠りに戻っていきます。

声をかけたり抱きしめたりしても、本人に自覚はありません。脳の一部は起きていても、他の部分は眠ったままであるため、次の日にきいてみても覚えていない場合が多いようですよ。

大きな寝言を言って走り回る

子供の夜驚は、眠っている状態から突然起き上がってパニックになり、ベッドの上で泣き叫ぶだけの場合もありますが、恐怖を感じた表情を浮かべ、大声で寝言を言いながら、部屋中を歩き回ったり、走り回ったりする場合もあります。

恐怖にとりつかれ、錯乱状態に陥っているため、自分の状態を把握することはおろか、周りの状況も理解することは出来ません。安心させようとしても、声も届かないために、しばらくは混乱状態を鎮めることは難しいようです。

ベッドから立ち上がって飛び降りる、走り回っているときにケガをする、ドアを開けて部屋から出て行く、階段を踏み外したりするなどの危険性もあるため、再び眠りにつくまでは注意が必要ですよね。

何が原因で夜驚になりやすいのか

生活の中で感情を強く刺激されたとき

寝ている状態のときに脳の一部だけが覚醒し、興奮してパニック状態になる夜驚症の原因は、多くは心理的なものではないかと言われています。

大人にとってはあまり刺激を受けない出来事であったとしても、子どもの記憶深くに強い印象を与える場合もあります。お出かけや旅行などの楽しい出来事でも、感情へ強い刺激を与えるために、興奮状態を引き起こす要因にもなり得ます。

発表会などの緊張する機会が原因となる場合もありますし、怖いテレビを見た、ホラーの本を読んだ、交通事故にあったり目撃したなどの、日常生活の中で恐怖体験を経験したことが関係している可能性もあります。

何か不安になったり、怖かった経験はないのかを聞いてみると解決の糸口が見つかる可能性があるかもしれません。

体調やストレスによる影響

夜驚症を引き起こす可能性のある心理的要因として、子どもの体調が関係している場合もあります。

行事やイベント、習い事やお出かけなどの予定が重なり、疲れているとき、また、体調不良から熱が出ているときなどにも起こることがあります。

自分の言葉で十分に表現できない幼児や、周囲の人間に悩みを相談できない性格の子どもの場合、きちんと耳を傾け、話を聞く機会を設けることも大切です。

周りの人に心配をかけたくないと無理をして「いい子」を演じているような子には、無理をしていないか、不安や心配を抱えていないかを気にかけていく必要があります。ストレス要因を子ども自身が把握していない場合もあるので、日々の言葉かけを大切にしていきましょう。

脳が未成熟のためにおこる

人の睡眠のサイクルは、脳が起きて体が寝ている「レム睡眠」と、体が起きていて脳が寝ている「ノンレム睡眠」の繰り返しです。夜驚症の症状は、入眠して数時間以内の深い眠りのノンレム睡眠のときに発生する場合が多いようです。

子どもの脳の発達がまだ不十分で、大人に比べて眠りが浅いため、ノンレム睡眠のときに、脳になんらかの興奮が起こることによって、急激に目覚め、夜驚症が起こるのだと言われています。

深い眠りについているときに恐い夢をみたことなどが要因となり、脳の一部だけが覚醒し、部分的に覚醒した状態になるのです。深い眠りからの、目覚める過程が上手くいかないため、パニック状態になるようです。

夜驚は治るの?対処方法について

はっきりとした解決策はない

幼児期や学童期に起こりやすい夜驚症の原因は、はっきりとわかっておらず、有効な治療法は確立されていません。何らかの恐怖体験やストレスが関係している可能性は指摘されていますが、明確には判明していません。

子どもに夜驚症の症状が現れたとき、何か病気になったのだろうか、もしかしたら親の育て方が悪かったのだろうかと、心配になるかもしれません。

しかし、育て方によるものではなく、脳の機能が未発達なために、脳が睡眠から上手く目覚められず、覚醒できないために起こるものです。成長の過程のものなので、過度に心配しすぎる必要はありません。

ストレス要因がはっきりしている場合には、話を聞くことで安心し、解決する場合もあるようですね。

暴れてるときは見守りが大事

人間は、眠り始めの3時間以内に、深い眠りのノンレム睡眠に入るため、そのときに夜驚症の症状は集中して出現しやすいです。

夜驚症の症状がでた場合、多くは数秒から数分程度の間、恐怖を浮かべて泣き叫んだりパニック状態になりますが、またすぐに眠りにつきます。

興奮状態のときには、脳は半分しか覚醒していません。脳の他の部分は眠っているために、声をかけても反応せず、周りの人間の声は届かないため、暴れているうちは、優しくギュッと抱きしめるぐらいしか出来ません。

暴れたり、走り回ったり、ドアを開けて部屋から出て行ったりする可能性があるため、危険がないように横で見守りながら、優しく声をかけ、落ち着くのを待ちましょう。

ほとんどの子どもが自然と治っていく

夜中に激しく泣き叫び、なかなか泣き止まない子どもを目の前にしていると悩むかもしれませんが、脳が成長していく過程で起こることなので、特別に治療はしなくても、発達に伴って自然と良くなります。

起きていたときのストレスなどが要因となって、夜驚症の症状を引き起こしている場合は、子どもの気持ちを受け止めて安心させ、出来るだけストレス要因を取り除くことによって改善される場合もあります。

大抵の場合は、数分泣き叫ぶ程度で収まり、成長とともに治っていくのですが、あまりにも長時間症状がでていたり、何度も頻発して、周囲の人の睡眠を妨害するような状態であれば、小児科や専門の医療機関への相談も必要かもしれません。

まとめ

「夜驚症」は、深い眠りについているときに、脳に何らかの刺激が加わって興奮がおき、うまく目覚めることができずに起こる症状です。

脳が発達していく途中で起こるものなので、成長とともに自然と消失していきます。ほとんどの場合、思春期ごろにはなくなります。

夜に目覚めて、意味不明の寝言を泣き叫びながら、パニック状態に陥っている子どもに不安を覚えるかもしれませんが、慌てずに大きな気持ちで見守っていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018