就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

上の子にきつくあたってしまう。原因やママが楽になる対処法

上の子にきつくあたってしまう。原因やママが楽になる対処法

愛する我が子は、年齢や性別に関係なく分け隔てなく愛情を持って育てていることと思います。しかし、つい上の子にきつくあたってしまうというママは少なくないでしょう。いいすぎてしまったことで罪悪感を感じるママも多いようです。そこで今回は、上の子にきつくあたってしまうことへの対処法を紹介していきます。

上の子にきつくあたってしまう理由とは

下の子を守ろうとする防衛本能

初めての育児は、戸惑うことはありながらも「自分の子はなんてかわいいんだろう!」とありったけの愛情で我が子を育てていたことでしょう。ところが下の子が産まれてから急に、上の子に対してイライラしたりきつくあたったりしてしまうというママは多いようです。

「上の子かわいくない症候群」と呼ばれることもあるこの現象、ママ自身、自分の感情に戸惑ってしまうこともあると思います。理由はいくつかあるようですが、その一つが下の子を守ろうとするママ特有の「防衛本能」によるものといわれています。

小さな下の子は無意識に「守るべきもの」と感じる一方で、上の子はその対象から少し外れてしまうようです。だからといって嫌いになるとか、愛していないということではないので安心してください。

上の子への期待のしすぎ

1人目と2人目の年の差にもよりますが、1歳でも年上だと「もうお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから!」と、上の子に期待しすぎてしまうことがよくあります。「もうあなたは赤ちゃんじゃない」という思いが、きつくあたってしまう原因の一つといえます。

ママ自身が長女で、子どもの頃母親から過度に期待された苦い経験を持っていることもありますね。「自分の子どもにはそんな思いはさせたくない」と意識していても、無意識的に同じようなことをいってしまうものです。

「できて当然」「なんでできないの?」といった発言をしてしまっていたら、それは上の子への期待のしすぎかもしれません。上の子だってまだ子ども。ママに甘えたい時期に突き放すようないい方は避けた方がよいでしょう。

ママの心と体の余裕のなさ

1人育児も大変ですが、2人育児になるとさらにママの負担が大きくなります。年齢の違う子どもを同時にお世話するのは、本当に大変なことですよね。睡眠不足や疲れから、ママは心と体に余裕がない状態が続くでしょう。

慢性的な余裕のなさが、上の子にきつくあたってしまう原因としては大きいかもしれません。ママは自分の心の小ささを責めてしまいたくなるかもしれませんが、多くのママが通る道と思って気長に子どもたちが育つのを待ちましょう。

上の子はそんなママを見て「できることは自分でやってみよう」「ママを手伝おう」などと思うでしょう。上の子の宿命ともいうべき、「責任感」や「自立心」が育つきっかけになるかもしれませんよ。

上の子にきつくあたってしまうときの対処法

過度な期待ではなく優しさをたっぷり注ごう

上の子と下の子を区別しているつもりはなくても、話し方や表情にどうしても違いが出てしまうものです。子どもはそれを敏感に感じ取り、「もしかしたらママはぼく(わたし)より弟(妹)の方が好きなのかな…」と考えてしまうかもしれません。

愛しているからこその「期待」ですが、子どもからすると「自分にだけ厳しい」と感じてしまいます。ママが上の子と接するとき、ちょっと大げさなくらい優しくしてみてください。

赤ちゃんほど長い時間抱っこする必要はありません。少しの時間でもよいので、しっかりと抱きしめて「大好きだよ」と言葉で伝えるとよいでしょう。「変わらず愛されている」と実感すれば、「期待されている」というより「信頼されている」という自信に変わるかもしれません。

上の子と一緒に下の子をかわいがろう!

上の子は、下の子に嫉妬心やライバル心を抱く一方で、愛情や「守りたい」といった気持ちも持っています。ママは下の子をお世話するとき、意識的に上の子と一緒にかわいがるとよいですよ。

上の子が4歳くらいになると、「ママはぼく(わたし)と弟(妹)どっちの方が好き?」といった質問をすることがあります。これは上の子の不安の表れといってもよいかもしれません。ママは「もちろんどっちも大好きだよ」と答えると思いますが、上の子はどこか納得いかない様子でしょう。

自分が一番でありたいと思うのでしょうが、ママは優劣をつけずに「どちらも同じだけ好き」ということをはっきり伝えましょう。そして一緒に下の子をかわいがることで、お兄さんお姉さんである自覚を持ってもらうのがよいですよ。

上の子と2人だけの時間を作る

きょうだい同時にお世話していると、ママは気を抜く暇もないですよね。上の子にきつくあたっているかもしれないと感じたら、きょうだいどちらか1人ずつとの時間を作るのがよいですよ。

上の子と数時間離れて過ごすと、再会したとき新鮮な気持ちで接することができるかもしれません。また、下の子が寝ている間などに上の子と2人だけの時間があると、上の子はママを独占できる特別感に満たされます。

ママも、ゆっくりと上の子を見ることができて、「まだまだ甘えたいんだな」と思ったり「こんなに成長したんだ!」と感じたり、新たな発見があるでしょう。ママも子どももよいことずくめなので、ぜひ2人だけの時間を持ってみてくださいね。

もっとママの心と体をいたわってあげよう

家事はそこそこ、頑張りすぎないようにする

子どもを育てていると、自分の母親も含め「世の中のママってすごいな」と思うことはありませんか?多かれ少なかれ、ほとんどのママは家事育児で疲れているはず。イライラしたり、うまくいかなかったりしても当然です。

しかし、ほかのママは家事を完璧にこなしているように見えて「自分はダメなママかも…」と自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。性格がまじめなママほど危険です。ママが落ち込んでいるのは、子どもにとってはよくない状態といえます。

「よそはよそ!」と割り切って、自分のペースで頑張りすぎずに「そこそこ」の家事を目指すのがよいですよ。毎食手作りでなくても大丈夫!毎日掃除しなくても大丈夫!洗濯物は明日まとめて!妥協することもママの心と体にとっては大切かもしれませんよ。

おおいに周りを頼って甘えてみる

「上の子にきつくあたってしまう」「かわいいと思えないことがある」というときは、ママの心と体に余裕がない状態かもしれません。上の子のためにも、ママは定期的にリフレッシュ休憩を取ることをおすすめします。

両親やパパに子どもたちを預けられる環境があれば、遠慮せずにどんどん預けてしまいましょう。おじいちゃんおばあちゃんは頼りにされて、嬉しく思うかもしれませんね。

誰かに預けることが難しければ、一時保育やベビーシッターなどを利用するのもよいですよ。「予定もないのに預けるのは気が引ける…」なんて思わなくても大丈夫。ママの健全な心と体があってこその子どもの健康です。辛いときは無理せず、おおいに周りに甘えましょう。

ママの辛さや愚痴を誰かに話そう

小さな子どもを育てていると、外に出て誰かとゆっくり話をするという機会も減ってしまいますよね。イライラモヤモヤする気持ちを誰かに話すことができれば、心の負担はかなり軽くなると思います。

身近な話し相手としてはパパがいますが、男性であるパパには家庭でママが抱えるストレスをなかなか理解してもらえないかもしれません。話すことで逆にイライラしてしまいそうなら、パパではなく、先輩ママである「おばあちゃん」に聞いてもらうのもよいですね。

同年代の子どもがいるママ友に話すと、たいてい共感してもらえるのでかなりスッキリした気持ちになるでしょう。直接話すのが苦手なら、SNSなどを利用するのもよいですね。とにかく自分1人で抱えずに、誰かに辛さや愚痴を吐き出しましょう。

まとめ

「上の子かわいくない症候群」という言葉、かなりインパクトがありますよね。「まさか自分が…」と思うかもしれませんが、どんなママにもこの症状に陥る可能性はあります。「仕方がない」と割り切ることも必要かもしれません。

「危険かな!?」と感じたら、子どものためと思ってママは積極的に心と体をリフレッシュするように努めてくださいね。「愛おしい存在のはずなのになぜ…」「わたしは母親失格だ…」と自分を責めず、ときが解決してくれると思ってなんとかこの時期を乗り越えていきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR