就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが歌を好きになる教え方のコツは?興味を持たせる工夫と注意点

子どもが歌を好きになる教え方のコツは?興味を持たせる工夫と注意点

「歌を好きになってほしい」「子どもと一緒に歌を歌いたい」「音楽に慣れ親しんでほしい」と思っていても、どうやって教えればよいのか悩みますよね。この記事では、専門的な知識不要、家庭で簡単に取り組める「歌への興味を引き出す方法」や「曲の選び方」「歌を教えるときの注意点」について、ご紹介します。

子どもが歌を好きになる!教え方のポイント

年齢にあわせた子どもの好む歌を選ぼう

0歳児は、音への情報処理能力が充分でないため、シンプルな歌を好む傾向があるようです。1歳を過ぎると、揺れたり手を叩いたりと体でも表現するようになってきます。はじめは「シャボン玉」「ぞうさん」など語りかけるような歌、徐々にリズムがある歌を選ぶとよいでしょう。

2~3歳頃は、体の一部だけでなく全身を動かしたり、友だちを意識し真似っこしたりします。「森のくまさん」「アイアイ」のようなエコーソングや「ひげじいさん」「大きな栗の木の下で」など手遊びを交えながら歌える歌が喜ばれるでしょう。

4~5歳頃になると身体能力がさらに発達し、難しい動きも可能になります。「ぐーちょきぱーでなにつくろう」「ずいずいずっころばし」、童謡以外なら「エビカニクス」なども人気です。

曲を聞かせてまずはどんな歌か覚えよう

初めて聞いて歌をいきなり「歌って」といわれても、大人でも難しいことです。まずは、曲を聞いて覚えてもらうことから始めましょう。

基本的に子どもは「耳コピ」をすることで歌を覚えていきます。よく観ている子ども番組の歌やアニメの主題歌などは、大人が教えなくても自然と口ずさんでいたりしますよね。

歌を流すときは、お手本としてママやパパが楽しそうに歌う姿を見せるとより効果的。子どもが「楽しそう!」「歌ってみたい!」と感じられるよう、とにかく楽しい雰囲気を伝えることが大切です。

ボタンを押すと曲が流れる歌絵本は、子どもでも気軽に再生することができ、おすすめです。お気に入りの歌を自分で何度もリピートして聞いている様子が、そのうちきっと見られることでしょう。

曲を覚えてきたらママと一緒に楽しく歌おう

子どもにとっては、ママやパパの声が一番身近で安心できる声。そして子どもは、大人の真似が大好きです。ママやパパが自ら歌うことで子どもも「一緒に歌いたい!」と自然に思ってくれるでしょう。

このときのポイントは、やはり「楽しく歌う」こと。子どもの反応を見ながら、大人自身が楽しみながら歌いましょう。子どもとタッチし合ったり、手遊びを交えたりすると、より楽しい雰囲気の中で歌えますね。

また、ママやパパが「楽しいだけでなく、できれば上手に歌ってほしい」と思うのであれば、なるべく正しい音程とリズムで歌い聞かせることを意識してみてください。「耳コピ」で歌を覚える子どもにとって、その音源となる歌の音程とリズムの正確性もポイントになってきますよ。

歌に対する子どもの興味を引き出す工夫

絵本やカードで歌詞のイメージを伝えよう

保育園や幼稚園では、子どもたちに歌を教える際の導入として、絵本やカード、ペープサート(紙人形劇)、パネルシアターなどの「視覚教材」を使って、歌のイメージを膨らませるそうです。さらに、年中・年長組の子どもたちには、絵を見せる以外に歌詞の世界について話をすることもあるようですよ。

家庭用としては「歌絵本」を活用するのがおすすめ。イラストを見れば歌の世界観がイメージできるため、歌詞の理解が難しい年齢でも、気軽に歌の世界を楽しむことができます。ボタンを押すだけで歌が流れるので、反復して歌を覚えるのにも最適です。

また、イラストだけでなく歌詞や楽譜も載っているので「子どもに歌を教えたいけど、歌詞や音程が曖昧…」というときに、ママやパパの助けにもなりますよ。

踊りや手遊びをつけて歌をもっと楽しもう

ただ、歌を歌うことだけを繰り返していては、子どもは飽きてしまうもの。「つまらなさそうにしているなぁ」と感じたときは、歌に合わせて手を叩いたり踊ったりしてみてください。子どもはリズム遊びや踊りが好きなので、きっと一緒に乗ってくれるでしょう。体を動かすことでリズム感覚や身体能力の向上にもつながりますよ。

決まった振り付けがある歌であっても、年齢や性格によっては、そのとおりにするのが難しいこともあります。その場合は、リズムに合わせて体をユラユラ揺らしたり、その場で足踏みをしたりするだけでも充分でしょう。

思い切って、子どもに任せて自由に踊ってもらうのもよいですね。その子の個性が出て、大人も見ていておもしろいものですよ。表現力を高めるきっかけになりますね。

おうち発表会をして順番に歌を披露しよう

子どもと歌を楽しむ仕掛けの一つとして「おうち発表会」を開いてみてはいかがでしょうか。発表会では、家族で一緒に歌うだけでなく、子どもがソロで歌う場も設けてみましょう。人前で表現することは「自信がつく」「自己主張できるようになる」という観点からもとても大切なことです。

歌や踊りが大好きな5歳の子どものママは「小さいときから高いところに登って、歌ったり踊ったりするのが大好き。最近は、自分で曲紹介からやってステージにあがっているよ」と話していました。表現の場を設けることで、自分の歌を認めてもらい、歌が好きな自分に自信が持てるようになるのですね。

プログラムを作ったり、子どもと一緒にステージやマイクを手作りすると、もっと盛り上がることでしょう。

子どもに歌を教えるときの注意点とは

子どもにあった音域と曲調の歌を選ぼう

子どもの喉や声帯は未発達の状態で、音域も狭く、発声も上手ではありません。「曲中の高い音と低い音が、子どもの音域内に入っていること」が、子どもにとって歌いやすい歌であるポイントです。

子どもが特に出しやすい音は「ミファソラ」だといわれています。この音域が中心になっている歌は「歌いやすい」と感じられるでしょう。

また、スローで単調な歌よりもアップテンポな歌の方が、飽きが少なくリズムを取りやすい点から、小さな子どもの印象に残りやすいようです。4~5歳頃になると発達・上達してきて、徐々に落ち着いた曲調の歌も歌えるようになってきますよ。

ほかにも、童謡のように「同じフレーズを繰り返す歌」「身近なモチーフが登場する歌」も子どもにわかりやすいといえるでしょう。

音感なしタイプは聞こえに問題がないか確認

一般的に、音痴には大きく二つのタイプがあるといわれます。

一つは「正しく歌っているつもりが、音程・リズムなどがずれている」タイプ。特に子どもは、喉や声帯、お腹から声を出すための腹筋が未発達で、これらが上手に使えていません。音程やリズムを指導したり、筋力がついたりすると改善される可能性が高いでしょう。

もう一つは、音を正しく聞き取れない「音感なし」タイプです。耳の機能も未発達なので、成長とともに音感も自然に矯正されることも多いですが、音を聞き分ける耳を鍛えるために「音楽を聞く時間を増やす」など環境を整えると、向上が期待できます。

もし「一定の方向から話しかけたときに反応が薄い」など、聞こえに不安があるようならば専門医に相談すると安心ですね。

子どもに歌が下手といわないようにしよう

子どもが歌を好きになる、歌がうまくなる方法として「ほめて自信をつけさせる」という手法があります。逆に、叱ったりけなしたりすると、自信をなくし、歌を歌うことが楽しいと思えなくなってしまいます。

前述のとおり、子どもは、喉や声帯、腹筋、耳の機能のすべてが未発達な段階。上手に歌が歌えないのも当然なことです。「下手だね」と本人にいったり上手に歌えないことを茶化したりしないよう、十分に気を付けましょう。子どもの心は繊細で、傷ついて歌うこと自体がコンプレックスになってしまうこともありますよ。

歌に限らず、楽しくリラックスできる雰囲気の中でこそ才能は伸びるもの。歌の上手・下手にこだわらず、とにかく楽しくのびのびと歌える環境を作ってあげましょう。

まとめ

自宅で歌を教えるポイントは「子どもにあった選曲」「歌の世界観がイメージできる工夫」、そして「楽しい雰囲気づくり」です。子どもにとって無理のない音域で、思わず体がノリノリになるようなアップテンポな曲調、身近なモチーフが出てくる歌詞の歌を選曲するとよいでしょう。

ママやパパ自身が歌や音楽に自信がなかったり、専門的な知識を持ったりしていなくても、まったく問題ありませんよ。子どもと歌ったり踊ったりして、家族みんなで楽しむことが何より大切です。

さっそく「おうち発表会」の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR