就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

甘酒が母乳にもたらす効果とは?栄養と注意点をしっかり把握しよう

甘酒が母乳にもたらす効果とは?栄養と注意点をしっかり把握しよう

ママに効果的な甘酒のおいしい飲み方

豆乳や牛乳を加えて栄養アップ

甘酒は栄養豊富なのでそのまま飲んでも健康によいですが、豆乳や牛乳を加えて飲むのもおいしく、より栄養価がアップしますよ。

豆乳には、脳の機能を維持してイライラを抑えるビタミンB群、美肌作りや肩こりによいといわれているビタミンE、血圧を安定させる働きのあるカリウムなど、ママに嬉しい栄養素が豊富に含まれています。

牛乳といえば、たんぱく質や脂質、カルシウム、ミネラルなど、不足しがちな栄養素がバランスよく含まれた食品です。

例えば紅茶に甘酒と豆乳を加えると、砂糖なしでも甘酒のほんのりとした甘さを感じるやさしい味になりますよ。牛乳と組み合わせるなら、好きな割合で混ぜて温めるだけのホットドリンクがおすすめです。

ココアや抹茶を加えておやつ代わりに

いくらおいしい甘酒でも、頻繁に飲んでいると飽きてくることもありますよね。そういったときには、ココアや抹茶を加えておやつ代わりにしてみるのもおすすめです。

甘酒の独特な風味が苦手だというママでも、ココアや抹茶を加えることで飲みやすくなりますよ。例えば、先ほどご紹介した、甘酒と牛乳のホットドリンクにココアパウダーを加えてみてください。それだけでもおいしいですし、少量の砂糖と粉ゼラチンを加え、冷蔵庫で冷やし固めてプリンにしてもおいしく食べやすいですよ。

抹茶味が好きなママは、ココアの代わりに抹茶パウダーを使うとよいでしょう。上の子と楽しむなら、好きなフルーツとヨーグルトを組み合わせるのはいかがでしょうか。子どもも喜ぶ味になりますよ。

スープや鍋にもアレンジ

甘酒はスープや鍋に活用するのも相性抜群です。先ほどご紹介した、米麹から作られた甘酒は、麹菌の働きによって作られたブドウ糖による自然な甘味なので、酒粕から作られたものに比べてしつこくなく後味がすっきりとしています。

野菜が盛りだくさんのスープや鍋に甘酒を加えると、野菜の甘味を引き立て料理全体がまろやかな味になりますよ。お疲れ気味のママには、甘酒を使ったミネストローネがおすすめです。トマトには疲労回復や老化予防にも効果があるといわれています。手軽に作れるので朝食にもぴったりです。

もちろん、きのこやお肉との相性もよいので、色々な料理にアレンジできます。卵焼きやさわらの西京焼き、クリームパスタなど、たくさんのレシピに取り入れてみましょう。

まとめ

この数年、発酵食品ブームから流行の甘酒ですが「流行っているのは知っているけれど、どんな効果があるの?」「お酒だから妊娠中は飲めないよね」など、甘酒がどのような飲み物なのかを知らない方も多いでしょう。

麹からできている甘酒ならノンアルコールなので、妊婦さんや授乳中のママ、小さな子どもでも、安心して飲むことができますよ。甘酒をそのまま飲むのもよいですが、色々なアレンジを加えてもおいしくいただけますよ。自分好みにアレンジして、妊娠中~出産後まで健康的に過ごせるとよいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版