就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦の冬の足元をオシャレに!シーンに合わせた靴選びのアドバイス

妊婦の冬の足元をオシャレに!シーンに合わせた靴選びのアドバイス

ゴム底で暖かくオシャレなスノーブーツ

雪道でも滑らない冬靴といえば「スノーブーツ」。ゴム底で滑りにくい上、雪が溶けてべちゃべちゃになった道でも水が染み込まないよう、防水性にも優れています。

冬のブーツといえばムートンブーツがもこもこと暖かく人気ですが、水が染み込みやすく滑りやすいので、雪道用としてはおすすめできません。水が染み込まない合皮のスノーブーツは、「滑らない・濡れない・暖かい」と三拍子揃っているのでよいですよ。

足首までカバーしてくれるソールの高いハイカット系は実用的でおすすめです。ソレルやノースフェイス、キンバーテックスなどのブランドには、機能性の高いオシャレなレディースのスノーブーツが揃っていますよ。防水スプレーもあわせて使用することで、より長く使用できるでしょう。

靴底に可動式バグリップの付いている靴

お腹が大きくなるにつれて体の重心が前になったり、背中が反るようになったりして転倒の危険性が高まるため、仕事などで雪の日でも外出しなければならない場合にはとくに、安全に歩ける靴を履く必要が出てくるでしょう。

金銭的な負担は多少ありますが、安全面を重要視したいのであれば「アイスバグ(ICEBUG)」というブランドのスノーブーツがよいですよ。靴底に可動式バグリップというスパイクが付いており、雪や氷などのやわらかい地面に接するときにはそのスパイクが効き、アスファルトなどの地面に接するときにはスパイクが内に引っ込んでゴムが効く仕組みになっています。

防水性がある、インサイドにファスナーがあって着脱しやすいなど、機能的で雪道でも安全に履ける靴だといえます。

まとめ

妊娠中でもオシャレ心は忘れたくないものですが、靴選びの際には安全面や着脱のしやすさ、生地の伸縮性など、お腹の赤ちゃんと母体の安全のためにもこだわりたいポイントは多々ありますよね。臨月にかけて足のむくみなどのマイナートラブルが増加しますので、ご自身の体に合ったものを選ぶことが大切です。

冠婚葬祭用や仕事用、普段使い用、雪道用など、季節やシーンに応じて使い分けられるよう、記事を参考にぜひ検討していただき、妊娠中のオシャレを楽しんでみてくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND