就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦の冬の足元をオシャレに!シーンに合わせた靴選びのアドバイス

妊婦の冬の足元をオシャレに!シーンに合わせた靴選びのアドバイス

ちょっとオシャレをしたいときや近所への買い物などの普段用、冬場の足元が滑りやすいときなど、服装やシーンに合わせた靴選びは難しいものですよね。妊娠中でもオシャレ心を忘れたくないママのために、冬でも安全に履けるオシャレな靴をご紹介していきたいと思います。

オシャレに冬のコーディネートを楽しめる靴

雨や雪の汚れに強いスエード地の靴

妊娠中であってもオシャレなコーディネートを楽しみたいものですが、赤ちゃんの成長にともなってママの体調や体重はどんどん変化していくため、安全面や快適さを最優先に服や靴を選んでいく必要がありますよね。

「妊娠中の靴といえばヒールが低くて滑りにくい、転倒の危険性がないものがよいのだろう」と安易に考えてしまいがちですが、デザインだけでなく素材にも注目して選ぶことが大切です。

硬い革の靴では妊娠中にむくみがひどいときに足を締め付けてしまう恐れがありますので、同じ革でもやわらかいスエード素材のものや、伸縮性のあるストレッチ素材のものがおすすめです。スエード地は雨や雪などの汚れにも強く、お手入れが楽なところもうれしいポイントです。

フォーマルウェアに重宝するバレエシューズ

体調の変化が激しく、つわりや貧血、めまいを起こしてフラフラしてしまうことのある妊娠初期。体に振動や刺激を与えずに、安定して歩くことのできるフラットタイプの靴は重宝します。

ヒールの高い靴はスタイルがよく見えるアイテムですが、転倒して尻もちをついたり階段を踏みはずしたりするなど、母体だけでなく胎児にも影響を与えかねません。以前はヒールを愛用していた方も、フラットなものへと切り替えた方が賢明です。

フォーマルシーンでも活躍するバレエシューズはとくにおすすめです。結婚式のマナーとしては3cm以上のヒールがある靴が理想的ですが、妊娠中の方は安全面を優先してフラットなものでもかまいません。普段使いもできるので一足あると便利ですよ。

足を入れやすいサイドゴアブーツ

妊娠後期から臨月にかけてはお腹がせり出してきて足元が見えづらくなり、脱ぎ履きがしにくくなるだけでなく、むくみなどのマイナートラブルも出てきます。足を入れやすいゆったりとしたデザインの靴がおすすめですよ。

紐付きのスニーカーを愛用しているママは多いかと思いますが、紐やジッパーが付いていたり、足首で留めたりするタイプのものは妊娠中期以降は不向きです。気軽にサッと履けるタイプの靴が重宝するでしょう。

冬場のオシャレを楽しみたい場合にはサイドゴアブーツがおすすめです。ショート丈のものは足をサッと入れやすく、ラウンドトゥのものにすれば妊娠後期に足の指がむくんでも痛くなりにくいので助かります。ヒールは低くて太めの安定感のあるものがよいでしょう。

普段のお買い物やお出かけにおすすめの靴

カジュアルで暖かいモカシン

「妊娠する前はヒールの高い靴を履いていたけれど、妊娠してからはゆったりとした丈の長いデザインの服にフラットシューズを合わせるようになった。コーデがマンネリ化してしまうのが悩みだ」というママは多いのではないでしょうか。

スニーカーだとスポーティーになりすぎてしまうし、パンプスだと冬場は寒いという意見もありますよね。ほどよくカジュアルに、かつオシャレな冬のマタニティコーデを楽しみたいのであれば、モカシンがおすすめですよ。

足の甲まで隠れていたり、ものによっては内側にボアが付いていたりするなど、寒い時期のお出かけにぴったりです。フラットで歩きやすく、脱ぎ履きもかんたん。キッズ展開もありますので、いずれは親子リンクコーデを楽しむこともできますよ。

靴の中がボアになっているスリッポン

綿やゴムでできているため革靴のような締め付け感がなく、紐がないので立ったままサッと履けるスリッポンは、マタニティママの便利アイテムです。赤ちゃんを抱っこしたまま履くときにも便利なので、産後も長く使えます。

とくに暖かみのあるツイード素材のものや、靴の内側がボアになっているものは冬場の足元のオシャレを楽しみたいときによいですよ。ブーツよりも脱ぎ履きしやすく、親子リンクコーデとしても楽しめます。

一口にスリッポンといっても素材やデザインはさまざまですが、滑りにくさを重視したいのであれば、もともと厨房用のシューズとして作られたワークマンの「滑らない靴」がよいでしょう。雨の日でも滑りにくいよう工夫された靴底で、多少の防水効果もある機能的なスリッポンですよ。

長時間履いても疲れないソフトローファー

妊娠中は血液量が増加するため、足のむくみに悩まされるママが多くいます。朝はすんなりと靴が履けるのに、夕方以降になると靴がきつくなるということが臨月にかけて次第に増えていくことでしょう。

重い体を支えるために足はとても疲れやすくなるもの。産休ギリギリまで仕事をする予定の方であればとくに、長時間歩いても疲れにくく、むくんだ足でも履きやすいような、ゆったりとしたデザインの靴を選ぶようにしましょう。

履き口がゆったりとしていてオフィスにもふさわしく、スカートにもパンツにも合う靴といえば「ソフトローファー」です。昔から愛用されてきたシンプルなデザインですが、長時間歩いても疲れにくい点が人気で、カラー次第では足元のアクセントとしても活躍してくれますよ。

転びやすい雪道では滑りにくい靴選びが大切

滑り止めの付いたローヒールパンプス

突然雪が降って道路が濡れたり、ところどころ薄氷が張っていて滑りそうになったりと、妊娠していない人でさえ気をつけて歩かなければならない冬の道。妊娠中のママや子どもを抱っこしているママであればなおさら、雪道で転倒しないよう細心の注意が必要となります。

ヒールのある靴はたしかにオシャレですが、お腹の赤ちゃんと母体の安全が第一です。妊娠前は転びそうになったとしても、とっさにバランスを取りなおすことができたかもしれませんが、妊娠中はそうもいきません。

北海道などの雪国では、パンプスの裏がスタッドレスタイヤのように雪道用に加工されているものも売られています。靴底に滑り止めが付いているローヒールタイプのものであれば、より滑りにくく安心して外出できますね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC