就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬も楽しめる子どもとのキャンプ!服装や料理、寝袋について知ろう

冬も楽しめる子どもとのキャンプ!服装や料理、寝袋について知ろう

最近は夏だけでなく冬もキャンプを楽しむ人が増えてきました。夏とは違い、寒い時期の冬キャンプは服装や寝るときの準備をしっかりとする必要があります。特に心配なのは子どもの服装や寝具ではないでしょうか。今回は知っておきたい冬キャンプの子どもの服装や寝袋、冬ならではの料理や遊びの楽しみ方を紹介していきます。

子どもとの冬キャンプの服装や料理と注意点

冬キャンプに行くときの子どもの服装

子どもは動きが活発なため、昼間は動きやすい薄手の服装で、夜は防寒を考えたアウターが必要です。冬キャンプ服装の大切なことは重ね着(レイヤリング)です。

レイヤリングは肌着のベースレイヤーと中間着のミドルレイヤー、上着のアウトレイヤーで考えます。ベースレイヤーは、汗かきの子どもに適した速乾性の物がおすすめです。ミドルレイヤーには、軽量で保温性に優れたフリース素材のジャケットやスウェットがよいでしょう。

アウトレイヤーは、昼間は動きやすいウインドブレーカーやダウンベストがおすすめで、夜は気心地がよく暖かい素材のダウンウエアが必要になります。昼間は動きやすい薄手の長袖やベストなどで調整し、夜はしっかりと防寒対策をすることが大切になります。

寒い冬のキャンプでは鍋や汁物で温まろう

寒い冬のキャンプには鍋料理や汁物は欠かせません。鍋は調理も簡単なのでおすすめです。鍋の種類には子どもに人気なカレー鍋、大人も子どもも楽しめる鶏すき焼き鍋、冬を感じるきりたんぽ鍋、そしておでんなどはいかがでしょうか。汁物は豚汁がおすすめです。

・カレー鍋…和風だしで好みの野菜や肉を煮て、カレールー・みりん・しょうゆ・酒で味を調えます。シメにはご飯とチーズのリゾットがおすすめ。

・鶏すき焼き鍋…通常のすき焼きと同じ要領で作ります。すき焼きと同じように生卵で食べるのがおすすめ。

・きりたんぽ鍋…きりたんぽは自宅で準備。鶏だしとしょうゆ・塩で味を調えます。

・おでん…寒いキャンプにはだし・砂糖・みりん・しょうゆの甘辛い味付けがおすすめ。

子どもと一緒に行くときに気を付けたいこと

キャンプでは事故に気を付けなければなりません。どんな事故があるのか、対策や簡単な処置も含めて見ていきます。

・やけど…火のそばには大人がついておきましょう。やけどをしたら患部を15~30分ほど水道水で冷却し、衣類を着ている場合は無理に脱がさず、衣類の上から冷却するようにします。

・低温やけど…使い捨てカイロや湯たんぽは袋やタオルに巻いて直接肌にあてないようにします。痛みは7~10日たったころに感じられることが多く組織が壊死するので、低温やけどの疑いがあれば病院へ行くようにします。

・低体温症…遊んで汗をかいたら、こまめに肌着を着替えるようにします。初期症状であれば乾いた温かい洋服に着替え、毛布などでくるみ温かい飲み物を飲ませることで回復します。

冬ならではのキャンプの楽しみ方とは

挑戦したい!子どもが喜ぶ雪遊び

雪遊びの定番には雪だるま作り、雪ウサギ作り、雪合戦、かまくら作りなどがありますね。定番の遊びに加えて挑戦していただきたい遊びは「雪のお絵かき」です。

「雪のお絵かき」は水で絵の具を薄めたものを用意し、それで雪の上に絵を描く遊びです。用意した絵の具水を食器用洗剤の空いた入れ物や、風呂洗い洗剤の空いた入れ物などにいれて、簡単に雪の上でお絵かきができます。

さらにおやつもできます。密閉容器の中に牛乳、生クリーム各100ml、砂糖20~30g、卵黄1個分、あればバニラエッセンスを入れて混ぜます。雪に塩を混ぜたものをポリ袋に入れて容器を包みこみ、振ったり転がしたりして、遊びながら凍るのを待ちましょう。ふたを開けたら、アイスクリームのできあがりです。

澄んだ空気の中で見るきれいな星空に感動

キャンプの醍醐味は自然を満喫できることですね。都会から離れたキャンプ場の星空は素晴らしいものがあります。さらに冬は空気が乾くため、水蒸気が減り空の透明度があがるので星がきれいに見えます。満天の星空を眺めながら、おいしいコーヒーやお酒を飲むのも素敵ですね。

せっかくの機会なので、望遠鏡を購入して天体観測をするのも、子どもが興味を持ち楽しいですよ。星座に詳しいパパもいらっしゃるでしょうから、しっかりと子どもに教えてあげて下さい。

望遠鏡は家にあっても毎日忙しく、ゆっくりと星空を観察することもないと思います。キャンプならではのゆったりとした時間のなか、望遠鏡を使って星を観察するのも、非日常的で子どもたちのよい思い出になるのではないでしょうか。

寒いからこそたき火や薪ストーブが楽しい

ママやパパも子どもの頃に経験したキャンプファイヤーはとても楽しい思い出だったと思います。冬キャンプでも、寒い時期のキャンプだからこそのたき火や薪ストーブはぜひ体験してもらいたいものです。

夜はたき火や薪ストーブにあたりながらゆっくりと過ごされるでしょう。温まりながらコーヒーや子どもたちのデザートを作るのも楽しいですよ。簡単につくれるのはホイル焼きです。

デザートにはさつまいもやりんごのホイル焼きがおすすめで、ちょっとしたお酒のおつまみには、玉ねぎやきのこ類、じゃがいもや鶏肉などをホイル焼きにすると簡単で美味しいおつまみができます。

じゃがいもはじゃがバター、鶏肉はハーブソルトを使ったり塩麹を使うと一味違うおつまみができますよ。

特に寒くなる冬の夜は寝袋を使ってみよう

子ども用の寝袋なら隙間がなくて暖かい

子ども用の寝袋は速乾性に優れた温かい中綿を使用していたり、汚れたら家での丸洗いが可能であったりとお手入れも簡単になっています。

大きさも小学生や小柄な女性くらいまでは対応できる物が多いので、毎年キャンプに行くご家庭は購入されると便利です。

子ども用の寝袋は、暑いときには足元を開けたり、広げてブランケットとして使用できる物もあります。コールマンの子ども用寝袋のように、身長によって2段階で長さを変えられるものもあり、余分な隙間を作ることがない分暖かさが確保しやすいです。

冬キャンプは寒いので、できるだけ身長にマッチしたものを選ぶと寒さも軽減されます。子ども用寝袋は、子どもにあった作りになっているので重宝しますよ。

大人用寝袋に親子一緒に入るのもあり

子ども用の寝袋を買いたいけどすぐに大きくなってしまうのでもったいないな、と思われる方もいらっしゃったり、子どもによっては、ママと一緒でなければ寝れないという子もいるでしょう。そんなときにはmont-bellの寝袋がおすすめです。

mont-bellの寝袋にはジョイント可能な物が4種類あります。ジョイント可能な物は二つの寝袋をくっつけて使用できるので、子どもが小さいうちは一緒に寝て、大きくなると1人ずつに分かれて寝ることができます。

さらにファミリー用のダウンファミリーバッグという長方形の形をした大きいサイズの物もあります。このダウンファミリーバッグ同士もジョイント可能なので、家族みんなで仲よく寝ることもできて楽しいですね。

子どもはスリーパーを着てから寝袋が安心

子どもは寝袋に入れて寝かせても、寒かったり風邪をひかないかな、と心配がつきませんね。寝るときには長袖肌着の上にジャージやスウェット、または冬用のパジャマを着ます。その上にスリーパーを着てから寝袋で寝るとさらに安心です。

それでも寒いと感じる場合は、もこもこの靴下を履くと暖かくなります。子どもは大人と違いあまり過剰に温めすぎると逆に汗をかいてしまうのでスリーパーくらいが丁度よいですよ。

スリーパーも袖ありの物や袖なしの物、綿素材の物やポリエステル素材、羽毛素材の物があります。子どもに合った温かさのスリーパーを選んであげられるとよいですね。

夜寝るときの服装は、温かく脱ぎ着がしやすいことに注意をして選ぶようにしましょう。

まとめ

冬のキャンプは、定番の夏キャンプとはまた違った楽しみ方があります。澄んだ星空、寒いからこそできる遊び、体を温めてくれる料理、親子で身を寄せ合ってのおやすみタイム。

冬キャンプには、寒さへの対策が大切です。突然雨が降る、気温が急激に下がるなど思いがけない天候の変化に出くわすこともありえますので、着替えなどは少し多めに、防寒対策を万全にしましょう。

冬キャンプ本番のこれからは、対策をしっかりとして、この季節ならではの思い出をたくさん作ってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018