就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもにゲームはさせていい?ゲームの影響を知りルールを決めよう

子どもにゲームはさせていい?ゲームの影響を知りルールを決めよう

私たち親が子どもだった頃と違い、今のゲームは3D画像でとても美しく、ゲームの内容もさまざま、子どもが楽しめるものが沢山あります。子どもたちはあっという間にゲームに夢中になってしまいますが、ゲームは子どもにどのような影響を与え、ゲームとうまく付き合うためにはどのようなルールを作ればいいのでしょうか。

ゲームが子どもに与える影響とは?

ゲームに触れる子どもの低年齢化

幼児を対象にしたアプリやゲームも、今は沢山販売されています。まだ器用でない指でも遊べるように、大きな絵やボタンで作るなど工夫されていて、小さな子でも楽しく遊べるものになっています。

パズルなどの遊びや、言葉の勉強ができる教育アプリを使って、ゲーム感覚で楽しく子どもに学ばせるママも増えてきています。今は、子どもの周りにこういうゲームや電子機器が当たり前のように存在し、利用されているのです。

年上の兄弟姉妹がいると、お兄ちゃんやお姉ちゃんがゲームしているのを横から見て、自分も遊びたいとおねだりし、上の子よりも早くからゲームを始める子もいるでしょう。こうしてどんどんゲームやスマホなどの電子機器に、小さなころから触る機会が増えています。

長時間のプレイは発達に影響することも

私たちが子どものころは、テレビを見すぎると目が悪くなるといわれていました。それと同じように、長時間ゲームをすることも、目を疲れさせ、モニターからの光が視力を悪くするという研究結果が出ています。

またゲームをしている時は、脳の前頭前野の活動が低下し、「ゲーム脳」という症状を起こすという研究結果も発表されています。前頭前野は、人を人たらしめ、思考や創造性を担う脳の最高中枢といわれていて、この部分に損傷を受けると、計画が立てられなくなったり、物を作り出す能力が低くなるそうです。

これらはゲームに対して否定的な考えの人たちに支持され、世に知られていますが、ゲームをしている人がすべてこのような障害を受けているわけではないのも事実です。

悪影響だけではないので安心して

ゲームは悪い影響ばかり与えるわけではありません。今では幼児の知育教育が目的で、さまざまなゲームも開発されていますし、現代社会ではパソコンなどの電子機器を使いこなせなくては、仕事ができないのが現状です。子どものころから電子機器やゲームに慣れ親しみ、抵抗を感じないようにするのは悪いことではありません。

子ども同士の会話でもゲームの話題は多く、ゲームを知らないと話に入れない場合もあります。昔、漫画の貸し借りをしたように、今は子どもでゲームの貸し借りをしたり、仲間のコミュニケーションの一つにもなっています。

ゲームは悪いと言い切ってしまうほど悪影響ばかりではないのです。必要なのは、うまくゲームと付き合うことなのです。

子どももママもストレスのないルール作りを

厳しすぎるルールはストレスの元に

ではどのようにゲームと付き合えばいいのか考えてみます。まずはゲームにのめり込み過ぎて生活に支障がでないように、ゲームを与える前に、親子でルールを作ります。

ゲームを始める前にその日やるべきことはすませてしまう、食事の時間、睡眠の時間はきちんと守る、1日何時間ならゲームしていいのか、ルールを守れないときにはどう対処するのかなどを、親子で話し合います。

ここで注意するのが、厳し過ぎるルールを作らないということです。例えば、ゲームの時間が短すぎると、まったくゲームを楽しむことができず、不満ばかりつのります。そうすると、もしかしたら子どもは、親から隠れてゲームをするようになるかもしれません。親も、子どもを叱ってばかりになってしまいます。

押し付けずに子どもとじっくり話し合って

ルールを作るときには、親の一方的な考えで作らず、子どもの意見も聞いて作ります。ルールを守るのは子どもなので、子どもが納得したルールでなくてはすぐに破られてしまいます。

ゲームが、子どもの1日の息抜きになったり、楽しくて気分がよくなるのなら、それは子どもに必要なことです。ママも好きなドラマや番組を、毎週楽しみにしていたりしますよね。それと同じだと思えば、ゲームをしたがる子どもの気持ちも理解しやすいと思います。

子どもを楽しませてあげたいという気持ちを前提にして、でも、その前にこれだけは守ってもらわなくてはいけない条件をママは出しましょう。あれもこれもと、子どもに押し付けすぎては、折角の子どもの気分転換の一つが潰されてしまうのです。

課金や知らない人とのやり取りを防ぐには

ゲームによっては、お金を払うシステムのものもあります。そういう場面に遭遇したときには「勝手にお金を払ってまでゲームを続けない」と、しっかり約束させます。ゲームでお金を使い始めると、どんどんお金を使い込むようになり、自分では止めることができない、とても怖いことなのだと教えてあげましょう。

それでも心配な場合は、スマホでアプリ内課金の無効設定をすると課金できなくなります。スマホの設定画面から選択することができますので、念のためにこの設定をすると安心です。

インターネットゲームでは、知らない人も一緒の画面上でゲームをしていることを教えてあげましょう。もしかしたら怖い人かもしれないから、ゲーム以上に関わらないようにと約束します。

ゲームのシステムを把握しておこう

止めやすいタイミングを知っておく

ゲームをしないママは、どうして子どもがゲームを止める時間になっても止められないのか、その理由が分かりませんね。もっとやりたいからやり続けているだけと思っているママも多いでしょう。

ゲームによっては、単発で対戦する内容のものもあれば、毎日こつこつ続けて進めていく内容のものもあるのです。この「こつこつ型」のゲームでは、今日進めた部分まで保存すれば、明日は、その続きから始めることができるのです。でも保存しないと、またいちからやり直しです。

なので保存作業が必要になります。でも、この保存作業はいつでもできるわけではなく、ある一定の場面まで進めなくては、保存ができないシステムなのです。子どもはこの保存作業がしたくて、保存ができる場面まですすめたくて、ゲームを続けてしまうのです。

こういうゲームの内容を知り、子どもがゲームを止めやすいタイミングをママが知っていると、ゲームを止めさせやすくなります。「10分前には保存作業のために声をかけてあげよう」とか「1日1時間なら保存作業も含めてゲーム時間は丁度いいかな」などが分かります。
38 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC