就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

12月生まれの女の子のママへ!出産の準備や名付けについて

12月生まれの女の子のママへ!出産の準備や名付けについて

12月生まれの女の子には、どんな名前が人気なのでしょうか。「一文字の名前が人気」と聞くことがありますが、どんな文字があるのでしょう。12月に女の子を出産する予定のママとそれを支えるパパのために、冬に生まれる赤ちゃんの特徴や準備しておいた方がよいもの、名づけの仕方などをまとめます。

12月の出産に向けて準備することとは

冬のベビーウェアを用意しよう

12月は寒さも乾燥も厳しい季節です。暖かく快適な冬のベビーウェアを用意しておきましょう。

肌着は短肌着やコンビ肌着(短肌着と重ねて使う保温のための肌着)が便利で、柔らかくてしっかりとした吸湿性や通気性のある素材を選ぶようにしましょう。伸縮性の高いフライス素材や、やわらかい肌ざわりのニットガーゼ素材がおすすめです。

ツーウェイオール(2通りの着せ方ができる赤ちゃん用の服)や胴着(上着と肌着との間に着る腰までの防寒用の服)も、赤ちゃんの体温調節に最適です。肌着やウェアと合わせて着用します。

ほかには、外出用としてアフガン(おくるみ)やジャンプスーツ(ジャンパーやコートの代わりになるもの)があると、急に寒くなっても安心です。

赤ちゃんの防寒グッズを用意しよう

どんなに着込んでも寒い日には、赤ちゃん用の防寒グッズを上手に活用しましょう。

ベビーカーで移動するときは、フードがついた全身を覆うことができるダウンアウターが便利です。抱っこ紐のときは、ニットのアウターを着せてから抱っこ紐用のカバーやケープをつけてしっかり防寒します。

室内で過ごしているときは基本的に裸足ですが、外出の際は靴下が必需品です。室内では体温調節としてレッグウォーマーを使ってあげるとよいですね。

まだ髪の毛があまり生えていない赤ちゃんは、頭が冷えると次第に体も冷えてしまいます。乾燥した空気や冷気が直接当たってしまわないように、帽子をかぶせて冷気から守りましょう。

ほかにもニットやベスト、カーディガンなどもあると安心です。

名づけやタイプについて知ろう

赤ちゃんが無事生まれてくれると次の課題は「名づけ」です。何度もその名前で呼ばれることになるので、文字のイメージがどんどん刷り込まれていき性格やタイプに影響することもあるそうです。

たとえば、破裂音が続く名前のタケシくんは、元気いっぱいのガキ大将からリーダーに育っていくかもしれません。母性を感じさせる鼻濁音並びの名前のマナミちゃんは、ママのような優しさで周囲の人を包み込んでいくかもしれません。

つまり名前からイメージされる雰囲気でそのように振るまったり、周囲の期待に応えようとしたりして、それが自然と性格やタイプに影響するということも十分考えられるのです。「どんな願いを込めて名前をつけるか」ということが重要になってきますね。

12月生まれの女の子の名づけについて

季節や自然に由来した名前

では12月生まれの女の子にはどんな名前が人気なのか、具体的に調べてみましょう。

やはり季節や自然に由来した名前は人気です。12月は冬まっただ中ということで、澄んだ空気や雪景色など、静けさをイメージした名前が多いようです。

人気の漢字は「冬」「深」「雪」「白」などで、静けさを感じる「静」「聖」「澄」という漢字もみられます。冬は「トウ」とも「ふゆ」とも読むことができるので、読みの響きに重点を置いて名前をつけてもよいですね。

冬のイメージにぴったりなクリスマスや雪遊びなどの楽しいイベントや季節の花や冬に実る果物などをモチーフとした漢字を使用しても素敵ですね。12月は名づけのためのヒントがいっぱいですよ。

かわいい一文字の名前

季節を問わず人気なのが、かわいい一文字の名前です。12月生まれの女の子向けには、どんな一文字があるのでしょうか。

12月生まれの女の子に人気の名前ランキングは、1位「結菜」、2位「陽葵」、3位「凜」という結果です。「凜」は「2018年赤ちゃんの名前ランキング」では11位でしたが、12月にはTOP3入りを果たしました。意味は「冷たい氷に触れたように心身ともに引き締まる感じ」「りりしい」「きりっとしている」などがあり、冬にぴったりの名前です。

「凜」という漢字は旧字体で、新字体の「凛」も4位にランクインしています。2018年全体のランキングでは「凛」が2位、「凜」が11位と差がありますが、12月は人気が逆転する結果となっています。

名づけで気をつけることとは

12月生まれの女の子に素敵な名前を贈るために、赤ちゃんの名づけをするときに注意したいことを紹介します。

名づけをする際は、姓名の全体的なバランスに気をつけるようにしましょう。姓と名に同じような漢字が入っていたり発音が似ていたりすると、バランスに違和感を覚えることがあります。

また名前の漢字を選ぶ際に本来の読みとは違う「当て字」を多用しすぎると、周囲から間違って呼ばれたり、正しい読み方を聞かれたりすることがあります。名前の候補ができたら家族や友だちなどに見せて、読みにくくないか確認してもらうと安心です。

ほかにも「名づけに使用できる漢字なのか」「古風すぎたり派手すぎたりしないか」などを、家族みんなでチェックしておくとよいですね。

冬生まれの女の子の性格やタイプは?

冬生まれの基本的な性格について

ハーバード大学やシカゴ大学などが行った研究では「生まれた季節や誕生月はその人の性格や生き方に大きく影響を及ぼす」という結果が出ています。生まれた季節や誕生月は性格や生き方とは関係ないようにも感じますが、それでいてちょっと納得できるような気もします。

冬は一年の中で最も寒く、比較的静かなイメージのある季節です。そのせいあってか、冬生まれの人は落ち着いた印象のある人が多いようです。また頭脳明せきでもあり、とても優秀なイメージがあります。

そして、人見知りで警戒心が強いのですが、一度心を許せばどんどん仲良くなっていくという特徴もあります。みんなに人気者というよりも、特に仲のよい身近な友だちを作って、深い絆で繋がっていくタイプといえそうです。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事