就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園と幼稚園の違いについて知ろう!選び方のポイントをご紹介

保育園と幼稚園の違いについて知ろう!選び方のポイントをご紹介

子どもが大きくなってくると、保育園と幼稚園どっちに入園すればいいのかと迷う方もいらっしゃると思います。以前は、共働き家庭には保育園という選択肢が一般的でしたが、現在は預かり保育をしてくれる幼稚園もあります。今回は保育園と幼稚園の違いやメリット・デメリットなど入園する際に考えるポイントをまとめてみました。

保育園と幼稚園の目的、費用、時間の違い

それぞれ施設の目的が違います

保育園は、厚生労働省が担当している施設で「児童福祉法」に基づき、「子どもの親が働いている、病気などの状態にあり、家庭で十分に保育できない場合に家庭に代わって子どもを保育する場所」と位置づけらた児童福祉施設です。

幼稚園は、文部科学省が担当している施設で「満3歳から小学校就学までの幼児が、1日4時間程度の教育をし、心身発達を助長するための教育施設」となっています。

簡単にまとめると…保育園は「日中家庭で保育できない親の代わりに子どもが生活をする場所」に対し、幼稚園は「小学校就学前の幼児が教育を受ける場所」ということになります。

保育園と幼稚園は同じようなものかと思っていましたが、目的や方針に違いがあるのですね。

費用は?どれくらい違うの?

保育園は、認可・認証・無認可などの種類があり、各保育園で費用が変わります。

認可・認証保育所は、住所のある自治体との契約で入園することができます。保育料は自治体が定める費用で、大概の自治体では入園する子どもの年齢・家庭の世帯収入に応じて保育料を決定しています。無認可保育園は、入園する子どもの年齢・保育時間などによって保育料を決定しているところが多いようです。

厚生省の統計によると、平均的な保育料は月2~3万円の家庭が多いそうです。ですが、3歳未満児は保育料が平均よりも高いです。

また、幼稚園も私立と公立かで費用が違ってきます。

文部省の調査による保育料と給食費などを含めた平均費用は、公立は月2万円弱、私立は月4万円程度の保育料になります。

預かってもらう時間の違いはあるの?

保育園の預かり時間は、月~土曜日の基本朝7時半くらいから夕方4時半くらいまでが多いようです。延長保育がある保育園では、夜7時半くらいまで預かってくれるところもありますが、別途料金がかかります。また2歳未満児は「半日保育のみ」という保育園もあるので、自治体などに確認してみるといいですよ。

幼稚園の預かり時間は、月~金曜日の朝8時半くらいから昼の2時くらいまでが基本ですが、延長保育が可能な幼稚園もあります。学校同様に夏・冬休みなどがありますが、長期休みの預かり保育に対応してくれる園もあるので、園に問い合わせてみるといいですね。

保育園は丸1日預かってくれる、幼稚園は半日預かってくれる、と預かり時間には大きな差があります。

保育園と幼稚園のそれぞれの生活の違い

学力の差ってあるの?

保育園は家庭の代わりの施設、幼稚園は教育を受ける施設と目的は違いますが、小学生になってからの学力の差はあまりないようです。「集団生活や生活を学ぶ場所」と考えるとよいかもしれません。

すべての保育園・幼稚園のカリキュラムが共通しているわけではなく、園によって違います。英語に力を入れているところや、自然に触れることを大切にしている、基本裸足で過ごす園など、様々です。

学力は子どもの個性や家庭での対応により差が出てくるので、カリキュラムが素晴らしい園に入園したからといって、子どもの学力は安心というわけではありません。園児のうちは学力を気にせず、子どもが伸び伸びと過ごせる園を選んであげるとよいかもしれませんね。

保育園で学べる内容や行事について

保育園は、生活や身の回りの管理などのトレーニングを主として行っています。

0歳児~2歳児くらいは、食事の練習・トイレトレーニング・お片付け・お昼寝などです。3歳くらいでは、お絵かき・手遊びなど知育が含まれてきます。4歳からは、ごっこ遊び・ひらがな練習などの教育が含まれてきます。

保育園は0歳児からいるため、年上の子が小さい子の面倒を見たりと、同年齢の子ども以外と関われるのが特徴です。また自然と触れ合うことや、散歩などで地域の方々との交流もあります。

保育園での主な行事は、親子遠足・運動会・お泊り保育・保育参観・お遊戯会・季節の行事など意外と多いです。子どもの成長を感じる行事がたくさんありますね。

幼稚園で学べる内容や行事について

幼稚園は、勉強を主に行っています。

幼稚園の対象年齢は3歳~5歳で、保育園と比べて保育時間は短いのでお昼寝はありません。内容としては、お絵かき・読み書き・計算・運動・リトミックなどです。
最近では、英語教育に力を入れている幼稚園もあり、ネイティブの先生が来て本場の英語にふれる機会もあるそうです。

幼稚園での主な行事は、親子遠足・バザー・運動会・授業参観・季節の行事などがあり、またPTAや子どもだけの行事にも保護者の参加協力をお願いする場合もあります。

幼稚園は保育園と比べ、保護者が参加する行事が多いのではないのでしょうか。特にバザーはPTAが中心となり保護者が行うので、休みがとりにくい仕事をしている方にとっては大変かもしれません。

保育園と幼稚園を選ぶポイントはコレ!

保育園のメリット、デメリットを知ろう

保育園のメリットは、長時間預かってくれる・生活習慣が学べる・程よく知育し、程よく遊べるところではないのでしょうか。家庭の都合上、自身で保育できないママにとっては保育園でトイレトレーニングもしてくれるので助かりますよね。

また、登園時間もお迎えの時間も各家庭様々なので、人との関りが苦手なママにとってはいいかもしれません。

デメリットとしては、つい保育園任せになってしまう・平日は家族で過ごす時間が短くなってしまう・子どもに寂しい思いをさせてしまう可能性があるのではないのでしょうか。

低年齢で長時間保育園に預けるのは、子どもに我慢をさせていると思った方がよいのかもしれません。家庭の事情で長時間預けなければならない場合は、パパやママがお休みの日に思う存分遊んであげることが大切です。

幼稚園のメリット、デメリットを知ろう

幼稚園のメリットは、列になったり、椅子に座って作業をする習慣がつく・子どもとの時間がある・小学校の疑似体験ができるというところではないでしょうか。

最近では、延長保育が可能な幼稚園がありますが、基本的にはお昼の2時くらいまでなので幼稚園が終わった後に、子どもとの時間を作ることができます。

デメリットとしては、長時間預けることができない・お昼がお弁当の場合は好き嫌いが多くなる・親が参加する行事が多いというところではないのでしょうか。

保育園は完全給食ですが、幼稚園はお弁当のところもあります。お弁当はつい子どもの好きなものを入れてしまうので好き嫌いが治らず、小学校の給食が食べられないというケースもあるそうです。
またPTAもあるので、ママは仕事を休むことが多くなってしまったり、ママ同士の関りで苦労などもあるそうです。

家庭状況と家庭の教育方針で選ぼう

保育園と幼稚園のメリット・デメリットを紹介しましたが、最終的にどちらに入れるかは家庭の状況と教育方針と子どもの興味です。また、保育園や幼稚園の雰囲気や自宅からの距離なども園を選ぶポイントとして入れてもよいと思います。

同じ地域にある園でも、各園で本当にカリキュラムが様々なので、運動が好きな子どもにはリトミックやスポーツなどを取り入れている園、勉強に興味がある子どもにはカリキュラムが充実している園と色んな園を調べてみるとよいでしょう。

家庭の状況にもよりますが、3歳までは保育園でその後幼稚園という家庭も少なくないようです。そうすると生活習慣も学べ、小学校就学前までの知識も身につけることができます。




まとめ

保育園と幼稚園の違いを紹介しましたがいかがでしたか?保育園も幼稚園も違いはたくさんあり、メリット・デメリットも違いましたね。参考にしていただけたらと思います。

保育園と幼稚園の違いをまとめましたが、1番大切なことは「子どもが楽しく過ごせる場所」になることなのではないのでしょうか。家庭の方針、子どもの興味などご家族で相談し、家庭に合った園選びができるとよいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018