就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの髪の毛はいつ切ったらよい?切る目安と髪の毛の保管方法

赤ちゃんの髪の毛はいつ切ったらよい?切る目安と髪の毛の保管方法

赤ちゃんの髪が段々と伸びてきたので、そろそろ切りたいけれど、どのタイミングで切ったらよいのか悩んでいるママもいるかもしれません。そこで今回は、赤ちゃんの髪の毛を切るタイミングとどこで切るのか、切った後の赤ちゃんの髪の保管方法などについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの髪の毛を切るタイミング

1歳前後がだいたいの目安

「赤ちゃんの髪、だいぶ伸びてきたけれど、いつ頃初めてのカットをしたらよいのだろう」と考えるママが意外と少なくありません。わが子の初めてのヘアカット、ママとしてもなんだか慎重になりますよね。

一般的には1歳前後に散髪デビューするケースが多く、一つの目安となっています。しかし髪の毛の生え方や伸び方には個人差があるので、ママやパパがまだ気にならないようなら無理に切らなくても大丈夫ですよ。

生まれたときに生えている赤ちゃんの髪の毛は、すべて産毛です。だから大人の髪の毛よりも細くてふわっとしているように感じますよね。早くて生後3カ月頃から、平均的には1歳前後には産毛から普通の髪の毛に生え変わるので、その柔らかい毛の状態がずっと続くわけではありません。

目に髪の毛がかかり始めたら

赤ちゃんの前髪が伸びてくると、赤ちゃんの目にかかるのが気になるというママもいることでしょう。目に入らないように毎回ゴムで結わえるのもよいですが、どうしても気になるようなら、そろそろ髪を切ってもよいかもしれません。その時点でたとえ1歳未満であっても、切ってあげるようにしたいですね。

髪の毛の伸び具合は、頭の部位によってもその速さが違ってきます。前髪部分がほかの部位よりも早く伸びる子もいるので、その場合は前髪だけ切るのもありですよ。必ずしも、髪の毛全体を同時に散髪する必要はありません。

髪の毛が目にかかると、赤ちゃんの視界が遮られ、ストレスに感じることもあります。邪魔になっていると感じたら切ってあげましょう。

髪の毛が長すぎると皮膚トラブルの原因に

赤ちゃんの髪が伸びてくると、かわいらしさも増し、すぐには切りたくないと思うママも多いですよね。特に赤ちゃん期の髪の毛は柔らかいので、伸びてくるにつれて毛先がくるんとカールしたり、ウェーブがかったりなどして、切るのがもったいないように感じることでしょう。

しかし髪の毛が長すぎると、皮膚トラブルの原因になることがあるので注意しましょう。特に赤ちゃんは体温調節機能が未熟ですし、大人よりも汗をかきやすいですよね。

髪の毛が伸びてきて顔や首を覆っていると、そこが蒸れて汗疹ができる可能性もあります。また、頭が蒸れるとかゆみを感じることでしょう。

赤ちゃんのデリケートなお肌のためにも、髪の毛はあまり伸ばしすぎないように心がけてくださいね。

赤ちゃんの髪の毛はどこで切る?

美容室で切ってもらう

赤ちゃんの初めてのヘアカット、どこで切ってもらおうかと悩んでしまいますよね。美容室によっては、赤ちゃんの髪の毛を切ってくれるところもあるので、近くにないか探してみましょう。

看板やサイトなどに、赤ちゃんのヘアカットについて表記されていない場合でも、電話をかけて直接聞いてみると切ってくれることもありますよ。また、赤ちゃんOKのところは、カットの間子どもの気を惹くためのおもちゃやグッズなどが揃っていることが多いので、散髪中赤ちゃんの気を紛らわせることもできます。

ただ、赤ちゃんが嫌がることもあるため、大人の散髪のときのようにスムーズにいくとは限りません。場合によっては散髪を諦めなければならないこともあるので、留意しておきましょう。

自宅でパパとママで切る

美容室に行かなくとも、自宅でパパとママで切ることも可能ですよ。その場合は、カットに必要な以下の道具を揃える必要があります。

・赤ちゃん用の散髪ハサミ
・場合によっては赤ちゃん用のスキバサミ
・クシ
・散髪用のケープ

散髪ハサミとスキバサミは必ず先が丸くなっている赤ちゃん用のものを選ぶようにしましょう。赤ちゃんの肌に当たっても肌を傷つける心配がありません。

まだ髪の毛の量が少ない場合、スキバサミは必要ではありませんが、成長とともに髪が増えてくるとあった方が便利です。散髪用のケープは100円ショップにもあるので探してみてくださいね。また、カットするときは下に新聞紙を敷いておくと、後片付けが楽になります。

赤ちゃんの髪の毛を切るときの注意点

赤ちゃんの髪を切るとなると、パパもママも少し緊張してしまうかもしれません。手が滑ってハサミを赤ちゃんの上に落とすことのないよう、注意しましょう。

慣れるまではパパとママが一緒にいるときに髪の毛を切ってあげると安心ですよ。たとえばママが赤ちゃんの髪を切っている間に、パパには赤ちゃんの気を惹いてもらうようにしましょう。

お気に入りのおもちゃであやしたり、絵本を読み聞かせたりするのもよいですね。もしくはお気に入りのアニメをテレビやタブレットで観せるのも一案です。

ママが切っている間は、赤ちゃんが動かないようにしたいですね。赤ちゃんが泣いたりぐずったりしてどうしても嫌がる場合には、潔く諦め、また後日チャレンジするようにしましょう。

切った赤ちゃんの髪の毛の保管方法

初めて切った髪の毛で筆を作る

初めて切ったわが子の髪の毛、思い出として大切に保管しておきたいですよね。そのまま保管するのもよいですが、せっかくなら筆を作ってみるのもおすすめです。一生に一度のよい記念になること間違いなしですよ。

筆の太さにもよりますが、細筆なら長さ約3cm、毛束の太さは約5mm程度から作ることができます。普通の太さの筆にしたい場合は、長さ約5cm、毛束の太さは約8mm以上必要になってくるので、髪の毛を切るときにこの長さと量を意識して切るようにしたいですね。

パパとママでカットするのが不安な場合は、筆作りの会社と提携している美容室でカットしてもらうと、そこから直接筆の申し込みもできるので便利ですよ。近くにないか探してみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC