就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

読み聞かせの幼児へのメリットは?秋に読みたい絵本と効果的な読み方

読み聞かせの幼児へのメリットは?秋に読みたい絵本と効果的な読み方

秋といえば読書の秋ですよね。「読書の秋に子どもに読み聞かせをして、楽しませてあげたい」というママも多いですよね。ここでは、読み聞かせをすると子どもはどのような成長をしていけるのかや、子どもと一緒に楽しめる秋を感じられる絵本などをご紹介します。

読み聞かせが幼児に与えるメリット

感情や想像力が豊かになる

子育てをしていると「子どもに絵本を読み聞かせるとよい」というアドバイスをもらうこともありますよね。幼児期の子どもに絵本の読み聞かせをすると子どもの脳がたくさんの情報を取り入れることができ、すくすく成長していけるといわれています。

絵本の読み聞かせをすると、子どもの感情や想像力が健やかに発達する効果があります。楽しい、嬉しい、悲しい、怖いなど、ママと一緒に絵本で体験することで、さまざまな感情を学ぶことができますよ。

また、絵本の読み聞かせは子どもが頭の中で自由にストーリーを膨らませていくので、子どもの想像力が豊かになるともいわれています。子どものペースに合わせて絵本を読んであげるとよいですよ。

国語力や語彙力を育てられる

子どもは絵本を読むことで、さまざまな言葉と触れ合うことができます。日本語には同じ言葉でも違う意味を持つ言葉などがあり難しいですよね。絵本の読み聞かせには、子どもの国語力や語彙力を育てる効果があるといわれています。

絵本では普段パパやママなど、身近な人が話している言葉のほかにも、さまざまな言葉の情報がたくさん詰まっていますよね。幼児期の頃に絵本でたくさんの言葉に触れることで、子どもは情報を取り入れ自分で活用していくようになります。

幼児期にたくさんの言葉を覚えている子どもは、大人になってからもさまざまな文章を理解する力がついているので、仕事や他者とコミュニケーションをとるときなどにも、役に立つことが多いのではないでしょうか。

コミュニケーションで親子の絆が深まる

近年では共働き夫婦が増加傾向にありますよね。子どもと一緒にすごす時間が少ないと、「どのように子どもとコミュニケーションをとればいいか分からない」と悩む方もいるかもしれません 。

絵本の読み聞かせは夜ご飯のあとや寝る前など、短い時間で親子がしっかりコミュニケーションをとり、親子の絆を深めることのできる遊びの一つです。パパやママの膝の上に子どもを乗せながら絵本を読んだり、親子でほっぺをくっつけて絵本を見たりと、スキンシップもとれるのでよいですよ。

毎日決まった時間に絵本の読み聞かせをすると、絵本を読む習慣もついてくるので、忙しくても読み聞かせの時間を作り、親子でコミュニケーションをとりましょう。

読み聞かせの絵本の選び方と読み方のコツ

年齢に合った読み聞かせの絵本の選び方

「子どもと一緒に絵本をたくさん楽しみたいけど、どのような物語を選べばよいか分からない」と、絵本の選び方に悩むママも多いのではないでしょうか。子どもと一緒に絵本を楽しむときは、子どもの年齢に合った物語を選んであげる必要があります。

・0~1歳
赤ちゃんと絵本を楽しむときは、触ると音の鳴る絵本や分かりやすい絵が描かれているものなど、ママとスキンシップを楽しめるようなものがよいですよ。

・1~2歳
果物や動物などの絵本がおすすめです。指を指しながら一緒に物の名前をいってたのしみましょう。

・3~4歳
この頃になると、簡単なストーリーの絵本が楽しめるようになりますよ。

・5~6歳
昔話などの自分の知らない世界の絵本なども楽しめるように!

子どもに効果的な絵本の読み方のコツ

子どもに絵本の読み聞かせをしているパパやママは多いですよね。絵本の読み聞かせは子どもの想像力や国語力、コミュニケーション力など、さまざまな力が身につくといわれているので、絵本の読み方のコツを知り、子どもの力を伸ばしてあげましょう。

・子どもが感じる感情や想像力を邪魔しないよう、大げさな表現の仕方は控えましょう。

・絵本に書いてある言葉は、描かれている絵に合うように考えられているものです。言葉を付け足したり、アドリブを入れたりするのではなく、言葉のリズムを楽しむとよいですよ。

・子どもが絵本の世界に入り込めるように、ゆっくり心を込めて読みましょう。

・読み聞かせの途中で子どもに質問などをして、中断しないように気をつけましょう。

感想は聞かずに子どもと一緒に楽しもう

絵本の読み聞かせをしてあげると「どんな話だった?」「面白かった?」など、パパやママは子どもの感想が聞きたくなりますよね。しかし、物語の感想ばかりを子どもに求めてしまうと、子どもは読み聞かせの時間が嫌になってしまうこともあります。

絵本を見聞きしたあとの子どもは、心の中で想像力を広げてその子だけの世界を描いて楽しんでいます。子どもから「◯◯だったよ」と感想をいったときは、「そんな風に思ったんだね。すごいね」「面白い話だったね」などと、子どもの世界観をちゃんと聞いてあげて一緒に楽しみましょう。

子どもが感想をいわないときは無理に聞かなくても大丈夫です。パパやママが絵本を子どもと一緒に楽しむことが1番大切ですよ。

年齢別の読み聞かせのコツとおすすめの絵本

子ども主体で!1~2歳に読みたい秋の絵本

先ほどにもご紹介しましたが子どもに絵本の読み聞かせをするときは、子どもの年齢に合った絵本を選んであげることが大切です。1~2歳の子どもに読んであげたい!秋の絵本をご紹介します。

・「さわさわもみじ」
「さわさわさわ」というもみじが風に揺られる音や、「ぽとんことん」というどんぐりが大きな木から落ちている音、「ひゅるるるる」という秋から冬になり、冷たい風が吹いている音など、秋を感じるさまざまな音を楽しめる絵本です。読んだあとは、子どもと公園に紅葉を見に行きたくなりそうですね。

・「どんぐりとんぽろりん」
「ぱらぱらとんとん」とリズミカルな言葉でどんぐりが木から落ちてきます。可愛いりすやくまが描かれているので、小さい子どもでも夢中になれそうな絵本ですね。

繰り返し読む。3~4歳に読みたい秋の絵本

3~4歳の子どもは簡単なストーリーが理解できるようになり、何回も同じ絵本を読みたがる子も多いです。3~4歳の子どもに読みたい!秋の絵本をご紹介します。

・「おちばいちば」
さっちゃんという女の子がたどり着いたのは「おちばいちば」。「おちばいちば」には、おちばスカートや、木の実でつくったごちそう、おちばのお魚など、秋を感じられるものがたくさん売られているという不思議なお話です。秋を感じられる可愛らしい物語ですよ。

・「いもほりコロッケ」
まきおくんという主人公がじゃがいも掘りを体験し、掘ったじゃがいもでお母さんにコロッケを作ってもらうという楽しいお話です。食欲の秋に家族皆で読むと、楽しめそうですよね。

幅広い興味を!5~6歳に読みたい秋の絵本

5~6歳になると、ひらがなが読めるようになり子ども1人で絵本を読む子も増えてきますよね。しかし、パパやママが読み聞かせをすることによって、絵本の内容に集中でき、想像力が膨らむといわれているので家族のコミュニケーションの時間として、読み聞かせは続けていきましょう。

5~6歳の子どもに読みたい!秋の絵本をご紹介します。

・「お月さまってどんなあじ?」
「お月さまってどんな味なんだろう?」と、想像してみたことはありますか?このお話はお月さまの味を確かめたくて、シマウマやネズミ、ゾウ、カメなどのさまざまな動物が力を合わせてお月さまに挑んでいきます。子どもの想像力が膨らみ、パパやママも楽しめるお話ですよ。お月見の季節にピッタリの絵本ですね。

まとめ

幼児期の子どもにとって絵本の読み聞かせは、絵本からさまざまなことを学ぶほかにも、自由に想像力を膨らませることができる遊びですよね。年齢に合った絵本を選び、子どものペースに合わせて一緒に絵本を楽しむことが大切ですよ。

秋の季節感を楽しめる絵本はたくさんあるので、お家の中でも家族で秋を感じられる絵本を読んでみましょう。絵本を読んでから公園や味覚狩りにお出かけに行くと、「絵本で見たのと同じ!」と、きっと盛り上がりますよ。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018