就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬休みに赤ちゃんと旅行したい!赤ちゃん連れ旅行の楽しみ方と注意点

冬休みに赤ちゃんと旅行したい!赤ちゃん連れ旅行の楽しみ方と注意点

すっかり寒くなって街もクリスマスの準備でにぎわっていますね。そろそろ年末年始のお休みの予定を考えている人も多いのではないでしょうか。せっかくの長期休みなので旅行に出かけたいけど、今年は赤ちゃんがいるからなぁ…とあきらめていませんか?今回は、赤ちゃんと一緒に楽しめる冬の旅行についてご紹介します。

赤ちゃんと旅行に行くならどんな場所?

移動手段は赤ちゃんに合わせて選んで

赤ちゃんと行く旅行では、行き先やスケジュールももちろん重要ですが、目的地までどうやって行くかも慎重に選んだほうが楽しい旅になりますよ。

飛行機、新幹線、自動車…それぞれにメリットやデメリットもあり、そもそも飛行機じゃないと行けないという場合もありますが、移動手段に迷った場合には赤ちゃんに合わせて選ぶようにしてくださいね。

特に乗り物が大好きな男の子の場合、普段あまり乗ることのない飛行機や新幹線で出かけることは、それ自体が旅行の楽しみになるかもしれません。

しかし月齢の低い赤ちゃんには、終始プライベートな空間で移動できる自動車の方がおすすめです。周りの目を気にする必要がなく、荷物もたくさん持っていくことができます。

赤ちゃん連れ歓迎の宿なら安心

宿泊先を探すときに注目したいのが、『赤ちゃん連れ歓迎の宿』です。赤ちゃんが産まれる前は、おいしい料理や立地のよさで泊まるホテルや旅館を選んでいたかもしれません。

しかし実は赤ちゃん連れに優しい設備が整っているかどうかは宿泊先によってまったく違うので、事前にチェックしておきたいポイントです。

赤ちゃん連れ歓迎の宿では、部屋の中の安全性はもちろん、ベビーカーの通りやすさなど細かいところまで配慮されています。また、キッズルームやベビーバス、子ども用のシャンプーなどの設備が充実していたり、離乳食にも柔軟に対応してもらえたりするので、旅行へ持っていく荷物もぐっと減らすことができますよ。

スタッフの方も赤ちゃんに慣れているので安心ですね。

暖かく過ごせる場所を選んで

冬に赤ちゃんと行く旅行先には、できるだけ暖かいところがおすすめです。赤ちゃんが旅行中楽しく過ごすには、快適な気候がとても重要です。気候がよいとそれだけで赤ちゃんはご機嫌に過ごせますし、衣類などの準備も少なくてすみます。

例えば沖縄などのビーチリゾートは、冬はシーズンオフなのでレジャー施設も混んでおらず、夏に比べるととてもリーズナブルに楽しむことができます。まだマリンスポーツができない赤ちゃんは、浜辺でゆっくり遊ぶことができる冬の方が楽しめるかもしれません。

せっかくの旅行なので、季節を感じられるところに連れて行ってあげたいと思うママも多いかもしれませんが、それはもう少し子どもが大きくなってからの楽しみにとっておきましょう。

旅行に持っていきたい赤ちゃんグッズ

授乳ケープがあれば安心

赤ちゃんに母乳をあげるときには、授乳ケープがとても役に立ちます。旅行中、授乳室が見つからない場合や、移動の車内でも授乳ケープがあれば便利ですよ。

授乳ケープには、エプロン型やポンチョ型、ストールのようなものなどいろいろな種類があります。どのタイプも赤ちゃんをすっぽりと包み込んで使います。真っ暗になると怖がってしまう赤ちゃんもいるので、旅行前に練習しておくと安心です。ワイヤーがついていて、授乳しながら赤ちゃんの顔が見える物もありますよ。

また、授乳ケープをしていても授乳する場所には充分気をつけるようにしましょう。ママと赤ちゃんにとっては当たり前で、欠かすことのできない授乳ですが、「目のやり場に困る」という意見もあるようです。

軽くて暖かいブランケットを用意

旅行にぜひ持って行って欲しいのがブランケットです。大きなものは荷物になってしまいますが、大人のひざ掛けにもなるようなサイズであれば、小さくたためて軽いのでおすすめです。

旅行中ではなくても、普段からベビーカーに取り付けて使っているママも多いと思います。防寒対策だけではなく、日除けとしても使えますし、先ほど紹介した授乳ケープの代わりとしても使用できますよ。

また、寒い冬の旅行にはもちろんですが、ブランケットは夏の旅行中にも役に立ちます。冷房の効きすぎから赤ちゃんを守ったり、おむつ替えのときに敷いたり、大活躍です。

夜、宿泊先で眠るときも、普段使い慣れているブランケットが側にあると、赤ちゃんも安心してよく眠れるかもしれませんよ。

外を歩くときはレッグウォーマーを活用

屋内の施設で遊んだり、外の観光地をまわったり、こまめに服装の調整が必要となる旅行中にはレッグウォーマーがあると便利です。特に自分ではまだうまく体温のコントロールができない新生児期の赤ちゃんや、ハイハイが上手にできるようになってきた赤ちゃんにはぜひ準備してあげてください。

レッグウォーマーは靴下と違い足の裏が覆われていないというところがポイントです。赤ちゃんは体温調節機能が未発達で、足の裏や手のひらから熱を放って体温を調節しているので、靴下などで足の裏を隠してしまわない方がよいといわれています。

また、ハイハイをするようになった赤ちゃんの膝のサポーターとしてもレッグウォーマーはとても役に立ちますよ。

冬の旅行で注意したいポイント三つ

夜の外出はなるべく控えて

いつもとは違い旅行中なので、夜遅くまで外食したり、夜景を見に行ったりしたくなりますよね。しかしそこはぐっと我慢して、旅行を最後まで楽しむために、夜はできる限り早めに宿泊先に戻るのがおすすめです。

夜は冷え込みも激しいので体温調節が苦手な赤ちゃんは想像以上に体力を消耗してしまいます。また、冬は暗くなるのも早いのでベビーカーや抱っこひもで赤ちゃんを連れていると視界も悪く、慣れない土地では事故につながりかねません。

そして何より赤ちゃんの生活リズムが一番大切です。ただでさえ日中、いつもとは違う経験をたくさんしているので赤ちゃんの脳は興奮状態です。眠る前はなるべく静かに過ごして、夜はぐっすり眠れるようにしてあげてくださいね。

赤ちゃんの体調はこまめにチェック

旅行などの予定があるときに限って赤ちゃんの体調がよくないということはよくあります。兄弟がいる場合は、上の子が治ったら下の子にうつってしまって病気が長引くなんていうことも珍しくありません。

旅行に出発する前から赤ちゃんの体調が悪いときには、無理させないように旅行の延期やキャンセルも検討しましょう。宿泊先などのキャンセル料金が発生する期日などは予約時にしっかり確認しておくと安心ですよ。

また、元気な赤ちゃんも旅行中、急に機嫌が悪くなったり少しぐったりしていたりするときは、こまめに体調を確認してあげてくださいね。赤ちゃんの体調は急変しやすいので、念のためにいつも母子手帳と乳幼児医療証、保険証は携帯するようにしましょう。

室内外の気温差に気を付けよう

寒い冬や真夏は、部屋の中と外の気温差が大きいので、大人でも体調を崩しやすいですよね。赤ちゃんはまだ体も小さく、体温の調節が自分ではできないので、外の気温の影響を大きく受けて体温が上がったり下がったりしてしまいます。

そのうえ、暑くても寒くても喋ることができないし、服の脱ぎ着も自分ではできないので、ママやパパの見極めがとても重要になってきます。赤ちゃんの機嫌が悪いときはもちろん、赤ちゃんがニコニコしていても背中に汗をかいたり、逆に冷たくなったりしていないかチェックして、服の脱ぎ着で調節してあげてくださいね。

室温の目安は、夏は27℃前後、冬は22℃前後でエアコンなどをうまく利用しながら調節しましょう。

まとめ

赤ちゃんと行く冬の旅行についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

準備も旅行中も大変そうだと感じているママも多いかもしれませんが、赤ちゃん連れに優しい宿泊先や観光スポットもたくさんあるので安心して出かけてみてください。普段と違うことを赤ちゃんとしてみるのは、とても楽しくてリフレッシュにもなりますよ。まずは日帰り旅行からがおすすめです。

赤ちゃんの様子を見て、臨機応変にスケジュールを変えながらゆっくり楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018