就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子ども部屋はいつから必要?子どもが安心して遊べるスペースの作り方

子ども部屋はいつから必要?子どもが安心して遊べるスペースの作り方

赤ちゃんが生まれてからずっと一緒に眠っているママが多いと思いますが、いつ頃から子どもと別々に眠るようになるのでしょうか。子ども部屋はいつ頃から必要なのでしょう。子どもが大きくなるにつれて子ども部屋をどうするか考えますよね。子どもが安心して過ごせるスペースの作り方についてご紹介します。

子ども部屋の目的と必要性について

子どもの自立心を育てるための場所

子ども部屋はどのような場所だと考えていますか?兄弟や姉妹と一緒に使うとしても子どもにとって子ども部屋は、自分のものに囲まれ自分ですべてを管理をしながら自由に過ごせる場所になります。

子ども部屋以外では、ママやパパが管理をしたり、家族と共有して過ごしていたでしょうから、自分の責任で管理する場所ができるわけですね。自分で掃除をしたり、整頓したり、勉強したり、遊んだり、眠ったりする場所ですから自立心も養われていくでしょう。

子ども部屋に関しては、ママがいろいろと口を出したり、手を出したりするのはよくないということですね。子ども部屋は子どもが自立心を育てるための練習をする場所なのかもしれませんね。

所有率は小学生で7割以上に

子ども部屋をいつ頃から子どもに与えようと思っていますか?家を建てるタイミングや引っ越しをするタイミングで子ども部屋を作っている場合も多いと思いますが、小学1、2年生で自分の部屋を持っている子どもは7割以上いるといわれています。

小学校に入学するタイミングで学習机やランドセルなど自分のものが増えるということも関係しているかもしれません。小学生の低学年のうちは自分の部屋ができても、机や本棚を置いてあるだけでほとんど過ごしていないということもあるようです。

その一方で、大きくなったら一緒に過ごす時間が減ってくるだろうからとあえて子ども部屋を作っていないという家庭もあるようです。それぞれの家族の事情や考え方が関係してくるのですね。

学童期までの子はリビングで過ごす時間が長い

学童期になる頃に自分の部屋を持つようになる子どもが多く、それまではリビングで過ごす時間が長いわけですね。学童期までの子どもはママやパパ、ほかの兄弟や姉妹と一緒にリビングで過ごし、ママやパパと眠っているという子どもが多いのでしょう。

外国では赤ちゃんの頃から子ども部屋を与えてひとりで眠らせるところもあるようですが、日本ではほとんどみられないですよね。乳幼児期はママやパパと一緒に過ごすことが大事な時期です。

乳幼児期はまだまだママにお世話をしてもらったり、危険を回避してもらったりしなくてはいけませんから、リビングで過ごす方が安全に過ごせるでしょう。ですから、学童期までの子どもはリビングで過ごす時間が長いのですね。

リビングにキッズスペースを作るメリット

ママの気配が感じられて安心する

乳幼児期はまだまだママやパパと一緒でないと不安になりますから、みんなで過ごすリビングに子どもが過ごせるキッズスペースを作るとよいですね。

ママは子どもの様子をいつでも見守ることができますし、子どももママの気配を感じられて安心して遊ぶことができます。両者にとって安心というメリットがありますね。

ママは家の中でも掃除や料理、洗濯などしなくてはいけないことはたくさんあります。するべきことをしながら子どもの様子を見なくてはいけないのですから大変です。

そんな大変なママですが、キッズスペースで遊んでいる子どもを見守りながら家事ができたら、心と時間に余裕ができるでしょう。ママが笑顔でいてくれることが子どもにとってうれしいことですね。

リビング学習の定着になる

子どもにとってリビングは、安心して遊べる場所ですよね。幼児期は遊ぶ場として、学童期になったら学習をする場としてリビングを利用すればママも安心でしょう。

リビングやダイニングで座って遊ぶ習慣ができていたら、小学生になったときに同じように宿題をリビングでするようになってくれますよ。

子どもはママに見守られている安心を感じながら集中して勉強をすることができます。ママは家事をしながら見守れますし、子どもの勉強の理解度を知ることができます。

リビングで遊びや学ぶことをするのは安心感があると体験していくのです。リビング学習を定着させるためにも、小さいときの遊びからダイニング席やリビングに置いた子どもの机を使って楽しむ体験を積み重ねましょう。

家族と過ごす時間が長くなる

子どもも思春期になると子ども部屋を利用するようになるといわれています。その頃には家族と過ごす時間が大幅に減りそうですね。

子どもが自立をしていくまでは、家族と一緒に過ごす時間を大切にしたいですよね。リビングにいれば、子どももママもパパもお互いのことが分かり安心して過ごすことができるでしょう。

親子のコミュニケーションも十分に図ることができますね。一緒の場で過ごすことで、何気ない子どもの成長や悩み、体調不良にも気がつくことができるかもしれません。

子どもも安心しながらも、ママから少し離れてひとりで遊んだり、自分のしたいことをする練習もできます。家族みんながそれぞれにとって貴重な時間を過ごすことができるのです。

キッズスペースを作るときのポイント

ラグやマットで自分の場所がわかるように

リビングという家族共有の場所に子どものスペースを作るのですから、子どもが一目で自分の場所とわかるような工夫をしたいですね。キッズスペースとわかるようにラグやマットを敷いてみてはいかがでしょうか。

特にフローリングの一角をキッズスペースにする場合は、滑りにくく転んでもいたくないようなクッション性のあるものがよいかもしれません。キッズスペースの場所を示すとともに安全性にも配慮が必要ですね。

子どもは秘密基地や自分だけの小さな家が大好きです。そのような場所ができたらその中で遊び、リビング全体におもちゃを広げることは少なくなるでしょう。

おもちゃを散らかさないでくれればママも助かりますね。自分の空間があるというだけで子どもは大喜びでしょう。

自主性が育つ専用の机とイスを置いてみよう

子どもが小さいうちはマットを敷いているだけの方が安全で遊べそうですが、イスに座れるようになったらイスに座って遊ぶ体験を少しずつさせていくのもよいですね。キッズスペースに子ども用の机とイスを置いてみましょう。

自分の机とイスができたら遊ぶたびに喜んで自分から座ってくれると思いますよ。自分の席に座ってお絵描きしたり、折り紙をしたりいろいろと遊ぶことができますね。

席に座って作業をすると自然と目の前のことに集中できるようになります。小さいうちから席に座って集中する習慣をつけておくと、幼稚園や小学校で席について話しを聞くことにも自然に取り組めそうです。

イスに座っていろいろなことをしてみたくなって、自主性も育つようになるでしょう。

統一感があればリビングもおしゃれに

子どもにとってもママにとっても、リビングにキッズスペースがあるのはメリットがありますので、みんなが過ごしやすいキッズスペースを作りたいですよね。リビングは共有スペースですから、人に見られても恥ずかしくないスペースやリビングにもしたいでしょう。

リビングに統一感があればおしゃれな部屋になります。リビングが木目調であればキッズスペースをナチュラルにまとめると統一感がでますし、白を基調としたリビングなら白でまとめてもおしゃれですよね。

リビングが全体的に統一されているとスッキリとした印象になり心地よいですよ。みんなが過ごすリビングですから、リビングに合わせて少しこだわってキッズスペースも作りたいですよね。

散らかりやすいキッズスペースの対処法

見せると隠すを使い分けて

子どもが小さいうちはおもちゃを片づけてくれなくて、ママもついイライラして怒ってしまったなどということはありませんか?子どもが散らかしてしまうのは仕方がないことですが、ママが工夫することで自分から片づけてくれるようになりますよ。

まずは、おもちゃは子どもの手が届きやすい位置に、置き場所を決めておきましょう。おもちゃの写真を置き場所に貼って、パズルを合わせるようにおもちゃを片づけてもらうとゲーム感覚で喜んで片づけてくれますよ。

小さいおもちゃは隠すおもちゃとして箱に入れて棚にしまうようにすると散らかって見えないですね。見せると隠すを使い分けて、子どもが自分から片づけたくなるような工夫をしてみましょう。

1種類を1BOXや大きなかごで簡単に

子どものおもちゃの種類がある程度まとめられるようであれば、おもちゃを種類別に片づける方法があります。例えば、ミニカーは車の写真がついたボックス、おままごと類はお皿の写真がついたボックスと決めて片づけるのです。

ときどき違うものが入ってしまっても神経質にならない方がよいですね。子どもにしたら、種類を考える練習になりますし、次に遊ぶときもボックスごと出してきたら遊べますから便利です。

何でも一つの箱に入れる片づけ方もあります。楽な片づけ方ですが、次に遊ぶときに必要なものを出すためには、すべてを出さないとわかりませんからどうしても散らかしてしまいます。大きな箱に片づけるのはどうしても仕方がないというときだけにしましょう。

子ども目線の収納で片づけやすく

乳幼児期の子どもの場合は遊んだおもちゃを自分で片づけるのは難しいでしょうから、ママが片づけていたという場合が多いかもしれません。しかし、子どもが成長するにつれて自分で片づけることが大切になってきますから、子どもが片づけやすいように収納することが大切になります。

子どもの目線の高さで片づけられるような収納にするのです。もし、勝手に遊んでほしくないおもちゃがあれば子どもの手が届かない場所に置いて、ママが出すようにしたらよいですね。

子どもの目線よりも高いところにおもちゃを置くと、子どもが自分でとろうとして棚から落ちてきては危ないです。高い場所の収納には気をつけましょう。ぎゅうぎゅうにしまうのではなく、空間に余裕のある収納の方が片づけやすいですよね。

子ども部屋があるメリットとデメリット

子どもの物が1カ所にまとめられる

子どもが小学生までのうちはリビングで過ごすことが中心といわれていますが、子ども部屋があるメリットはあるのでしょうか。子どもが小学校に行くようになると、子どもの荷物がかなり多くなります。

子どもの洋服はもちろんのこと、学校で使う教科書、文房具、運動着、制服、ランドセルなどがありますね。学期末にはさらに学校から荷物を持ち帰ります。そうしたものを置く場所をリビングにと考えるとリビングがかなり広くないと荷物は収めきれないでしょう。

子ども部屋で過ごさないとしても、自分の持ち物は子ども部屋に置く、とするとママも管理がしやすいですよね。小学校に入る前から自分の部屋に物をしまう習慣をつけておくと、小学校に入学したときに楽ですね。

プライバシーが確保できる

子どもが小さいうちはプライバシーを確保することはあまり意識をしていないでしょうが、高学年になるにつれて子どももプライバシーが守られる空間を求めるようになります。小学校に入学する前の子どもにはあまり関係ないですが、この時期から子どもが成長してからのことも念頭に置きながら部屋のことを考えておくことが必要でしょう。

小学校高学年ぐらいになると、ひとりになりたいときも出てくるでしょう。自分の好きなように自分の部屋をコーディネートしたくなるかもしれません。

そのようなときに、自分の部屋があることで子どもを尊重して対応することができますね。子どもの成長過程ではプライバシーの確保は必要なことなのかもしれません。

親の目が届きにくくなる

子ども部屋は子どもが自分自身で自分のものを管理し、プライバシーを確保するというメリットがある反面、親の目が行き届かなくなるというデメリットも出てくるでしょう。小学校入学する前は、ママのそばにいたがる子どもですが、次第にママよりも友だちを優先するようになってきます。

ママに知られたくないことも出てくるでしょうから、ママがすべてを把握しているということは難しくなるでしょう。そのような将来がくることを念頭において乳幼児期の子どもと一緒にいる時間を大切にしたいですね。

ママと一緒に過ごし満たされた体験があることで、子どもはしっかりと育ってくれます。いずれ親の目が届かなくなるのは仕方がないことと思って、今を大事に過ごしましょう。

幼児期の子ども部屋の使い方は?

大きなおもちゃも置ける遊ぶ部屋として

幼児期の子どもは普段リビングでママやパパと過ごすことが多くなりますが、子ども部屋がある場合はそのまま空き部屋にしておくのはもったいないですよね。リビングに置いておくには邪魔になる大きなおもちゃを子ども部屋に置いて、おもいっきり遊べる部屋にしてみてはいかがでしょうか。

子どもは体を動かして遊ぶのが好きですよね。リビングは家具や物が多いでしょうから、体を大きく動かして遊ぶのは難しいでしょう。体を動かして遊びたくなったら子ども部屋に行って遊べるようにするのです。

雨が降ったときでも体を動かして遊べるのは、子どももママもうれしいですよね。子どもと思いっきり遊びたいときは、みんなで子ども部屋に移動して遊ぶのも楽しいでしょう。

ひとり寝できたら寝る部屋として

子ども部屋があったらひとりで眠ることにチャレンジしてもよいですね。小学校に入学するタイミングでひとり寝にすることが多いようですが、本人がその気にならないと難しいでしょう。

ママとしては自立のきっかけとしてひとり寝をしてほしいと思うこともありますよね。ひとり寝が難しいようであれば、兄弟姉妹と一緒に二段ベッドで眠ることから始めてもよいですね。

二段ベッドはひとり寝ではありませんし、兄弟や姉妹が一緒ならハードルは低いでしょう。二段ベッドでもベッドを別々にして使うこともできますから、大きくなったらベッドをそれぞれの部屋で使うこともできます。

段階を踏んで子どもだけで眠ることから始めて、ひとり寝できたら寝る部屋として利用できますね。

ベッドは年齢や使い方で選んで

子ども部屋で眠るようになったらベッドが欲しくなりますね。できたら大きくなるまで同じベッドを使ってほしいというのが本音でしょうが、どのようなベッドがよいのでしょうか。

ベビーベットは落下する危険性を考えて柵付きにしませんでしたか?幼児になっても寝相を考えると柵がついている方がよいと思いますよね。

ただし成長したら柵が邪魔になることもありますので、マットレスだけを用意する方法もありますね。大きくなったときにマットレスに合うベッドのフレームを買えば普通のベッドになります。

また、二段ベッドも3人で眠れるタイプや切り離して使えるタイプなどいろいろな形があります。いろいろと見て最終的には子どもと相談して決めたいですね。

子ども部屋を使うようになる時期は?

子ども部屋への移行は少しずつ

「せっかく子ども部屋を作ったんだから早く子ども部屋を使ってほしい」と思うママもいるでしょう。しかし、それほど焦らなくても子どもは思春期になったら自然に自立をして自分の世界を持つようになります。

それまではママとパパと親子のコミュニケーションを大事にする時期だと思って、少しずつ子ども部屋を使うように移行していきましょう。まずは、おもちゃで遊ぶ場所として、自分のものを置く場所として、眠るための部屋として、と段階を経て移行していくのです。

子どもも少しずつ心の準備をして、子ども部屋で過ごすことに慣れていくでしょう。ゆっくりと移行して小学校の高学年になるときに過ごす時間が増えていけば十分ではないでしょうか。

必要になるタイミングはそれぞれで違う

幼稚園や保育園に通っている時期から子ども部屋で眠っているという子どももいるようです。ママやパパから離れて過ごすようになれる時期は、子どもそれぞれで違ってきます。

子ども部屋を欲しがるのも小学校に入学する前から希望する子どももいれば、中学生になっても子ども部屋はいらないという子どももいるでしょう。必要になるタイミングはそれぞれで違うのです。

周りがしているからと子ども部屋で過ごさせるのではなく、子どもの気持ちを尊重して対応しましょう。子どもがひとりで眠ることに挑戦したけれど、結局できないということもあるかもしれません。

そのときは無理をさせずに本人の意見を尊重しましょう。まずはやってみることを恐れず、時期を待てばよいのです。

子どもにどうしたいか意見を聞いてみよう

家を建てるときやリフォームするときに、子ども部屋を作ることを前提にして作っている場合が多いと思います。子どもへの意見を聞くこともあるでしょうが、ほとんどはママやパパが将来のことを考えて決断しているでしょう。

子どもが意見を言うようになってきたら、少しずつ子どもの意見を聞きながら、子ども部屋をどのように使っていくのかを一緒に考えてみましょう。子ども部屋を遊ぶ部屋として使いたいと言われたら、子どもと一緒に準備をするのです。

自分の部屋という意識を持ってもらうためにも、子どもにできるだけ決めてもらい、準備もしていくのです。自分で作ったという感覚が大事です。焦りは禁物ですから、ゆっくりじっくりと移行していきましょう。

子ども部屋のインテリアのポイント

子どもが好きな色や柄を取り入れて

子ども部屋で過ごすことに慣れてほしいと思ったら、子どもが行きたくなる場所にすることが大切です。子どもが好きな色や柄を取り入れたインテリアや、お気に入りのおもちゃなどに囲まれた部屋にするのです。

好きなものやお気に入りのものがある場所は行きたくなりますよね。子どもは秘密基地が大好きです。子ども部屋が大きな秘密基地の感覚になるような工夫をしてみましょう。

壁紙や家具を気に入らなくなったからと交換することは難しいでしょうから、カーテンやマットなど交換しやすいものを子どもの好きなものにすると、好みが変わったときには新しくしやすいのでおすすめです。子どもと一緒にどのような部屋にするか決めるのも楽しそうですね。

子どもの成長に対応しやすい家具を

子ども部屋のインテリアを考えると家具の選び方も大切になります。家具を選ぶことは、リビングの家具を選ぶよりも難しいかもしれません。

子どもは年々成長します。その成長に合わせて次々に家具を変えていくのは経済的に大変です。

子どもの成長に対応しやすい家具を選ぶことが大切になるでしょう。子どもが子ども部屋を使い始めたときの体格に合わせて家具を選ぶと、成長してからは使いにくいですよね。

ですから、家具も高価なものより、成長してからも使えるように調整がしやすいものを買う方がよいでしょう。あまり小さい家具を買って、子どものものが収納できなかったり、体に合わなくなってはよくありません。子どもは成長するということを忘れずに用意したいですね。

けがや事故防止の対策を忘れずに

子ども部屋はママが目を離しているときに使うこともあるわけですから、けがや事故防止の対策を忘れないようにしましょう。家具は角が丸くなっているものを選ぶと、見た目にも優しくなりますし、家具の角にぶつけてけがをすることも避けることができますね。

そして、ガラス製のものや陶器などの割れやすいものも部屋には置かない方がよいですね。子どもが遊んでいてぶつかって割れてしまい、その破片でけがをしては大変です。ブラインドの紐も危ないですね。

子どもが小さいうちは安全に過ごせるような部屋作りが大切です。そうした配慮も子どもの成長とともにいらなくなるのでしょうが、子どもが小さいうちはママが注意をして対応したいものです。

まとめ

子ども部屋は、幼児期にはママも子どもが遊んでいる様子を見て安心し、子どももママの気配を感じながら遊ぶことができるリビングにキッズスペースを作る方がメリットがありそうです。子どもが自分の場所と分かるような工夫をするとよいですね。

子ども部屋は常に過ごす場所としてではなく、子どもが自分のものを管理したり、思いっきり遊んだり、眠ったりする部屋として利用してみましょう。少しずつ子ども部屋の使用する時間を増やして、自分の場所を管理する体験を通して自立心を育てていくのですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR