就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育て世代が抱える困りごとは?近隣トラブルやワークライフバランス

子育て世代が抱える困りごとは?近隣トラブルやワークライフバランス

できれば、よけいなトラブルは抱えたくないものですよね。今、子育て世代が感じている、困りごとやトラブルといったら、どんなものがあるのでしょうか。そして、トラブルを避けながら、仕事と生活を両立するために必要なこととはなんでしょうか。近隣トラブルの回避方法やワークライフバランスについて考えます。

子育て世代が抱えるよくある困りごと

騒音やごみ出しなどが原因の近隣トラブル

子育て世代に起こりやすいトラブルについて、具体的な例を調べてみましょう。まずは、ご近所さんとの近隣トラブルです。

家や住宅、マンションの造りとも関連してくるのが、騒音トラブルです。子どもが活発に動き回るようになると、足音や遊ぶときの音、子どもの泣き声などが、ご近所さんまで届いてしまうことがあります。「そっと歩きなさい」「静かに遊びなさい」などといっても、子どもには難しいことです。

また、地域には、その地域独特のゴミ出しルールがあります。分別のしかたや、収集のスケジュールなど、一つ一つ細かく決められています。ルール違反をしていると収集してもらえないこともあり、ルールを守っていない、守ってもらえないということでトラブルになることもあります。

仕事と生活の両立がうまくいかない

女性の社会進出がめざましくなり、出産後も子育てをしながら働きたいと考えるママが増えています。しかし、仕事と育児、家事を両立するのは想像以上に大変です。

いくら法律や制度が整えられたとはいえ、会社によっては、人手不足による忙しさなどの理由で休みが取りにくいなど、職場環境の課題が指摘されています。また、子どもを預けようと思っても、保育園では待機児童の問題があり、預け先が見つからないということもあります。

「育休をとりたい」と思っているパパが3割近くいるという統計もありますが、実際に取得している人はごくわずかで、パパが育児に積極的に関わっているとはいえません。仕事と生活を両立するためには、支援制度や職場環境の充実も大切ですが、家族の協力が必須です。

夫婦間や親子間で起きる家庭内のもめごと

夫婦間や、実の父母、義理の父母との親子間で起きる家庭内のもめごともあります。間柄が近い分だけ、こじれると解決までの道のりが遠くなりがちです。

夫婦間でのトラブルとして最も多いのは、お金にまつわるトラブルだそうです。給与の取り扱い、お金に対する夫婦の価値観の違いなどが原因です。2番目に多いのがコミュニケーション不足による行き違い、3番目は、お互いの生活態度だそうです。

実の父母、義理の父母との親子間トラブルは、子育てに関する意識の違いが大きな原因のようです。パパやママからすれば「子育てを手伝ってほしいけれど、口出しはしてほしくない」であり、父母からすれば「子育てに口は出すけど、手は出さない」というスタンスが多いので、結果、ぶつかることも多くなります。

ご近所での困りごとを作らない暮らし方とは

集合住宅でも一戸建てでも騒音対策をしよう

子育てでは、騒音そのものをなくすことは難しいので、できるだけ音を吸収するような防音対策をしましょう。集合住宅だけでなく、一戸建てでも、トラブルを未然に防ぐために有効かもしれませんね。

子どもの足音対策としては、ホームセンターなどで販売されている、ジョイントマットやコルクマットを使いましょう。また、防音仕様のカーペットを敷くという方法もあります。ジョイントマットやコルクマットの上に防音カーペットを敷くという合わせ技を使うと、足音をかなり軽減できますよ。

壁の防音には、遮音シートを使いましょう。両面テープで壁に直接取りつけるタイプのものがありますので、賃貸住宅でも使えます。防音カーテンなどと併用すると、壁の防音対策としてさらに効果的です。

ごみは地域のルールを確認してから出そう

ゴミ出し関係のトラブルでは「ルールどおりに分別されていない」「収集日や時間を守っていない」などがあります。ルール違反で収集してもらえないと、そのままそこに残されてしまうこともあるので、ゴミの中にあるプライベートな情報がのぞかれてしまうかもしれません。

難しいのは、市区町村によってゴミ出しのルールが違うことです。「前のところではこうだった」と主張しても通用しませんから、まずは、今住んでいる地域のゴミ出しのルールを確認しましょう。どんなことでも、決められたルールをきちんと守ることが、トラブルを未然に防ぐための第一歩です。

ゴミ出しのルールは、各市区町村のホームページで分かります。町内会や自治体、ご近所さんからでも教えてもらうことができるでしょう。

ご近所さんとは程よい距離感を保とう

ご近所さんとは仲よくしたいものですが、あまり干渉されるのもよい気がしませんよね。適度な距離感を保ちながら、程よい関係を築いていきましょう。

そのために、一線をきちんと引いておきましょう。「ここまでは一緒に仲よくやっていくけど、ここから先は踏み入っていかない」という境界線を、自分の中で引いておくのです。ご近所さんといっても、家族ではないのですから、初対面でペラペラ自分のことばっかりしゃべったり、相手のことを根掘り葉掘り聞いたりするのは避けましょう。

そして、あいさつやお礼は、自分の方からいいましょう。年齢や社会的地位の上下は関係ありません。自分の方からいうことで、ご近所さんに、安心感と好意が伝わり、困ったときに手を差し伸べてくれるようになります。

子育て世代が仕事と生活を両立させる方法

夫婦の会話を増やして家事をシェアしよう

子育て世代が、仕事と生活を両立させるためには、夫婦のコミュニケーションが大切です。夫婦の会話を増やして、お互いの理解と絆を深めましょう。家事や育児をシェアするためにも、夫婦のコミュニケーションは不可欠です。

子どもを寝かしつけた後、夫婦で「お茶タイム」を設けるのもよいですね。授乳中なら、カフェインを含まないハーブティーなどを入れて、夫婦で一息つきましょう。夫婦2人だけの時間を持つことで、子どもの話題だけでなく、今日のできごと、抱えている悩みなどを報告し合うことができます。

パパの帰宅時間が遅く、夫婦で話す時間が取りにくいなら、朝、みんなでお風呂入るという手もあります。1人で子どもをお風呂に入れるのがちょっと不安なママでも、パパも一緒なら安心です。

時短や段取りを意識して時間を有効に使おう

限られた時間の中で、待ったなしの子育てをどう乗り越えていくかが、子育て世代の課題の一つでもありますね。時短や段取りを工夫しながら、時間を有効に使う必要があります。

時短するためには、むだな時間を極力少なくして、効率を上げる必要があります。子育ての方法は一つではありませんので、ひょっとしたら、自分のやり方よりも、もっと時短できる方法があるかもしれません。アンテナを高くして、時短が上手なママ友などから、色々教えてもらうとよいですね。

段取りも大切です。やり方を変えるだけで、簡単になることはありませんか?例えば、日用品や子育て用品はネットで一括注文したり、忙しい朝はパンにしてドタバタを軽減したりするなど、常に効率的な段取りを意識することが大切です。

日頃の感謝や働き方で職場の理解を得よう

仕事と生活の両立には、職場の理解を得ることもポイントになります。職場の理解を得るために、必要なこと、気をつけておいたほうがよいことといったら、どんなことでしょうか?

まずは、仕事ができることや、自分を助けてくれる周囲の人たちに、感謝の気持ちをもつことです。この気持ちを持ち続けることで、逆に自分から周りの人たちへの思いやりの気持ちが芽生えますし、気持ちよく仕事をすることができるようになります。

また、ママであるだけでなく、ひとりのビジネスパーソンとして仕事が与えられているのですから、役割をきちんとこなすという意識を持つことも大切です。そして、なんでも完璧にとはいかないでしょうから、できないことはできないと、早いうちに伝える勇気も必要です。

まとめ

ご近所さんや職場、家族とのよけいなトラブルは未然に防ぎたいものですよね。そのために気をつけたいことを考えてきました。

ご近所さんとは、トラブルになりそうなことは家庭内でなんとか予防しながら、程よい距離でつきあっていくことが大切のようです。もちろん、地域のゴミ出しなどのルールは大切にしましょう。

そして、子育てしながら仕事と生活を両立させるために、夫婦、家族、職場とのコミュニケーションを密にして、時間を有効に使いながら、感謝の気持ちを忘れず、気持ちよく働ける環境を作っていきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj