就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんのストローはいつから?ストローの利点とデメリットの対処法

赤ちゃんのストローはいつから?ストローの利点とデメリットの対処法

お出かけのときに、赤ちゃんがストローを使えるようになっていると、ママやパパはとても助かりますよね。ぐずりの回数も減らすことができるかもしれません。でも、ストローを使えるようになるのは、いつごろからなのでしょう?ストローを使うときのメリット・デメリットは?赤ちゃんとストローについてまとめていきます。

赤ちゃんがストローで飲めるのはいつから?

ストローの練習を始めるのは6カ月頃から

赤ちゃんがストローを使えるようになると、育児の手間がぐっと減ります。赤ちゃんにとっても、自分のペースで飲めるので、親子どちらにもメリットがありますね。では、赤ちゃんがストローで飲み物が飲めるようになるのは、いつごろからでしょうか?

個人差はありますが、ストローを使う練習を始めるのは、早くて6カ月ごろからです。一般的には、離乳食を始める8カ月ごろが、最も多いようです。

練習には3~4カ月必要です。すぐに使えるようになる赤ちゃんもいますが、ほとんどの場合、しっかり練習をする必要がありそうですね。

練習を始めるタイミングは、パパやママのタイミングでいいかと思いますが、あまり急かさず、ゆっくり練習させるのが重要のようです。

本能の吸う動きとは違うので練習が必要

練習すればすぐにストローが使えるようになるわけではないようですね。それは「生まれながらに身につけている本能の動きとは違うから」だといわれていますよ。

赤ちゃんが初めてストローをくわえると、噛んでしまったり、息が続かなかったりで、最初はうまくいかないことが多いそうです。初めての体験で、赤ちゃんも戸惑っているのでしょうね。

ストローの吸い方は、母乳を吸う吸い方とまったく違うそうです。時間をかけて、何度も繰り返して練習する必要がありますね。初めはむせかえっていた赤ちゃんも、練習するうちに、だんだんと上手になっていきますよ。

練習がうまくいかないときには「ストローマグ」や「スパウトマグ」などのお助けグッズもありますよ。うまく活用していきましょう。

赤ちゃんの成長に合わせて焦らずに

練習がうまくいかなくても、焦りは禁物ですよ。赤ちゃんの成長のスピードは、1人1人違います。ほかの子と比べる必要はありませんよ。

成長のスピードには、ちゃんと理由があります。体や脳が「これくらいの速さで育つのがちょうどよい」と判断しているということなので、周りが急かすと、あまりよい影響がありませんよ。

焦らず、気長につきあってあげましょう。パパやママが近くで困った顔をしていたら、赤ちゃんは、ますますうまくできなくなってしまいますよ。

昨日までうまくできなかったのに、今日突然できるようになることもあります。離乳食が進むうちに、口や舌の使い方が上手になっていくのですね。赤ちゃんの成長は、大人の予想外であることが多いです。

赤ちゃんがストローで飲めると便利なこと

食後は飲みものですすいで虫歯の予防効果

赤ちゃんがストローを使えるようになると、パパやママが楽になるということもありますが、赤ちゃんにとってもよいことがたくさんありますよ。その一つに、虫歯の予防効果があります。

ストローを使う時期は、ほとんどの場合、離乳食を食べている時期ですね。このころ、前歯が生えてくる子もいますが、まだ歯磨きはできませんので、飲み物で口をすすぐことになります。

食後にストローで飲み物を与えると、口の中に残った食べかすや、虫歯のもとになるものを、きれいに洗い流してくれます。虫歯の予防になりますね。

「まだ歯が生えていないから…」と安心はできません。生えてくる前から虫歯になっていることもありますよ。口の中をきれいにする習慣は、早ければ早いほどよいそうです。

離乳食のときや外出先での水分補給が簡単に

ストローが使えるようになると、水分補給が簡単になります。離乳食を食べさせるときや、外出先などで便利になりますね。

離乳食で水分を与えるタイミングは、難しいですよね。まだ口の中に食べ物が入っていたり、水が欲しいタイミングじゃなかったりします。赤ちゃんには赤ちゃんの都合がありますからね。

その点、ストローが使えたら、自分で水分がとれるようになります。飲む量も自分で調節できるようになりますね。

ふたつきのストローマグなら、容器を逆さにしてもこぼれません。両手がふさがっているときなどには助かりますね。

外出したときにはもっと助かります。のどが渇いたときにすぐに飲ませることができますし、市販の赤ちゃん用ストローつき紙パック飲料も買えるようになりますよ。

舌や唇の運動が発声の練習になるという説も

ストローを使うことで「舌や唇の使い方が上手になり、発声の練習になる」という説もありますよ。本当でしょうか?

確かに、声を出すためには、舌や唇の動きが重要なのはよく理解できます。英語の発音で、舌や唇の使い方を細かく教えられたのを思い出しますね。

舌や唇も筋肉で動きますから、鍛えれば鍛えるほどうまく動くようになります。ストローを吸うためには、空気が入らないように口の中を完全密封しながら、舌や唇でたくさんの複雑な動きを同時にこなしていくのですから、かなり高度な動きをしていることになります。

だから、ストローを使うことで、舌や唇がうまく使えるようになり「言葉を話すための発声の練習になっている」ということは、あるかもしれませんね。

ストローを使うことのデメリットと対処法

ストローの使い過ぎは歯並びが悪くなるかも

ストローを使うことの、デメリットもあるのではないかといわれていますよ。きちんと受け止めて、ちゃんと知っておきましょう。

小さいうちからストローを使うと「歯並びが悪くなるのではないか」という心配があります。「赤ちゃんのうちにストローを使うと、ストローを歯に押しつけることになるので、歯並びが悪くなるのではないか」という心配です。歯医者さんの中には「赤ちゃんのうちにストロ-を使うと、口の筋肉が鍛えらえず、歯並びが悪くなる」といっている方もいますよ。

「ストローを使うときと、食べ物を食べるときは、舌の動きがまるで違う」ということを指摘する人もいますよ。だから「ストローを使う練習よりも、コップで水を飲む練習をした方がいい」という意見もあります。

くちに入るストロー部分は1~2cmに

ストローで歯並びが悪くなる可能性について考えましたが、それでも、やはりストローは便利です。ストローを使うことで、パパやママだけでなく、赤ちゃんも快適に過ごすことができるのであれば、選択肢の一つとして残しておきたいものですよね。

そこで、ストローを使いながら、歯並びにも配慮する方法を考えましょう。歯並びが悪くなる原因が分かれば、対処方法も分かります。

ストローをくわえすぎるのがよくないのならば、ストローを短くしておくというのはどうでしょう?思い切って、口に入る部分を1~2cmにしてみましょう。

実際にそういう方法をすすめている方もいますよ。ストローを短くすることで、舌や唇の正しい使い方を習得できるそうです。心強いですね。

コップでも飲めるように「すする練習」も

「すする練習」を早めに始めてはいかがでしょうか?コップの水をすすれるようになると、ストローを使わなくても、コップから直接水が飲めるようになりますよ。

しかし「ストローの練習」と「すする練習」は同時には無理ですよね。順番からいうと「ストローの練習」から「すする練習」の順になります。

中にはストローを飛ばして、いきなりコップで飲めるようになる子もいるそうですよ。そんな子どもには、無理にストローの練習をする必要はないそうです。

歯並びが悪くなるのが気になるようでしたら、早めにストローを卒業して、「すする練習」にはいるとよいかもしれませんね。幼稚園や保育園によっては「入園する前には、コップで水が飲めるようにしてください」といわれるところもあるようです。

まとめ

赤ちゃんがストローを吸うのは、母乳を吸うのとは違う動きなので、長期間の練習が必要です。舌や唇の複雑な動きが必要になるので、赤ちゃんにとっては、かなり高度なことなんですね。「頑張って!」と、応援したくなります。

ストローが使えるようになると、外出時の水分補給が簡単になって便利な反面、歯並びに悪影響がある可能性もあります。ストローを短くしたり、コップで水を飲む練習を始めたり、できることを少しずつ始めておくとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018