就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんのストローはいつから?ストロー飲みの効果と注意点

赤ちゃんのストローはいつから?ストロー飲みの効果と注意点

お出かけのときに、赤ちゃんがストローを使えるようになっていると、ママやパパはとても助かりますよね。ぐずりの回数も減らすことができるかもしれません。でも、ストローを使えるようになるのは、いつごろからなのでしょうか?ストローを使うときのメリット・デメリットは?赤ちゃんとストローについてご紹介します。

赤ちゃんがストローで飲めるのはいつから?

ストローの練習を始めるのは6カ月ごろから

赤ちゃんがストローを使えるようになると、育児の手間がぐっと減ります。赤ちゃんにとっても、自分のペースで飲めるので、親子どちらにもメリットがありますね。では、赤ちゃんがストローで飲みものが飲めるようになるのは、いつごろからでしょうか?

個人差はありますが、ストローを使う練習を始めるのは、早くて6カ月ごろからです。一般的には、離乳食を始める8カ月ごろが、最も多いようですね。

練習には3~4カ月かかります。すぐに使えるようになる赤ちゃんもいますが、ほとんどの場合、しっかり練習をする必要がありそうですね。

練習を始めるタイミングは、パパやママのタイミングでよいかと思いますが、あまり急かさず、ゆっくり練習させるのが重要のようです。

本能の吸う動きとは違うので練習が必要

練習すればすぐにストローが使えるようになるわけではないようですね。それは「生まれながらに身につけている本能の動きとは違うから」だといわれています。

赤ちゃんが初めてストローをくわえると、噛んでしまったり、息が続かなかったりで、最初はうまくいかないことが多いです。初めての体験で、赤ちゃんも戸惑っているのでしょう。

ストローの吸い方は、母乳を飲むときの吸い方とまったく違うそうです。時間をかけて、何度も繰り返して練習する必要がありますね。初めはむせかえっていた赤ちゃんも、練習するうちに、だんだんと上手になっていきますよ。

練習がうまくいかないときには「ストローマグ」や「スパウトマグ」などのお助けグッズを活用してみるのもよいでしょう。

赤ちゃんの成長に合わせて焦らずに

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

練習がうまくいかなくても、焦りは禁物です。赤ちゃんの成長のスピードは、ひとりひとり違います。ほかの子と比べる必要はありませんよ。

成長のスピードには、ちゃんと理由があります。体や脳が「これくらいの速さで育つのが丁度よい」と判断しているということなので、周りが急かすと、あまりよい影響がありません。

焦らず、気長につき合っていきましょう。パパやママが近くで困った顔をしていたら、赤ちゃんは、ますますうまくできなくなってしまいますよ。

昨日までうまくできなかったのに、今日突然できるようになることもあります。離乳食が進むうちに、口や舌の使い方が上手になっていくのですね。赤ちゃんの成長は、大人の予想外であることが多いです。

赤ちゃんがストローで飲めると便利なこと

食後は飲みものですすいで虫歯の予防効果

赤ちゃんがストローを使えるようになると、パパやママが楽になるということもありますが、赤ちゃんにとってもよいことがたくさんありますよ。その一つに、虫歯の予防効果があります。

ストローを使う時期は、ほとんどの場合、離乳食を食べている時期ですね。このころ、前歯が生えてくる子もいますが、まだ歯磨きはできませんので、飲みもので口をすすぐことになります。

食後にストローで飲みものを与えると、口の中に残った食べかすや、虫歯のもとになるものを、きれいに洗い流してくれるため、虫歯の予防になりますね。

「まだ歯が生えていないから…」と安心はできません。生えてくる前から虫歯になっていることもありますよ。口の中をきれいにする習慣は、早ければ早いほどよいそうです。

離乳食のときや外出先での水分補給が簡単に

ストローが使えるようになると、水分補給が簡単になります。離乳食を食べさせるときや、外出先などで便利になりますね。

離乳食で水分を与えるタイミングは、難しいですよね。まだ口の中に食べものが入っていたり、水が欲しいタイミングではなかったりします。赤ちゃんには赤ちゃんの都合があるでしょう。

その点、ストローが使えると、自分で水分が摂れるようになりますし、飲む量を自分で調節することもできるようになります。

蓋つきのストローマグなら、容器を逆さにしてもこぼれないので、両手が塞がっているときなどには助かりますね。

外出時にはもっと助かります。喉が渇いたときにすぐに飲ませることができますし、市販の赤ちゃん用ストローつき紙パック飲料も買えるようになりますよ。

舌や唇の運動が発声の練習になるという説も

ストローを使うことで「舌や唇の使い方が上手になり、発声の練習になる」という説もありますよ。本当でしょうか?

確かに、声を出すためには、舌や唇の動きが重要なのはよく理解できます。英語の発音で、舌や唇の使い方を細かく教えられたのを思い出しますね。

舌や唇も筋肉で動くので、鍛えれば鍛えるほどうまく動くようになります。ストローを吸うためには、空気が入らないように口の中を完全密封しながら、舌や唇でたくさんの複雑な動きを同時にこなしていくため、かなり高度な動きをしていることになります。

そう考えると、ストローを使うことで舌や唇がうまく使えるようになり「言葉を話すための発声の練習になっている」ということは、あるかもしれませんね。
37 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版