就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがストローでこぼしてしまう。原因別の対処法をご紹介します

赤ちゃんがストローでこぼしてしまう。原因別の対処法をご紹介します

離乳食が順調に進みはじめた6~8カ月頃から、ストローで飲む練習を始めるママが多いと思います。哺乳瓶やおっぱい以外の飲み方を経験していない赤ちゃんが、ストローでこぼさずに飲めるようになるにはどうしたらよいのでしょうか。赤ちゃんがストローでこぼしてしまう原因とその対処法をご紹介します。

赤ちゃんがストローでこぼしてしまう原因

吸う力加減がわからず口に入る量が多すぎる

哺乳瓶やおっぱいからミルクや母乳を飲んでいた赤ちゃんがストローを初めて使うときは、どのように使ったらよいのか分からない状態です。言葉で説明しても分からないですから、初めからうまく飲むのは難しいでしょう。

ストローを口にしたときに吸うと分かったとしても、今度は吸う力加減が難しくなります。力の加減をすることは赤ちゃんにとっては難しいことですから、まずはおっぱいやミルクを吸っていたときと同じ力で吸うでしょう。

赤ちゃんの中には、おっぱいが切れてしまうことがあるくらい強い力で吸う子もいます。おっぱいや哺乳瓶と同じように飲むと、吸う力が強すぎて大量の飲み物が口に入ってしまい、こぼれてしまうことがあるのです。

中に入っている飲み物の味が嫌い

赤ちゃんにとっては、ミルクや母乳が中心の飲み物だったのに、突然今までとはまったく違う飲み物が口に入ってきたら、驚いて出してしまうことがあるかもしれません。驚いて出してしまう場合は、慣れれば出さなくなるでしょうが、飲み物の味が嫌いで口から出してしまう場合は吐き出すことを繰り返すでしょう。

好きなものなら飲んでくれるだろうと甘いジュースを飲ませて、お茶や湯冷ましを飲まなくなってしまってはよくありません。赤ちゃん用のジュースはときどきなら大丈夫ですが、いつも飲むのは健康上の心配がありますので、お茶か水が飲めるようになるとよいですね。

お茶もメーカーによって違いますし、色々と試して赤ちゃんが好きな味のものを見つけておくと、いざというとき安心です。

ストローで遊び飲みしているのかも

赤ちゃんは遊びを通して色々なことを学んでいます。離乳食でも遊び食べがあるように、ストローでも遊び飲みをしている可能性があります。

赤ちゃんにとっては、お茶が口から出てくる感触や、冷たい感覚、濡れることが楽しいのかもしれません。本当に喉が渇いているときは、こぼさずにごくごくと飲むようでしたら、口からダラーとこぼしているときは遊び飲みをしているのでしょう。

遊び飲みがいつから始まって、いつ終わるのかは、それぞれによって違います。きっと、楽しみきって飽きてきたら終わりになるのでしょう。遊び飲みはいつまでも続くものではありませんので、一時的なものだと理解して、ママも大らかな気持ちで対応したいですね。

ストローに慣れていない場合の対処法

防水エプロンに防水シートで濡れる対策を

赤ちゃんに飲み物をあげるたびに、服がびしょびしょになり、周りも水浸しになるようでは、ママは片付けが大変です。着替えさせて洗濯することや、周りを拭くことを繰り返ししなくてはなりませんから。

水浸しにならないためにも、飲みこぼしをしても周囲が濡れないような対策をしてみましょう。赤ちゃんには防水エプロンを着せて、床下には防水シートを敷いてみるのはいかがでしょうか。

防水エプロンは袖がついているものもありますから、上半身は濡れなくてすみますし、シートは簡単に拭くことができます。濡れたときの対策をしておくと、こぼしたとしてもママがイライラしなくてすみますね。赤ちゃんにとっては、ママが笑顔でいてくれるのは嬉しいことなのです。

細いストローに変えてみよう

ストローを使うまでの赤ちゃんは、おっぱいや哺乳瓶を吸っていましたので、かなり強い力で吸うことができます。力の加減も難しいですから、たくさん吸いすぎてこぼしてしまう場合には、細いストローに変えてみましょう。

細いストローは、一度にたくさんの飲み物が口に入りませんので、吸いすぎてこぼしてしまうことは少なくなります。また、力が弱くても吸えますので、吸う力を弱くして吸う練習もできるでしょう。

ただし、細いストローは口の真ん中で吸うのが少し難しいようです。そんなときはママがそっと口の真ん中にもっていき、手伝ってあげてください。飲むのが上手になってきたら、太さを変えても上手に飲めるようになるでしょう。

飲み物の種類を変えてみよう

赤ちゃんにも味の好みがあるようですので、好きな飲み物ならストローで飲んでくれるかもしれません。何が好きなのか、何を飲んでくれるのか、色々な飲み物を試してみてもよいですね。

赤ちゃんの飲み物としてよくあげられるお茶ですが、お茶にも麦茶、お番茶、十六茶などがあり、メーカーによっても味が微妙に変わってきます。水分補給によいとされているイオン水も、甘みだけのものからほのかな味がついているものもあります。

赤ちゃん用のジュースも、果物ジュース、野菜ジュース、ヨーグルト風味の乳酸菌飲料など、色々な味のものがあります。その中から砂糖不使用のものを選んで飲ませたいですね。好きな飲み物ならストローで上手に飲んでくれるでしょう。

ストローで遊び飲みをしているときの対処法

遊び飲みを始めたら片付けよう

離乳食の遊び食べは、遊び食べを始めたら片付けることを繰り返していると、遊んでいると片付けられてしまうと理解して、やめるようになるといわれています。遊び飲みも同じですね。

遊び飲みを繰り返してママが困ったら、「飲まないのね」などと一言いって、サッと片付けてしまいましょう。赤ちゃんは片付けられたら泣いてしまうと思いますが、それでも片付け続けたら、きちんと飲まないと片付けられてしまうと分かって、遊び飲みをやめてくれるでしょう。

遊び飲みが激しいと怒りたくなるかもしれませんが、怒っても何で怒られているのか赤ちゃんは分かりませんから、気長に対応しましょう。怒ることよりも淡々と片付ける方が赤ちゃんに伝わるのです。

遊び飲みも成長の過程と考えよう

子どもは遊びを通して多くのことを学んでいます。遊び飲みも外の世界を知る手段や、新しいことを学ぶ機会かもしれません。

生まれてから飲み物を吸う体験だけをしてきた赤ちゃんですが、息を吐いたときには飲み物からぶくぶく泡が出ると知って、ぶくぶくをみるのが楽しくて遊んでいるのかもしれません。ママも息をまとめて吐くことができるようになったと赤ちゃんの成長を知ることができますね。

色々なことに興味をもってしていることですから、悪気はまったくありません。興味や関心があるからこそ、遊び飲みをするということもあるのです。悪いことばかりではありませんので、ママも赤ちゃんの成長過程と考えて見守る余裕も持てるとよいですね。

気分を変えてコップで飲む練習をしてみよう

赤ちゃんがどうしてもストローで飲んでくれないときや、こぼしてしまうときには無理をせずに一旦ストローを使うのをやめてみましょう。無理に飲ませるとかえって飲んでくれないこともあるかもしれません。

気分を変えて、コップで飲んでみてもよいですね。中には、コップなら飲むという子もいます。最初はコップに少量の飲み物を入れて、ママが飲ませてみましょう。

育児をしていると、どうしても発達の順番を気にしたり、できないとよくないのではないかと思ってしまいますが、その子その子でできる時期が違うものと思って、赤ちゃんのペースを大事にしてあげましょう。しばらく休んだら、ストローでこぼさずに飲んでくれるかもしれませんよ。

まとめ

赤ちゃんにとってストローで飲むという行為を初めてするときは、力の加減が難しかったり、飲み物の味が嫌いだったりして、こぼしてしまうことも多く、初めからうまくいくことは少ないかもしれません。

赤ちゃんがストローでこぼしてしまうときは、太さや長さを変えることや、防水エプロンやシートで対策すること、一時中断してコップ飲みをさせてみるなど、原因に合わせて対策をしてみましょう。いつかきっとこぼさずにストローで飲めるようになりますから、焦らず気長に見守りたいものです。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018