就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもに安心なお米のおもちゃ!メリットデメリットと人気商品の紹介

子どもに安心なお米のおもちゃ!メリットデメリットと人気商品の紹介

安全で安心な子どものおもちゃとして、「お米のおもちゃ」が最近注目を集めていることをご存知でしょうか?今回は、お米のおもちゃとはどのようなものなのか、メリットやデメリットは何か、どんな商品があるのか、などについてご紹介していきたいと思います。

「お米のおもちゃ」ってどんなもの?

ぽぽちゃんで有名な「People」の製品

一口に子どものおもちゃといっても多種多様なものがあり、月齢や興味関心に合わせて選ぼうにもどれを購入すればよいのか迷ってしまうことも多々ありますよね。

子どもの興味や関心を引きつける機能が多彩なものや、彩りがあざやかなものはつい手にとってしまいたくなるかもしれませんが、子どものおもちゃは安全面を最優先に選びたいもの。

今回ご紹介する「お米のおもちゃ」は、女の子用の人形「ぽぽちゃん」や、知育おもちゃ「ピタゴラス」などを販売していることで有名な、「ピープル」という日本の株式会社から販売されています。国内製造であることや、玩具安全基準に基づく独自の品質チェックなどにこだわって作られているため、安心で安全なおもちゃだと人気なのです。

原料の半分以上が「国産米」でできている

なめたり口に入れたりすることで物を認識し、成長していく赤ちゃん。とくに月齢の低い赤ちゃんはなんでも口に運んでしまうため、安全に遊べるおもちゃを選んであげたいものですよね。

プラスチックで作られたおもちゃも数多く販売されていますが、プラスチックの原料である石油、また製造時に使用される添加剤や塗料などに含まれる有害な化学物質などへの不安から、子どもの健康への影響を不安視する声もしばしば聞かれます。

その点、「お米のおもちゃ」の場合は原料の実に約51%が熊本県などの契約農家で作られた「国産米」から作られています。一般的なプラスチック製のおもちゃよりもプラスチックの使用割合が少ないため、安心して子どもに与えることができますね。

メイドインジャパンの安全なおもちゃ

お米のおもちゃが発売されたのは2010年のころですが、当時のベビートイは安価で買いやすい海外製のものが大半でした。そんな中、「赤ちゃんには安全で安心なおもちゃで遊ばせてあげたい」というママたちの声に応えるために、純国産にこだわったおもちゃを誕生させたのだそうです。

ピープルから販売されているお米のおもちゃシリーズは、名前のとおりお米を原料として作られたおもちゃ。国産米にこだわることはもちろん、製造も日本国内の工場にこだわるほどの徹底ぶりです。

なんでもなめてしまう赤ちゃんに危険を及ぼさないよう構造に工夫を加えたり、表面に危険なキズや突起がないかを一つ一つ丁寧に日本人工員によって確認したりするなど、さまざまな配慮がされていますよ。

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

PR

多くの子が一度は夢中になる汽車や電車のおもちゃ。年齢や興味に合わせ遊び方を変えられるので、長く遊べる点が魅力ですよね。今回は本格的なレール遊びに興味を持ちはじめた3歳頃のお子さまにぴったりなレール玩具・BRIO「スマートテックサウンド」シリーズを紹介します。ワクワクするしかけやアプリとの連携で、楽しみながらテクノロジーにも触れられる最新のおもちゃの世界をのぞいてみましょう。

お米のおもちゃのメリットやデメリットは?

子どもが口に入れたり舐めても安心

おもちゃは子どもの成長にとって欠かせない大切なもの。さまざまな遊び方をする中で五感が刺激されるため、脳を活性化することにつながります。

しかし、おもちゃで上手に遊べるようになるには時間がかかりますので、それまでは安全なおもちゃを選んであげることが大切ですよね。とくに月齢の低い赤ちゃんはなんでもすぐに口に入れてなめてしまうため、誤飲やケガをしないよう工夫がされているか、有害な素材や塗料が使われていないかなどは確認したい点です。

その点お米のおもちゃの場合は、お米を原料とし、子どもが直接くわえる部分には破損しにくいABS樹脂を使う、製品の色付け用の色素は素材に直接練りこみ色落ちしにくいようにするなど、なめても安全な作りになっています。

おもちゃを通して食への関心が育まれる

自然素材を活かしたおもちゃは数多く販売されていますが、中でもお米のおもちゃシリーズのような食品由来のものは人気が高いですよね。

製造元が厳しい安全基準に基づいて作っている、日々口にする食品が材料や塗料に用いられているので安心できる、などが人気のポイントでしょう。

また、日本人の赤ちゃんであれば母乳やミルク以外ではじめて口にする食べ物はお米であることが多いですよね。お米のおもちゃで遊ぶうちに自然とおもちゃから香るお米のにおいに親しむことになりますので、離乳食開始前から赤ちゃんの「食」への関心を育むことができるのです。

赤ちゃんの食への興味や関心を引き出したり、好き嫌いを克服したりする上で、食品由来のおもちゃは一役かってくれるかもしれませんよ。

水洗いや煮沸消毒ができない

国産のお米、国内製造、製品の構造や着色方法など、細部にまでにこだわって作られた安全で安心なお米のおもちゃ。手の届く範囲にあるものであればなんでも手に取って口に入れてしまうようなねんね期の赤ちゃんでも安心して遊べるよう工夫されており、理想的なおもちゃだといえるでしょう。

メリットばかりに目がいくお米のおもちゃですが、あえてデメリットを挙げるとすれば、少々お手入れがしにくい点が気になる方は多いようです。

お米のおもちゃは水洗い不可のため、お手入れは固く絞ったぬれタオルでの水拭きが基本となります。水洗いや煮沸消毒、薬液などでの消毒ができないため、なめたりかんだりして遊んだあとにこまめに水拭きしてきれいに保つ必要があるのです。

子どもが喜ぶお米のおもちゃ3選

生後すぐから長く遊べる「つみき」

お米のおもちゃシリーズのラインナップには歯固めやマラカスなどさまざまなものがありますが、中でもおすすめしたいのが、生後すぐからでも遊ぶことができて成長してからも長く楽しむことのできる「つみき」です。

つみきは古くから乳幼児用おもちゃの定番商品として親しまれてきましたが、だいたい1歳ごろから積んだり崩したりして遊びはじめることが多いものですよね。

しかし、お米のおもちゃの場合は生後すぐからつみきに親しめるよう、赤ちゃんの興味や関心を引きつけるしかけがたくさん施されています。お米のビーズや小さな玉の入ったガラガラで音を楽しむ、やわらかい素材の輪のつみきを握ったりなめたりするなど、赤ちゃんの五感を刺激するさまざまな遊びをすることができますよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版