就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏のマタニティパジャマを準備しよう!購入場所や失敗しない選び方

夏のマタニティパジャマを準備しよう!購入場所や失敗しない選び方

暑い夏に出産を控えているママもたくさんいますよね。「お腹が大きいと暑くてもTシャツが着られないから、どんなパジャマを着ればいよいのか分からない」と、夏場のマタニティパジャマに悩むママも多いでしょう。ここでは、夏場に快適に着られるマタニティパジャマをご紹介します。

夏のマタニティパジャマを選ぶポイント

通気性がよく着心地のよい素材を選ぼう

妊娠すると、マタニティパジャマを買おうか悩む方は多いでしょう。本当に必要なの?と悩みどころですが、妊娠後期に入ってくると急にお腹が大きくなります。妊娠前に着ていたパジャマがきつくなってから、マタニティパジャマを探しに行く方もいますよね。

妊娠中はホルモンのバランスが乱れることにより、ママの体温がいつもより少し高くなることが多いです。夏場は暑さで寝苦しいときもあるので、通気性と着心地のよいものを選ぶことが大切ですよ。

妊娠中は、ママのお肌がデリケートになっている時期でもあります。お腹が大きくなってくると、ムレやすい素材でママのお肌がかぶれることがあります。夏場は吸湿性のよいガーゼや綿、パイルなどの素材がおすすめですよ。

ワンピース型なら涼しくてパジャマ感もない

快適な妊娠生活を送るためには、ママがリラックスできるような締め付けの少ない服装をすることが大切ですよね。しかし、「マタニティパジャマは、可愛いデザインが少ないから着るのが嫌」という方も多いでしょう。

ワンピースタイプのマタニティパジャマなら夏場でも風をとおしやすいので、涼しくお家のなかで快適にすごすことができますよ。また、パジャマ感がないようなおしゃれなワンピースがたくさん売られているので、お家のなかでもおしゃれを楽しむことができてよいですよね。

妊婦健診やちょっとした買い物などにも、ワンピースタイプのものなら着て行きやすいです。マタニティ用のワンピースなら、丈も短くなりすぎないので、安心して着ることができますよ。

調整機能やセットものを選ぶと長く着られる

マタニティパジャマは妊娠中しか着られないイメージが強いので「短い期間しか着られないので、買うのがもったいない」と、購入するか悩むママもいますよね。最近では、妊娠中だけでなく産後まで長く着られるようなタイプのものが、たくさん売られていますよ。

妊娠中でも、妊娠初期と妊娠後期ではお腹の大きさが全然違いますよね。また、出産すると妊娠前のようにウエストが細くなるので、マタニティパジャマをあまり活用しないまま終わってしまうことも…。ママのウエストのサイズにあわせられるような調節機能がついているものを購入すると、出産後も長く着られて嬉しいですよね。

また、半袖と長袖がセットになっているものだと夏以外もたくさん着られますよ。

入院中の夏用マタニティパジャマの選び方

院内はクーラー控えめなので半袖が快適

出産すると、赤ちゃんと一緒に数日入院しますよね。入院をしている間は、あらかじめ準備しておいたマタニティパジャマを着て病室ですごします。

「病院だとクーラーがきいていそうだから、長袖のパジャマのほうがよいかな?」と、長袖のものを用意するママは多いかもしれません。しかし、赤ちゃんにあわせて病室の温度を設定すると、ママには暑く感じることがあります。

出産後のママは授乳のためにおっぱいが張ってくるので、体に熱がこもりやすい状態です。ですから、赤ちゃんやパパが快適に感じる温度でも、ママによっては汗がでるほど暑くて病室が苦痛に感じる方もいます。産婦人科や病院はクーラーが控えめなところが多いので、パジャマは半袖のほうが快適にすごすことができるでしょう。

ポケットがあると移動のときに重宝する

出産準備で、マタニティパジャマの購入を考えているママは多いでしょう。マタニティ用のものはたくさん売られているので、どのようなものを買えばよいのか悩みますよね。

マタニティパジャマはポケットがあると、お部屋を移動するときにスマホなどを入れられるので便利ですよ。妊娠中はポケットを活用していなかったというママも、出産すると赤ちゃんを両手で抱っこしているので、スマホなどを手でもって移動するのが大変になります。

友だちの話では、入院中は授乳の時間になるとママが病室から授乳室に行ったり、飲み物を自販機に買いに行ったりなど、病室から移動することが多かったそうです。そのようなときにパジャマにポケットがあるほうが便利だったと話してくれました。

汚しやすいので3枚あると安心

「マタニティパジャマは長く着られないから、1枚あれば十分」と思っているママも多いかもしれませんね。しかし、夏場は暑くて汗をかきやすいので、洗濯しないとパジャマが汚れてしまいます。天候のことなども考えると、3枚くらい購入しておくと安心でしょう。

「3枚も購入しないといけないの?」とびっくりする方も多いですが、出産後は赤ちゃんとの生活が始まりますよね。赤ちゃんのお世話をしていると、母乳や赤ちゃんが吐いたミルクなどでママの着ているパジャマが汚れることがよくあります。

汚れたままのパジャマを着ていると、赤ちゃんのお肌が荒れる可能性も考えられます。赤ちゃんのデリケートなお肌を守るためにも、3枚くらいは必要でしょう。

夏用マタニティパジャマはどこで買う?

実物が見られて安い「西松屋」

最近はネットショピングをする方が増えてきていますよね。しかし、マタニティパジャマはどのサイズを購入すればよいのか悩む方が多いので、「実物を見てから購入したい」というママもたくさんいるでしょう。

「西松屋」は、赤ちゃんの育児用品やベビー服以外にも、妊娠中のママが活用できるマタニティパジャマや下着などが売られています。マタニティ用のものはお値段が少し高いイメージがありますが、「西松屋」のものはどれもお手頃価格で購入できますよ。

セットアップやワンピースなど、お家のなかだけでなくお出かけのときに着られるようなマタニティパジャマもたくさんあります。デザインもシンプルなものが多いので、活用しやすいですよ。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版