就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児と楽しむ公園での遊び方!三つのパターン別の方法を知ろう

5歳児と楽しむ公園での遊び方!三つのパターン別の方法を知ろう

5歳児にもなると、友だちと一緒に公園に行きたがることも増えます。友だちとどんな遊びをすれば楽しむことができるでしょうか。年齢に合った使えるおもちゃなどもあればよいですよね。ここでは、公園で楽しむ遊び方において、三つのパターン別の方法をご紹介します。

道具がなくても楽しめる公園での遊び方とは

四季の変化を感じるようになる探検ごっこ

2~5歳頃の幼児期は脳の発達が著しいので、この時期に体の感覚器官を刺激しておくと情緒や感性が豊かな子に育つといわれています。外の世界には視覚や聴覚、嗅覚や触覚などを刺激する自然がたくさんあります。自然は常に変化するので、飽きることもありません。そこで、親子で外に出て探検ごっこをして四季の変化を感じてみましょう。

場所はよく行く近所の公園などの方が、1年を通して季節の変化をより感じられますよ。この間咲いていなかった花が開花していたなど変化に気付きやすいからです。図鑑を持って行って、草花の名前を調べてみるのもよいですね。

探検は危険な場合以外は、子どもが好きなようにやるのを見守ってあげましょう。何か見つけられたらたくさん褒めてあげてくださいね。

安全に気をつけて木登りに挑戦させてみよう

木登りは、頭や体の発達によいといわれています。木登りをするとき、どうやって登っていけばうまくいくか頭を使って試行錯誤します。また、体の様々な筋肉を使うので、バランス感覚も養うことができるのです。木登りによって体の運び方を学び、運動神経を発達させるでしょう。キック力やジャンプ力もついてきますよ。

失敗を繰り返してもチャレンジさせることで、諦めない粘り強さや登れたときの達成感を味わうことができるでしょう。

木登りをさせるときは落ちないように気をつけることだけでなく、下に人がいないかも確かめて安全に気をつけましょう。また、公園によっては木登りを禁止しているところもあるので、公園の利用で注意することを確認してくださいね。

公園の遊具やアスレチックで遊ぶのも楽しい

公園には色々な遊具がありますよね。2、3歳のころは低い滑り台やブランコなど、小さい子ども向けの遊具で楽しんでいたと思います。5歳児になると遊具にも慣れて上手に使いこなすことができるので、もう少し刺激のある遊具を好むようになります。子どもの成長に合わせて、大きな遊具のある公園に行ってみましょう。

長い滑り台がある大型の遊具やアスレチックなどはおすすめです。体を大きく使うので、筋肉もより発達しやすくなります。初めは怖がる子も慣れてくるとどんどん上達して楽しんでいる光景もよくみられますよ。

ただし、嫌がるときは子どもの意見を尊重して無理はさせない方がよいでしょう。子どものしたい遊具や公園で自由にのびのびと遊べることが一番ですよ。

友だちと遊ぶことが好きな5歳児の公園遊び

複数人いるなら定番の鬼ごっこやかくれんぼ

5歳にもなると、複数人で遊ぶことが楽しいと感じられるようになります。遊びのルールを理解して、友だちとのやり取りができるのが5歳児の楽しさだといえるでしょう。

3人いれば、定番の鬼ごっこやかくれんぼができます。どちらも単純なルールなので説明しなくてもすぐに始められます。かくれんぼは、見つける楽しさや見つけられるドキドキ感が楽しいですよね。大人でも楽しめるので、子育ての機会に童心に戻って親子でしてみてはいかがでしょうか。

遊びが上手になってくる5歳児は、遊具や決まりを取り入れるなど、鬼ごっこやかくれんぼをアレンジして遊ぶこともできるようになってきます。子ども同士でアイデアを出し合って遊ぶ楽しさは宝物ですね。

おままごとや戦いごっこで盛り上がる

友だちとルールや決まりを話し合って遊ぶことができるようになる5歳児は、おままごとや戦いごっこで盛り上がることもできます。役柄を決めて役になりきり、楽しく遊ぶことができるようになりますよ。役柄も譲ったり譲ってもらったりして、子ども同士の仲を深めていけるでしょう。

戦いごっこはキックやパンチといった体を使う遊びが多いので、友だちに怪我をさせないか心配になるママも多いようです。しかし、5歳にもなると戦いごっこが好きな子は、経験から「嫌なことは嫌と言える」ことや「手加減が分かっている」ので、顔や頭を狙うなどの危険なことも少なくなります。

子どもが楽しんで遊ぶときには見守ってあげましょう。その上で危険と感じる行為は止めさせることも大切です。

ひとりのときとは違う楽しみ方がある砂場遊び

砂場遊びはひとりで遊ぶのも楽しいですが、友だちが一緒だとまた違った遊びを楽しむことができます。さらに、友だちと目標や目的を決めて遊ぶと盛り上がるようです。

例えば、2人で大きな山を作りあげたり、トンネルを両方向から掘っていったりといった共同作業をすることです。ああでもないこうでもないと試行錯誤しながら完成したとき、達成感を友だちと共有する喜びを味わえるでしょう。友だちとなにかに夢中になっている子どもの表情は活き活きとしているものです。

砂場遊びには、スコップやバケツがあると便利です。ほかにも型遊び用の空き容器をお家で探しておくとよいですね。プリンのカップやペットボトルなども砂場遊びに使えるでしょう。

おもちゃを使って公園で遊ぶのも楽しい!

子どもがひとりでも楽しめる「なわとび」

5歳児になるとなわとびを跳べるようになる子もいます。なわとびが跳べるようになると、面白くなって子どもはどんどん練習するようになるでしょう。ひとりでも夢中になれる遊びです。そんなとき、子どもはたいてい「ママ、見ててね!」と言ってくるので、子どもの頑張る姿を応援してあげてくださいね。親子でなわとびの練習をするのも素敵ですね。

なわとびは広場があればどこでもできますが、公園遊びをする際も持参しておくと、公園の遊具が使えないときになわとびをすることができますよ。

友だちと遊ぶときは電車ごっことしてなわを使うこともできます。なわの片方を誰かが持って波のようにうねらせて跳んだりリンボーダンスのように遊んだりしても楽しいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC