就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの毛量が多いと大変?先輩ママの体験談と多い髪を楽しむ方法

赤ちゃんの毛量が多いと大変?先輩ママの体験談と多い髪を楽しむ方法

髪の毛が多い赤ちゃんと楽しく過ごそう

色々なヘアアレンジを楽しもう

赤ちゃんの髪の毛が多いと大変な面もありますが、やはりアレンジなど楽しめる要素もたくさんあります。

髪の毛が多いからこその楽しみがヘアアレンジです。とくに女の子の赤ちゃんはヘアアレンジでかわいらしさに磨きをかけることができますね。

新生児でも楽しめるのがヘアクリップです。赤ちゃんの細い髪の毛でも止まるように、シリコンつきのものがおすすめです。また赤ちゃん用の柔らかいヘアゴムなら、結ぶだけで色々なアレンジが楽しめますよ。

男の子の赤ちゃんは、ちょこっとカットでかっこいいヘアスタイルにアレンジしましょう。前髪や耳、後ろ襟をカットするだけでもスッキリまとまりますし、前髪を七三に流れるようにカットしても意外とクールに決まります。

髪の毛アートをやってみよう

少し月齢が増して髪の毛が長くなったら、髪の毛アートに挑戦してはいかがでしょう。髪の毛アートとは赤ちゃんや子どもの髪の毛を使って色々な形を作るアートで、道具が必要ないため手軽に挑戦できます。とてもかわいらしく、様々な「作品」をインスタグラムにあげているママもいますよ。

髪の毛アートのやり方は簡単で、赤ちゃんが寝ているときに髪の毛を使って好きな文字や記号などを作るだけです。簡単にできるのはハートの形ですね。一つだけでも複数作ってもキュートです。

また「LOVE」や子どもの名前など、文字に挑戦するのも楽しいです。ただし読める文字にするには配置にコツが必要だそうです。赤ちゃんのお昼寝タイムに挑戦してみてくださいね。

初めての散髪で筆作りに挑戦してみよう

「赤ちゃん筆」を知っていますか?まだ一度もカットしたことのない赤ちゃんの髪の毛で作る「筆」です。生まれて初めて散髪した赤ちゃんの髪の毛を使った記念の「筆」作りはおすすめですよ。

筆を作るには「赤ちゃん筆の代理店」の理容院や美容院で散髪をします。あとは筆ができるのを待って、出来上がった赤ちゃん筆を受け取るだけです。

筆を作るにはある程度の毛量が必要になります。少ないと小筆しか作れないこともあるようですが、髪の毛が多いなら、太い筆や複数の筆を作ることができるようです。

筆は「入学」や「成人」、また「結婚」などの人生の節目になるハレの日に子どもに手渡します。一生に一度しかない筆は、素晴らしいプレゼントになりますよ。

まとめ

赤ちゃんの髪の毛の量はその子の個性なので、多くても少なくてもとくに問題はありません。また生まれたときに多くても、成長とともに普通の毛量になることも少なくないようです。3歳ごろには髪質が落ち着いてくるので、様子を見守りましょう。

一方で、髪の毛が多いために汗疹などのトラブルが起きやすくなります。頭皮ケアなどの対策を行ってくださいね。

赤ちゃんの髪の毛が多いと、ヘアアレンジや筆作りなどを楽しむことができます。また髪の毛はどんどん変化していくので、その時々の赤ちゃんの様子を大切に見守ってください。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版