就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海外の出産祝いの習慣が知りたい!世界のママがよろこぶ贈り物とは

海外の出産祝いの習慣が知りたい!世界のママがよろこぶ贈り物とは

妊娠、出産は、世界中共通のお祝いごとです。しかし、国によって、その祝い方は様々のようです。ここでは、海外の出産祝いの習慣や、日本とは違うプレゼントの中身などを、いくつかの国ごとに紹介していきます。中には、日本とは真逆のやり方もありますよ。肩の力を抜いて、気楽に、楽しみながら読んでくださいね。

ヨーロッパ諸国のママに喜ばれる出産祝い

銀のスプーンはとても縁起のよい贈り物

ヨーロッパで出産祝いといえば、「銀のスプーン」が定番です。「銀のスプーンを贈ると、将来お金に困らず幸せになれる」といういい伝えがあるほどです。

銀は、柔らかくて傷がつきやすいのが難点ですが、ヨーロッパでは「銀食器についた傷は、その家の歴史をものがたる」ということで、少々の傷なら前向きにとらえるようです。銀のスプーンには「ここにあなたの歴史を刻んでください」という意味も込められているのですね。

また、銀には魔除けの力があるとも信じられています。よく「金は太陽、銀は月」と例えられることがありますが、銀の神秘的な輝きには、なにやら不思議なパワーが潜んでいそうです。つまり、銀のスプーンを贈るのは、「健やかに育つための魔除け」という意味もあるのです。

フィンランドでは政府からベビーボックス

フィンランドの出産祝いでは、「ベビーボックス」が有名です。政府から、出産した赤ちゃんやママへのお祝いとして贈られます。

「ベビーボックス」の中身は、衣服やおもちゃ、新生児のケアに役立つ必需品などを揃えた「新生児のためのスターターキット」になっています。出産後には、赤ちゃんのために色々なものが必要ですが、それらを個別にそろえていくのは大変です。セットにしてプレゼントしてもらえると、ママとしてはとても助かりますね。

日本でも、ネットで検索してみると、「ベビーボックス」を取り扱っているショップがいくつか見つかります。ロンパースやズボン、帽子、マットレス、お布団、お昼寝用のベッドや爪切り、哺乳瓶など、出産後すぐにでも必要になるものがセットになっています。

ベビー誕生で必ず食べる!オランダのラスク

オランダでは、赤ちゃんが産まれると、出産祝いとして必ずラスクを食べます。ラスクは、昔から伝わる伝統の「出産祝い菓子」なのだそうです。友人や赤ちゃんの両親などが贈ります。

この国の風習では、赤ちゃんが生まれた家はすぐに、出産を知らせるデコレーションを軒先や玄関のドアにつけます。コウノトリのモチーフが一般的で、これを見た近所の人や友人たちがお祝いに集まり、出産祝いパーティーが始まります。

ラスクは、その出産祝いパーティーの中で振る舞われます。バターを塗り、カラフルな砂糖菓子を載せて食べますが、その色は男の子が産まれるとブルー、女の子が産まれるとピンクを使います。

ラスクをシャンパンと一緒にいただくこともあるそうです。ちょっとオシャレですね。

アジアの国々でママが喜ぶ出産祝いと習慣

台湾では赤ちゃんに純金のアクセサリー

台湾では赤ちゃんに純金のアクセサリーを贈ります。ブレスレットやネックレス、ペンダントヘッドなどです。赤ちゃんが身につけなくても、その価値がお祝いとして尊重されているようです。

お祝い金は「紅包」という赤い封筒に入れて贈ります。紅包をいただいたら、相手のお祝いごとのときには、それよりも多い金額をお返ししなくてはいけないそうです。

ほかにも、台湾では、贈ってはいけないタブーの品がいくつかあります。その代表的なものが時計です。時計の発音が、台湾の言葉で「終わり」を意味する単語と似ているからです。

妊婦さんは、妊娠が分かったら、家の中の家具などを一切動かしてはいけないそうです。ベッドのシーツも替えてはいけないといいますから、家族は気をつかいそうですね。

出産後のママへの活力!韓国はワカメスープ

韓国の出産祝いといえば、「ワカメ」が欠かせないそうです。ワカメは、産後に失った栄養を補ってくれるだけでなく、ミネラルが豊富で血液もきれいにしてくれるので、出産後のママには嬉しい食材です。

韓国では、出産後すぐに、そのワカメをスープにして食べます。そして、少なくとも産後1カ月は、ワカメスープを毎日食べ続けるそうです。

韓国には、「産後調理院」という施設があり、産後はそちらで赤ちゃんと一緒に体の回復に専念することもできるのですが、その産後調理院でも、毎日ワカメスープが出ます。ワカメはまさに、出産後のママの活力のもとになっているのですね。

この産後調理院では、赤ちゃんを預かってくれたり、育児のアドバイスをしてくれたりもするそうですよ。

インドは逆!ママからみんなへ贈る出産祝い

出産祝いというと、赤ちゃんやママに贈ることが多いものです。しかし、インドでは、赤ちゃんが生まれたら、ママから、周りのお世話になった人たちへお祝いを配るそうです。日本の逆なので、なんだか不思議な気がします。

以前は、男の子が生まれたときにだけ配られていたそうですが、最近では、女の子の場合も、同じようにお祝いを配るようになりました。かわいい我が子を、できるだけたくさんの人に祝福してもらいたいという願いからでしょうね。

贈られるものはお菓子が多いそうです。インドの人は、紅茶の中にもお砂糖をたっぷり入れて飲むのが習慣ですから、甘いお菓子が喜ばれるのがよく分かります。

中には、スパイスのきいた個性的なお菓子もあるそうですよ。食べてみたいですね。

アメリカでママをハッピーにするお祝い事情

頑張るママへ!アメリカ発祥ベビーシャワー

「べビーシャワー」とは、「出産のお祝いを、シャワーのように贈る」という、アメリカ発祥のお祝いパーティーです。ママの親戚や友人の主催で、出産1〜2カ月前に開催されます。

パートナーの男性が一緒に出席することもありますが、基本的には、ママたちだけで、飲んだり食べたりおしゃべりしたりするパーティーです。ここで、先輩ママたちの貴重な経験談などを教えてもらうこともできます。ホームパーティーが大好きな、アメリカらしい習慣ですね。

パーティーが始まると、参加者は、シャワーのようにプレゼントを渡します。そのプレゼントは、出産予定のママが、前もってリクエストしたものの中から選ばれるというのですから、実に合理的です。ここで、必要なものがすべてそろうかもしれません。

アメリカで使えるベビーレジストリー

いくらリクエストがはっきりしているとはいえ、ベビーシャワーでの贈り物は迷います。できれば、ほかの人とかぶらないものがよいですよね。そんなときに便利なのが、「ベビーレジストリー」と呼ばれる、ネット上のサービスです。

「ベビーレジストリー」とは、出産予定のママが、ネット上に欲しいものを公開します。プレゼントを贈る人は、そのリストを見ながら、なにを贈るか決めるのです。誰かにもらって、もう必要なくなったものは、リストの中から削除されますので、誰かとプレゼントがかぶることもなくなります。

ネット上のサービスなので、ネットショップとの相性も抜群です。「Amazon」や「BuyBuyBABY」、「Target」など、割引サービスなども展開しながら連携しています。

アメリカでもかわいいおむつケーキが人気

アメリカで誕生した、出産祝いに大人気の「おむつケーキ(ダイパーケーキ)」は、ケーキの土台をおむつで作り、お花やベビーグッズで飾る、「ケーキ風おむつタワー」です。日本でも販売されていますよ。

ネットショップを検索すると、シンプルなものから、キャラクターものまで、たくさんの商品がヒットします。もらったときにインパクトがあって、おむつを大量に贈ることができるので、もらった方にも喜んでもらえます。そのままリビングに飾っておけるので、大量のおむつの置き場所に困ることもありません。

「おむつケーキ」を自作することもできます。華やかなのに意外と簡単に作れます。ネット上に作り方を公開しているサイトが多数ありますので、興味のある方は検索してみましょう。

まとめ

国が違えば、文化も変わり、出産のお祝いごとのあり方も千差万別になってきます。日本と比べながらみていくと、色々あっておもしろいですね。

また、よい方法が見つかったら、日本にもぜひ取り入れたいものです。「ベビーシャワー」のイベントや「ベビーレジストリー」などのシステムは、日本独自のアレンジなども加えると、なにかしらの形でマネができるかもしれません。

方法は違っても「子どもの出産をみんなで祝福したい」という思いはどこも同じです。これから出産を迎える世界中のママたちに、日本からエールを送りましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR