就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ期の飲み物は何がいい?積極的に飲みたい飲料をご紹介

マタニティ期の飲み物は何がいい?積極的に飲みたい飲料をご紹介

妊娠中のママは、食べるものだけでなく飲み物にも気をつけなければなりませんよね。「アルコールを飲んではいけない」「カフェインはあまり摂取しないほうがよい」などはなんとなく知っていても、詳しくわからないという方もおられることでしょう。マタニティ期におすすめしたい飲み物についてご紹介していきます。

マタニティ期に水分を取るのが大事な理由

妊娠中は通常よりも必要水分量が多い

妊娠中におこりやすいむくみや頻尿を気にして、水分をひかえてしまうという方は少なくありません。しかし、マタニティ期のママにとって多くの水分を摂取することはとても大切なことなのです。

妊娠していない方の1日に必要な水分量は1〜1.5Lですが、妊娠中の方であれば2〜2.5Lもの水分補給が必要だといわれています。なぜこんなにも水分を取る必要があるのでしょうか。

まず一つ目の理由として挙げられるのが、妊娠中は汗を大量にかくからです。女性は妊娠すると脂肪が増え、それを燃焼することによって基礎体温が上がります。新陳代謝も活発になりますので、暑がりになり汗っかきになりやすいのです。脱水状態にならないためにも、こまめにたくさんの水分を補給することが大切です。

羊水にもたくさんの新鮮な水分が必要

赤ちゃんを守る働きをする羊水ですが、赤ちゃんの水分補給、排泄スペースとしての役割も担っています。90分ごとにその50%を、3時間後にはすべての羊水を定期的に入れ替え、きれいな状態を保つ必要があるのです。

妊娠中のママは、赤ちゃんを守ってくれる羊水をつくりだすために、常にたくさんの水分を摂取しなけれなりません。赤ちゃんが成長するにつれて羊水量も増えますので、こまめに水分補給することを心がけてくださいね。

夏場には冷たい飲み物がほしくなりますが、妊婦に冷えは大敵です。身体を冷やさないためにも、常温や温かい飲み物を飲むようにしましょう。つわり中には飲み物を飲むことすらつらいかもしれませんが、少しずつでもよいので水分を補給するようにしてください。

むくみや便秘の予防にもなる

妊娠すると、赤ちゃんに血液を送るために血液量が非妊娠時より40%も増加します。より効果的に酸素や栄養を届けるためには、サラサラとした血液であることがのぞましいそうです。

しかし、水分不足でドロドロとした血液になってしまった場合、血液の循環が悪くなって必要な酸素や栄養が赤ちゃんに届かなくなる、血栓のリスクが高まる、便秘の症状が深刻化する、などの問題が出てきてしまうかもしれません。

妊娠中は常に水分が必要なため、のどが渇きやすい状態です。たくさんの水分を取ることによってトイレに行く回数は増えてしまいますが、赤ちゃんに必要な酸素や栄養を届けたり、身体の老廃物を流してむくみや便秘を予防したりするためにも、たっぷりの水分を取るようにしてくださいね。

カフェインを気にしないで飲めるおすすめ品

コーヒー好きママも安心して飲めるデカフェ

「妊娠中はカフェインを含む飲み物は控えたほうがよい」という話はよく耳にしますよね。カフェインが入っている飲み物は幅広く、コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶、ウーロン茶、コーラ、栄養ドリンクなどにも含まれています。飲み物によって含有量はさまざまですが、あまり飲みすぎないよう注意が必要です。

カフェインには利尿作用があり、せっかく取った水分が身体の外に排出されてしまいますし、睡眠の妨げにもなりかねません。コーヒーや紅茶には鉄分の吸収を妨げる「タンニン」が含まれていますので、貧血気味の方は控えたほうが無難でしょう。

妊娠中でもコーヒーを楽しみたいママには、「デカフェ」や「カフェインレス」の名称のついた、カフェイン含有量の少ないコーヒーがおすすめですよ。

お茶好きなママはルイボスティーがおすすめ

「カフェインレス」や「デカフェ」と書かれているものは、カフェインがカットされているとはいっても少量は含まれているもの。気になる場合には、カフェインがまったく入っていない「ノンカフェイン」タイプの飲み物がよいですよ。

ノンカフェインの飲み物にはさまざまなものがありますが、お茶好きなママであればルイボスティーがおすすめです。ウーロン茶など、ほかの茶葉とブレンドされていない「カフェイン0%」と表記されているものを選んでくださいね。

ルイボスティーであればほかのハーブティーのように子宮収縮の影響を心配しなくてすみますし、マグネシウムやナトリウム、カルシウム、鉄などのミネラル成分が豊富なので、栄養が不足しがちになる産後の母乳育児にも役立ってくれますよ。

手軽で安価な麦茶は産後も飲む機会が多い

麦茶は手頃な価格で飲むことのできる、ミネラルや食物繊維の豊富なノンカフェインの飲み物です。妊娠期間を通じて常に水分補給が必要な妊娠中のママは、積極的に取り入れるようにしてくださいね。麦茶には身体を冷やす作用があるともいわれていますので、冷えやすい方は常温で飲んだり、冬場にはホットで飲んだりするとよいですよ。

麦茶のほかにも、ポリフェノールやミネラル豊富で血行促進効果が期待できる小豆茶や、血行や便通を促す作用のあるタンポポ茶などのノンカフェインの飲み物もおすすめです。

産後母乳育児をしたいと思っておられる方であれば、妊娠時以上に水分補給が必要になりますので、妊娠中から常に水分摂取を心がけるようにしましょう。

つわりで苦しむママにも飲みやすい飲み物

身体を温める効果もうれしい白湯

妊娠中につわりを経験する方は多く、食べ物だけでなく水道水の味ですら受けつけなくなることはめずらしくありません。つわりの原因はまだはっきりとは解明されていませんが、妊娠したことによる急激なホルモンバランスの変化によって、吐き気や嘔吐の症状が出るのだといわれています。

つわりがひどい場合には脱水や栄養不足により入院となるケースもあります。吐き気でまともに食事ができない場合でも、食べ物のつわりのときでも比較的飲みやすい飲み物を摂取し、つらいつわりの時期を乗り切るようにしましょう。

ミネラルウオーターや水道水を沸騰させてつくる白湯は、一度沸騰させることによって味や香りが和らぎますし、身体を温める効果もあるので、つわりのときでも飲みやすいですよ。

ミネラル補充にもなるスポーツドリンク

体調不良のときや熱中症などのときに役立つポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクは、つわりで苦しむママにとっても強い味方となってくれます。

スポーツドリンクには塩分や糖分、ミネラルが豊富に含まれているため、嘔吐のあるつわりのときには水分だけでなく失った栄養素も補給できるのでおすすめですよ。嘔吐がはげしく、脱水症状を起こしかけているような場合には、より身体に吸収されやすい経口補水液を飲むとよいでしょう。

とはいえ、市販のスポーツドリンクには糖分や塩分が含まれているため、多量に摂取することは控えたほうが無難です。妊娠中は体重の増加にも注意が必要ですので、頻繁に飲む場合には薄めてから飲むようにしてくださいね。

しゅわしゅわ感ですっきりする炭酸水

つわりの時期はにおいや食感に敏感になり、妊娠前には大好きだったものが食べられなくなったり、特定のものしか受け付けなくなったりすることはめずらしくありません。この時期は栄養バランスのことは気にせず、栄養失調や脱水症状にならないためにも口に入れられるものだけを摂取することが大切です。

シュワシュワとした刺激によって口の中が爽快になり、すっきりとリフレッシュできる炭酸水は、つわりの時期のママに人気の飲み物。炭酸には血行を促進したり、乳酸を中和して疲労回復を促したりする効果もあり、つわりの症状を和らげてくれますよ。

ただし、甘味のついた炭酸飲料には砂糖が多く含まれていますので、ペリエやカロリーゼロのもの、炭酸水にレモン果汁をしぼったものなどがおすすめです。

まとめ

ふだんはとくに気にすることなく飲んでいる飲み物も、妊娠時にはさまざまなことに気をつけなければなりませんよね。ママと赤ちゃんの身体を健康に保ち、より快適なマタニティライフを過ごすためにも、たっぷりの水分を摂取することはとても大切です。

つわりの症状がつらいときなど、水分すら受け付けない場合でもご自身が飲みやすいもので水分を少しでも補給し、妊娠中の水分不足によるトラブルを未然に防ぐようにしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018