就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティキャミソールを快適に着こなそう!選び方や商品のご紹介

マタニティキャミソールを快適に着こなそう!選び方や商品のご紹介

妊娠すると胸が張ったりおなかが大きくなったりして、通常のインナーがだんだんきつくなってきますよね。そんな妊娠中におすすめなのがマタニティキャミソール。妊娠中の体をストレスなくサポートします。また産後に使うことができるものもあります。今回は、そんなマタニティキャミソールについてご紹介します。

マタニティキャミソールの特徴は?

妊娠中に変わるお腹周りと胸をサポート

妊娠初期の変化として胸の張りが挙げられます。ただでさえつわりで具合が悪いのに、通常のインナーでの締め付けでさらに具合が悪くなってしまうと辛いですよね。

また、妊娠中期からはだんだんとお腹の膨らみが目立つようになってきます。この時期になると通常のキャミソールではお腹周りがきつくなってくるでしょう。

そんなときに着用したいのが、マタニティキャミソール。全体的にゆったりとしたつくりになっているものが多いので、締め付けを気にせず着ることができます。

胸にカップが付いているものと付いていないものがあるので、購入前に確認しておくとよいですよ。カップ付きだとブラジャーを付ける必要がないので、余計な締め付けを気にすることがなくなります。

お腹を隠せるゆったり長め丈でリラックス

妊娠中に気を付けたいのがお腹の冷え。妊娠中の冷えは、ホルモンバランスの変化や姿勢の悪さが原因となっていることがあります。体やお腹が冷えてしまうと、便秘やお腹の張りの原因になるので、しっかりと温めましょう。

マタニティキャミソールはゆったりとして楽なだけではなく、妊娠中のお腹を守る役割もあります。お腹の表面を保護することで、刺激などから赤ちゃんを守ります。

そのために、マタニティキャミソールを選ぶ際は丈が長めの物を選びましょう。妊娠後期になってお腹が大きくなるにつれて丈が短くなってしまう場合があるので注意が必要です。

お店で購入する場合でも、ネットで購入する場合でも、丈の長さはしっかりと確認しておくとよいですよ。

締め付け感のないカップ付きでノンストレス

妊娠中はホルモンの影響で、胸が張る人が多いですよね。特に妊娠初期は、個人差があるものの胸の張りでジンジンとした痛みや痒みを感じる人もいます。

そんなときに、通常のブラジャーやキャミソールを着用していると、締め付けのせいで余計に痛みを感じたり体調が悪くなってしまうことも。

通常のブラジャーは、締め付けが強くバストの形をよく見せるために胸を寄せるような作りになっているものが多くあります。ですが、これだと乳腺が圧迫されてしまい、産後の授乳に影響を及ぼすことがあります。

使う期間が短いから購入するのはもったいないですが、胸のためにも妊娠中は締め付けの原因になるブラジャーを避け、カップ付きマタニティキャミソールを選びましょう。

マタニティキャミソールを選ぶ際のポイント

授乳しやすいデザインを選ぼう

妊娠期間中だけしか使わないとなると、期間が短いのでもったいないような気がしてしまいますよね。そういうときは産前産後兼用のマタニティキャミソールを選ぶと、長く使うことができますよ。

産前産後兼用を選ぶときに大事なのは、授乳のしやすさ。赤ちゃんが生まれると毎日授乳することになります。新生児の頃は2~3時間おきに授乳する必要があるため、胸が出しやすいデザインであることが必須です。

赤ちゃんを抱きながら片手で胸を出すことのできるカシュクールオープンタイプや、胸の部分が大きくめくれるストラップオープンタイプは、泣いている赤ちゃんを待たせることなく授乳することができるので便利です。

たくさんの種類があるので、自分の使いやすいものを選んでみてくださいね。

敏感肌にもやさしい素材を選ぼう

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、お肌にも影響が出ることがあります。そのため、通常のブラジャーやキャミソールだと、肌が擦れてしまったり、タグがチクチクして気になったりしてしまうことが。

マタニティキャミソールは妊娠中の不安定なお肌に直接触れるものなので、やさしい素材でできていて、縫い目やゴムの締め付け、タグなどが気にならないものを選ぶとよいですよ。

定番は綿が多く含まれているもの。産後も兼用の場合は、赤ちゃんも触れることになるので、柔らかな綿でできているとママも安心ですね。

また、化学処理が施されていないオーガニックコットンはママにも赤ちゃんにもやさしい素材です。マタニティライフを快適にするためにも、素材選びを少し気にしてみてくださいね。

マタニティキャミソールは最低2枚は必要

妊娠中に直接身に着けるものなので、常に清潔な状態を保っておきたいですよね。洗い替えのことを考えて、マタニティキャミソールは最低2枚は用意しておくとよいでしょう。

妊娠中も仕事を続けている人は、仕事が忙しかったり急に体調不良になったりして、お洗濯が思うようにできないこともあるので、3~4枚あるとよいですね。

ただし、妊娠中から産後にかけて女性の体は大きく変化していきます。妊娠初期に購入したものが妊娠後期ではきつくなってしまうこともあるので、一度にあまりたくさん購入しないのがよいでしょう。

ほんの数カ月しか着ていなかったとしても、サイズが合わなくなってしまったら無理に着用せずに新しいものを購入しましょう。

マタニティキャミソールの人気3選

産前産後兼用カップ付きの「ワコール」

女性用の下着メーカーとして有名な「ワコール」ですが、マタニティ用のラインナップも豊富です。中でもカップ付きキャミソールは4点あります。

カシュクールタイプのキャミソールは花柄と無地の2種類。花柄タイプはおそろいのショーツと合わせてもよいですね。無地のものは縁にレースが施されていてフェミニンな印象。どちらも取り外しができる成型カップが入っているので、バストのシルエットをきれいに整えることができます。

肩ひもがラウンド型のキャミソールは、胸元のボタンで半開できます。綿ベア天竺素材なので、肌触りがとても柔らかいです。

お腹すっぽりキャミソールは、腹巻きのような装着感が得られるので、大きくなってきたお腹をしっかり守ってくれますよ。

産後シェイプキャミソール「ローズマダム」

「ローズマダム」の産後シェイプキャミソールは、伸縮性の高いベア天竺を使用しています。なので、急激に元に戻っていく産後の体にしっかりフィットしますよ。

腹部に入っているパワーネットのおかげで、ほどよく引き締め効果を得られます。また、クロスオープンタイプなので、赤ちゃんを待たせることなく素早く授乳することができますね。内側には取り外し可能なカップが付いているので、ブラジャーをせずにこれ1枚で過ごすことができますよ。

カラーバリエーションは豊富な12種類。きっとお気に入りの1枚が見つかりますよ。ただし、こちらのキャミソールは産後用。妊娠中には着ることができないので、ぜひ、出産後に着用してみてくださいね。

ベーシックキャミソール「ミルクティ」

妊娠中や授乳中ではなくても思わず着たくなってしまうような、可愛らしいマタニティ服や授乳服を取り扱う「ミルクティ」。こちらのベーシックキャミソールは定番の6色。上質な綿100%で作られているので、ママも赤ちゃん安心して使うことができますね。

キャミソールの上の布をめくり、下の布を引き下げると授乳口があるタイプなので、授乳は少ししづらいです。ですが、授乳口が見えないようにうまく工夫されているので、上に着るものに響かず、マタニティキャミソールに見えにくいため夏場はこれ1枚でも着られます。

長めの丈がお腹や背中をすっぽり包んでくれるので、産前も産後も安心して着ることができますよ。おしゃれなマタニティキャミソールを探しているママにおすすめです。

まとめ

マタニティキャミソールの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。

マタニティキャミソールは、妊娠中のお腹や胸を守るためにもぜひ購入したいものです。変化の多い妊娠中の体に合うように作られていて、敏感な肌にもやさしい素材が使われています。

また、産後も授乳キャミソールとして使うことができるものもあるので、使う期間が短くてもったいないと思う方は、産前産後兼用のものを選ぶとよいですよ。

自分にぴったりのマタニティキャミソールを選んで、妊娠期間を快適に過ごせるとよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018