就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

イヤイヤ期によくあるこんな時!ケース別・子どものイヤイヤ対処法

イヤイヤ期によくあるこんな時!ケース別・子どものイヤイヤ対処法

イヤイヤ期は子どもの成長の一段階で、とても大切なステップではあるものの、日々一緒に過ごしているとイライラしてしまうことも。今回はそんなイヤイヤ期によくあるケース別・対処方法を、子育てコーチングの本田千織先生に伺いました。

何に関しても「イヤ!」という時の対処法

まず何が「イヤ」なのか理由を探ろう

イヤイヤ期の子どもは、色んなことを考えています。だけど、まだ言葉がヘタクソなので、うまく伝えられないことばかり。伝えたいのに伝わらないということが何度も繰り返されると、子どもは何もかもが嫌になってしまいます。

何をしても「イヤ!」という時は、もしかしたら、「どうせ、ママは分かってくれない!!」という、自暴自棄の状態なのかも知れません。
このような時は、とにかく、子どもが何をもって「イヤ」と言っているかを知ろうとしてあげてください。初めの内は何を言っても「イヤ」しか言わないので、対応するのも辛いですが、聴こうとする、知ろうとする姿勢を崩さないのが大切です。

「もう、いい加減にして!」と怒鳴ってしまいそうなら、「分かってあげられなくて、ごめんね。ママ、疲れたから、ちょっと向こうで休憩してくるね」と伝えた上で、その場を離れて、お互いにクールダウンの時間を持つのをオススメします。

しなければいけない事をさせてくれない時は?

歯磨きや着替えなど、絶対しなきゃいけないことを嫌がってさせてくれないこともあると思います。そういう時は、なぜしなくてはいけないのかを優しい言葉で説明します。

例えば、歯磨きの場合は以下のように説明してみます。

ママ「歯にご飯やお菓子のカケラがくっついたままだと、虫ばい菌が来ちゃうんだよ~」
子ども「うそだー」
ママ「本当だよ。虫ばい菌が歯を溶かして、歯が真っ黒になっちゃうよ。だから、歯ブラシで綺麗にお掃除しようね」

もちろん一生懸命、優しく説明しても、子どもは聞く耳を持たずに嫌がり続けるかも知れません。でも、ここで諦めると、柔らかい子どもの歯はすぐに虫歯になってしまいます。
「やらなきゃ虫歯になって歯がなくなっちゃうよ。美味しいものも食べられなくなるよ」などと、根気よく説明しながら、泣き叫ぶ子どもをガシッと捕まえて、なるべく短時間で磨き終えられるように頑張りましょう。

説明しつつ、強気の姿勢で根気よく

何に対しても「イヤ!」と言い続ける子どもの相手をするのは、本当に疲れますが、優しく説明しつつも、少し強気の姿勢で対応してみて下さい。

子どもは、“癇癪を起こすとママはすぐに諦めてくれる”とすぐに学習してしまいますが、“何をやってもママは諦めない”ということも、ちゃんと学習してくれます。そのことに気がつくと、子どもも無駄な抵抗はしなくなりますよ。

歯磨きの時なら、「暴れなかったらすぐ終わるよ」と伝えるのもオススメです。その一言で大人しくなる子もいるかも知れません。

こだわりが強くて、譲らない時はどうする?

子どもが何にこだわってるか聞いてみる

何に対しても「あれがいい!」「なんで!」と口答えばかりされて、疲れてしまうこともありますよね。こんな時は「あれ」が何を指していて、どうして「あれがいい」のか、しっかり聞いてあげましょう。

ママを困らせるつもりで言っているのではなく、ただ、子どもなりの理由があってこだわっていることがほとんどです。「あれがいい!」と言われたら、「そっか、あれがいいんだ」とまずはオウム返しで受け止めます。次に、「どうして、あれがいいのかなぁ?」と問いかけます。

年齢や言葉の発達的に、まだ答えられそうにない場合は、子どもが考えていそうなことを推測して「〇〇かな? それとも、〇〇だからかなぁ?」などとたずねてみてみましょう。

そうして、「そっか、そう考えてたんだね」と気持ちをしっかり受け止めた後で、「だけど、ママは〇〇だから、〇〇するといいと思うな~」などと提案すると、納得してくれることも多いですよ。
27 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版